佐伯紅緒一覧

選ぶ方も選ばれる方もニッチ市場を意識すれば上手くいく!?

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第136回昨日、友達に紹介されたイケメンモデルのK君(22)が言った。「佐伯さん、ぼく、B専なんです」「B専?」「容姿に自信のない女の人が好きなんです」まーたまたあ、と聞き流していたら「じゃあ」と彼女の写真...

家と会社の往復で出会いがないと嘆くなかれ

 【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第135回前に作家志望の男性から「佐伯さん、小説ってどうやったら出せるんですか?」と聞かれたので、「とりあえず一本最後まで書く、書いたらいろんな人に見せる」と答えた。そうしたらその人、ウッと黙り込んでしま...

恋人と価値観が同じでなくても大丈夫!【ただし例外を除く】

 昔、当時付き合っていたひとまわり年上の男に、ダニエル・シュミットというスイスの映画監督の映画を一晩中見せられたことがある。どういう映画かっていうと、白ぬりのおじいさんがただ踊っているだけだったり、やっぱり厚塗りのおばさんが能舞台でエンエン...

恋人の『トホホ』は金の鉱脈。ツルハシ当てたら掘り当てるべし

 あのね、よく初デートで「連れて行かれた店がダサくて云々」って悪口言ってる女の子、いますよね?佐伯も昔はそっち派だったんだけど、今はすっかり考えが変わってしまいました。今はむしろ、やけにいいお店ばっかり知ってる男性ほど逆に警戒するようになっ...

アナタの悩みは既に解決されている!?迷ったら経験者に聞け

  昔聞いた話なんですけど、人類がこれまでの歴史で経験してきたすべてのことは、すでに中国人が四字熟語であらかた説明してしまってるんだそうです。 たとえば、 「因果応報」:彼(彼女)にひどいことしたら必ず自分の身に返ってくる 「他山の石」...

事故物件な男に足を引っ張られずに幸せになる方法

  【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第127回 春先というのは事故物件(やっかいなオトコ)が活性化するのでしょうか、毎年、この季節になるとそのテのネタがバンバン舞い込んでまいります。パチンコ屋さんでいうところの「チーンジャラジャラ、はい...

ラファエル前派の女たちに学ぶ、男を踏み台にしてのし上がるテク

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第123回 突然ですが、アナタは女として次のことをひとつでもやったことがありますか?   ・社会的ステイタスのある夫を持ち、その弟子とも関係をもつ ・さらにはその夫を捨て、芸術家であるその弟子とアッサリ...

ブルー・オーシャンでゆこう

競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」というのに対し、競争のない未開拓市場を「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」というそうです。 はい、もうおわかりですね。大抵の女性はそれに気づかず、「レッド・オーシャン」で泳ぎ続けている。

結局なんだかんだいって理想の男性に巡り合えるいちばんの方法

また会ってしまいました、「社会的に体裁が悪いから今すぐ結婚したい」と言ってる人。 そのSさん(女・35・代理店)は、高い入会金払って結婚相談所で見合い三昧とかではなかったけど、それでもしょっちゅう合コンには行ってて、それこそ女友達と「源氏物語」の「雨夜の品定め(あまよのしなさだめ)」みたいなことをやっていた。

女が男とのデートで食事にケチをつける真の理由(ワケ)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 ちなみに今これを書いているのはまさに元旦の朝。ゆうべはここ数年の慣例で、いつもの目黒のお蕎麦屋さんで友人たちと年越しそばを食べていたんですが、私の大好きな鴨せいろがやってきた瞬間、ガラリと入り口の扉が開き、カモがネギをしょってヨイショとやってきました。

完璧じゃないところが愛されポイントな理由

佐伯は恋愛コラム大好きだし、自分でもこんなのを書いているけど、最近「私なんだか縁遠くって…」と嘆くある女性と話した時、世間の恋愛市場にはどうもよくない流れができてるなあ、とふと感じた。 過度の自己批判が、独身女性の心のうちを蝕んでいるのである。 もっと読む... 自分でもこんなのを書いてるくせに何いってるんだ、とか言われそうだけど、ネットでよく見かけがちな「彼氏にやっちゃいけないNG行動」の類を丸呑みにするのは危険だ。 なぜなら、これをあまりにやりすぎると、心のメモリが「恋愛シーンにおいてやっちゃいけないこと」でいっぱいになり、いい恋愛をするための感性とか直観力とかが壊死してしまうから。

貴女は自分の恋人が○○であっても愛することができますか?

「絶対これ、なにかのワナだと思うんですよ佐伯さん」 少し前、平安美人のミユキちゃん(仮名・33)が私に相談してきたのは、最近彼女に熱烈なアプローチしてきているという男性(40歳)のこと。以下、面倒くさいので会話をそのまま起こします。 「ワナって一体どーゆうこと、ミユキちゃん」 「スペックが良すぎるんです。一流大卒、イケメン、年収一本越え。独身。おまけに優しい。冷静に考えてあり得ません」

こんな女は嫌だー!!!っと男に思わせる女とは?

自分に稼ぐ能力がないから、と専業主婦になろうと婚活を焦り、かえって縁遠くなっている女性の話をよく聞きますが、佐伯はむしろ、縁遠くなるのはむしろ稼ぐ能力がある女性のほうだと思ってます。 なぜなら、なまじ自分に生活能力があると「こらえ性」がなくなるから。

男女の仲は百点満点。算数を勉強しよう

佐伯はなぜか昔からケンカ別れしていく男女双方の言い分を聞く機会が多いんだけど、その際にいつも発生する怪奇現象がひとつある。 それは、 「ケンカの非の割合に100ゼロはないはずなのに、両者の非を足すとなぜかいつも200%になってしまう」という現象だ。

子供を産まない女性は国賊!?なんじゃそりゃ

昔、飲みの席であるオジサンから、 「子供を産んでない女は国家に奉仕してない国賊だ」 と、ものすごいことを面と向かって宣言されたことがある。 まあ酒の席だったし、そのオジサンも日本酒ですっかり出来上がっていたんだけれども、正面きってそう言われた佐伯は「ハテ」と考え込んでしまった。

星野監督に学ぶ『絶対ナシ』の中に恋愛の勝機をつかむコツ

すごかったですね、日本シリーズの第七戦、楽天VSジャイアンツ。 そして特に話題になったのはあの、終盤で登場した星野監督による田中将大投手の起用。 ふだんまったくテレビを見ない佐伯、恥ずかしながら生きて動いている田中投手を見るのは初めてだった。その私でもわかるくらいに彼の顔は疲労コンパイしていた。

恋愛をうまくいかせたかったら空気を読まず、かつ周到に

最近、いろんな女子(特に30代)の恋愛話を聞いていて感じることだけど、みんな、あまりにも人の目を気にしすぎていて恋愛がうまくいってないような気がする。 昔、大学時代の同級生にカヨコさんという人がいた。 カヨコさんは常日頃から「あたしは東大生と結婚したいからこの大学に入ったのよ」と明言していた。

『ダメ婚』をしないために気をつけるべきふたつのこと

世の中には「ダメ婚」というものに甘んじている夫婦が大勢いる。 つい先日も、「夫の度重なる浮気に耐えられなくなり」離婚したタレントのニュースを見たけど、数年で離婚できるなんてまだマシな方。中には子供の気持ちを考え、何十年もズルズルと別れられない夫婦もいます。

男に求めなくてはいけないものはお金なのか!?

わりと最近、佐伯の知人で、一時期ブイブイいわせていた男性が、金がなくなったらそれまで群がっていた女たちがサーッといなくなった、と嘆くのを聞いた。 裸一貫、新天地でやっていくと高らかに宣言した途端、今まで愛だ恋だと言ってた女たちが、手のひらを返したように離れていったのだという。

「恋をしませう。そうしませう。」恋愛で元気になる秘訣とは

少し前に電子書籍のお話をいただいて、それが思いっきり「恋」がテーマで、せっかくの機会だからと佐伯サンは今、そこになんというか、これまでの人生で「あーよかったなーアレ」という恋のエッセンスをブッ込んだ文章を日々切々と書いてるわけです。

自分が望む人と恋仲になるための2カ条とは?

自慢ではないですが、佐伯サンは過去「これは」と思った男性とはたいていどうにかなってきた。 いまその理由を考えると、それはだいたい大きくわけて、 1.高望みをしなかったこと 2.長続きを望まなかったこと のふたつがあったからではないかと思っている。

イケメンと付き合うのは時間の無駄?果たして真相は…

皆さん、「イケメン」という言葉を聞いて、パッと思い浮かぶ顔ってありますか? ジャニーズ、韓流、EXILE、ハリウッドスター、と人によっていろいろだと思うんですが、佐伯、実はイケメンが苦手。なにを隠そう、竹之内豊と反町隆史を互い違いに覚えていたくらい。

相手ばかりを非難してる人注目!良い恋愛、良い夫婦とは?

先週は「土用」のせいか、いくつか聞いた恋愛相談はいずれも超ハードだった。 「土用」というのはひとことでいってしまえば、年に四回ある「季節の変わり目」のこと。この時期、なぜか通信機器が狂ったり地震や雷が多かったり、人間関係でもいらぬ波風が立ったりと、なにかと不安定な時期らしい。

なぜか男に飽きられやすい女が思わずやってしまう事って!?

女の子から恋愛相談受けても、ふと気づくと男の本音によりそって聞いてる自分がいる。 そいで、チラリと男性目線からさりげなくアドバイスするんだけど、遊びになりやすい女の子ってそういう時、まったく自分の非を認めないんだよね。悪いのはひたすら相手。自分は決して悪くない。

今狙うべきジブリ男子のみつけかた

さあて、今週は宮崎駿監督の新作「風立ちぬ」を観た興奮冷めやらぬ間に、我らが「ジブリ男子」について少し思うところをつづってみます。 そもそも、ジブリ男子が嫌いな女子って世の中にいるのだろうか。見た目涼やか、根性あり、なんらかの特殊技能があるので一緒になっても食いっぱぐれない、ここぞとう時には空から海から必ず助けにきてくれ、お腹がすいたらオニギリをくれ、疲れて眠ってしまったらソッと布団をかけてくれ、同性の信望もあつく、結婚したら浮気しない・・・等々。

将来良い男になる”のびしろ”のある男性の見分け方とは?

パートナー選びをする女子が相手をチェックするポイントって、「性格」「経済力」「容姿」「学歴」等々、いろいろあると思うんだけど、最終的にはその男に「将来性があるかどうか」ではないかと思う。 つまり、今はダメでも「伸びしろ」があるっていうか、「こいつ成長するんだろうなー」と思わせてくれる何かを持つ人。

安い恋だって必要なんです!その理由とは?

「自分がご無沙汰気味だと思ったら、『安い恋』に活躍してもらいなさい」 ある時、酒場で確信にみちた口調でそう言ったのは、佐伯が尊敬している先輩大作家のRさん。 彼女は佐伯よりひとまわり年上。しかし、その時も誰か若い男の子に恋をしていたらしく、ぷかーっとメンソール煙草をくゆらせながら、「あたし今幸せなのお」とのろける様子はすごくすごく可愛かった。