【試写会プレゼント】母が最期に望んだ大宴会はどうなる!?

↓5組10名さまに↓

映画「四十九日のレシピ」試写会プレゼント

メイン
(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

永作博美主演最新作!

突然、母が死んだ。大切なことを伝えそびれた夫と、
悩める娘に遺されたのは、母の人生が詰まった一冊のレシピだった―。

伊吹有喜のロングセラー小説を、気鋭監督タナダユキが映画化。
母が遺したレシピに導かれ、母の人生の旅をする、49日間の感動の物語。

公開を記念して試写会をプレゼント!

詳細

【日時】10月31日(木)18:30開場/19:00開映
※上映時間:129分
【場所】シネマート六本木(東京都港区六本木3-8-15)


↓プレゼント応募はコチラから↓
(住所、氏名、年齢のご記入をよろしくお願いします。)

>>応募する< <

↓メールBOXが開かないかたは直接下記アドレスまで住所、氏名、年齢、件名に「試写会プレゼント」と記入の上メールしてご応募ください。↓
pre_49days@nikusyoku.jp

締め切りは 2013年10月23日(水)

ストーリー


遺言は、「四十九日の大宴会」でした――。

誰の人生にも必ず訪れる、大切な人との永遠の別れ。けれども、熱田家の母・乙美(おとみ)は、あまりにも突然逝ってしまった。夫の良平は何ひとつ感謝を伝えられず、人生の壁にぶつかり悩める娘・百合子は、女として今こそ聞きたいことがあったのに、母はもう居ない――。

そんな折、熱田家に派手な服装の少女イモと、日系ブラジル人の青年ハルが現われる。生前の乙美に頼まれ、残された家族の面倒を見に来たのだというイモは、乙美がとある「レシピ」を書き遺していることを伝える。それは、料理や掃除など日々の家事にまつわる知恵や、健康や美容に関するアドバイスが、楽しいイラスト付きで描かれた手作りの<暮らしのレシピカード>だった。レシピに従って、少しずつ暮らしを立て直し始める父と娘は、その中の1ページに“自分の四十九日には大宴会をして欲しい”という、生前の乙美の希望を見つける。

こうして、母の遺したレシピにいざなわれ、娘と父、イモ、ハルの4人での“四十九日の大宴会”までの奇妙な共同生活が始まるが――。
49sub149sub249sub3
(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会
—————————————————————–
【四十九日のレシピ】
11月9日(土)
新宿バルト9・有楽町スバル座他 全国ロードショー
公式サイト:http://diana.gaga.ne.jp/
—————————————————————–