「恋をしませう。そうしませう。」恋愛で元気になる秘訣とは

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】 第100回
ID-10069973

皆様、おかげさまでこの連載も無事100回目を迎えることとなりました。
記念すべき100回目がこんな話でいいのかは大いに悩むところですが。

今、私は恋をしています。とはいってもPC上の原稿の話。
というのは少し前に電子書籍のお話をいただいて、それが思いっきり「恋」がテーマで、せっかくの機会だからと佐伯サンは今、そこになんというか、これまでの人生で「あーよかったなーアレ」という恋のエッセンスをブッ込んだ文章を日々切々と書いてるわけです。

もちろん、コッ恥ずかしいから設定とかはあり得ないものにしといて、でもそこに流れる意識の変遷とかはダイレクトに覚えているまま、もう誰が相手だったかは忘れちゃったことばかりなんだけど思い出すのは、

お互いが喫茶店でお茶とかしながら相手のことを探り合いつつ、手持無沙汰にストローの袋をアコーディオンみたいにイジイジと伸び縮みさせてるときのあの感じとか、

一緒に飲んだ後まっすぐ帰りたくなくて夜中に四つ角のアイス屋に行き、お互いなにやってんだろーな早くどっか連れてけよ、みたいなことウズウズと思いながら、結局店先のベンチでアイスダラダラ食べてるうちにそのまま夜が明けちゃったとか、

もうどうしたらいいかわからないくらい相手のことが好きで好きで、でもまだ何も起こってなくて、相手もきっとこっちのこと好きなんだろうけどお互いツンデレで何も言い出せないまま、タクシーの中で思い切って座席の真ん中にポンと手を置いてみたら、相手も意を決してその上にソッと手をかぶせてきた時の感じとか、

あーもーもー、そーなんです、脳がヌカ漬けになってた時の記憶。

しかし興味深いのは、思い出すのは「行為」そのものじゃなく、その前段階のたわいなくも甘酸っぱいことばかりってこと。人間ってつくづく脳ミソで恋愛する生き物なんだね。そういうときって完全に脳から変な物質が出ていて、明らかに世界の見え方も通常とは違う、おかしな状態になっている。

なんていうのか、その、世の中のすべてがキラキラと光って見えて、自分が世界一幸せな人間に思えてくるのだ。そうなると他人にもやたら親切にしたくなるし、自分がなんだかいい人になって世界まで動かせそうな気分になる。

だけどもちろんそれは妄想で、実際には遠からず必ず目が覚める時が来る。こんなのはしょせん期間限定つきの「気分」に過ぎないのであって、そういう状態に常に飢え餓えるといわゆる「恋愛中毒」になるのだと思う。

実際、そういう状態にある人ってハタから見たら例外なく変テコだ。自分がニュートラルの時、そういう友人をみるとよくわかるだろう。まーこの人ったらツイッターにこんな色ボケツイートしちゃって、とか、恋をするとコックさんは料理がヘンになるというのはきっと本当だ。今こうやって書いていても、恋愛中だった自分はもう気が違っていたとしか思えない。

だけど、そういう状態のときって本当に幸せで、たとえハタから「異常」と思われても「おう上等!」って気分になる。

そして同時に、この状態は相手の一挙手一投足に気分が左右される不安定な時期でもある。分刻みで世界が天国になったり地獄になったりする。24時間相手のことを考えているというのは実に情けない気分だし、逆に相手に気にされてるとわかると天にも昇る気分になる。やけに友達と長電話したり占いにハマったりするのもこの時期。そして人はこういうジェットコースター状態が大好きなのだ。

で、嫌われたりバカな自分を見せたくなくてワザと自分から距離を置いちゃったり、バランスをとるためにワザと他の異性とも仲良くしたり。人間てホント変。ジェットコースターは好きだけど嫌い。重力怖い。でもスリル好き。でも事故はイヤ。だから途中で脅えて逃げる。クールに装って平気なフリしてても平気なワケないじゃないかバカヤロウ。すべての調律が狂いまくり、気がつくとそんな自分がすべて嫌になり、布団に突っ伏してる……ときの感じを、PC叩きながらふつふつと思い出すのは、実際のところ恥ずかしいけど実はアンチエイジングになってるのである。

アレは一体なんなのでしょうか、と思うけど、恋ってやっぱりいいものなんだわ、とこの年になってつくづく思う。だって、幸せな恋愛真っただ中の人ってあんまり自殺しようとか考えないでしょう。不幸な恋が人を自殺に追いやることはままあるけど、相思相愛の幸せな恋愛ってやっぱりヒトを元気にする。恋って人をさまざまな「陰」なものから遠ざけるパワーがあるのだ。

あの人と同じ地球上にいて同じ空気を吸える幸せ、ひとつだけ確実に言えることは、これは嫉妬や怒りと同様、ヒトのDNAにあらかじめ備わっている生理機能なんであって、それ自体よりむしろそれの扱い方のほうが大事なんだってこと。恋で悩むも恋を楽しむもその人の気の持ち方次第。だったら楽しんじゃったほうがトク。

恋愛三昧で脳ミソがヌカ漬け状態だった自分の昔の日記とか読み返すと、「ご・ち・そ・う・さ・ま!」って、滝クリの真似して合掌したくなるよ。(字余り)