きんぴらってゴボウだけだと思ってたら間違い!なレシピ

  • 銀座のママのオトコの胃袋を10分でわしずかみレシピ
    毎週金曜日更新

    今回の料理は・・・
    『愛妻弁当でも使えるきんぴら』
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    料理につられて男の人がついつい足を運んでしまうという銀座のクラブのママが教える10分レシピ。
    きんぴらといえば、ゴボウとかレンコンとか根菜のイメージがつきまといますが、なんとピーマンでもきんぴらになっちゃうんですね。野菜嫌いな彼にも食べやすい料理です。


    詳しい写真入りのレシピはコチラ→https://nikusyoku.jp/?p=7796
    ↓今回の材料 2人分
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    牛肉肩ロース   150g
    玉ねぎ      小1個
    ピーマン     2個

    ごま油      大さじ1
    塩コショウ    適量
    焼肉のタレ    大さじ1.5

    【作り方】

    1.玉ねぎは皮をむいてスライスする。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      牛肉は太めに切る。
      ピーマンは縦半分に切って種を取り除き千切りにする。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    2.フライパンにごま油をしいて、牛肉と玉ねぎを炒め、塩コショウを軽く振る。3分程度炒めたらピーマンを加える。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
    3.ピーマンがしんなりしてきたら、焼肉のタレを入れて混ぜ合わせ、火を止めて完成。

    春ママ(郷内春美)

    18歳で銀座の名店「ボルドー」にて接客術を学び、レストランクラブを経営した後、現在アトリエ楽を経営。銀座の働く人々の胃袋とハートをつかみ、銀座のジャンヌ・ダルクと呼ばれている。被災地へ自ら炊き出しを行った。