緊急!お花見の朝でもサッと作れて喜ばれるレシピ

銀座のママのオトコの胃袋を10分でわしずかみレシピ

毎週金曜日更新

今回の料理は・・・
『まいたけと春菊和えに彼もマイッタ』

料理につられて男の人がついつい足を運んでしまうという銀座のクラブのママが教える10分レシピ。
若干葉桜となっているけれど、まだまだ今週末はお花見に出かける人も多いのでは?そんなお花見弁当にも、ビールのつまみにでも、作っていくと大変ありがたがられるお料理です。

詳しい写真入りのレシピはコチラ→https://nikusyoku.jp/?p=7186

↓今回の材料

春菊     1/2束
まいたけ   1パック

しゃぶしゃぶ用のゴマだれ   大さじ2
塩              ひとつまみ
一味唐辛子          適量
しょう油           少々

【作り方】
①沸騰したお湯に塩ひとつまみを入れて、まいたけと春菊をサッと茹でる。1~2分程度

②冷たい水に浸して、キッチンペーパーなどを使って水分をしっかりときる。
③春菊は3cmの幅に切り、まいたけは1口サイズに切る。春菊のへたの部分は使いません。

④ボールに春菊とまいたけ、ゴマだれ、しょう油、一味唐辛子を加えて混ぜる。

春ママ(郷内春美)

18歳で銀座の名店「ボルドー」にて接客術を学び、レストランクラブを経営した後、現在アトリエ楽を経営。銀座の働く人々の胃袋とハートをつかみ、銀座のジャンヌ・ダルクと呼ばれている。被災地へ自ら炊き出しを行った。