草食男子から野獣男子に?今ドキ女子の本音炸裂。


(C)Universal Pictures
映画、野蛮なやつら/SAVAGES (原題:『SAVAGES』)では、大麻栽培で大成功をおさめた心優しい植物学者ベン(アーロン・テイラー・ジョンソン)、元傭兵チョン(テイラー・キッチュ)の親友同士が“共有の”恋人であるオフィーリア(ブレイク・ライブリー)と高級リゾート地で一風変わった生活を送っています。

今回、10~30代独身女性限定の試写会を実施。男性タイプでいうとベンは、ロールキャベツ男子(見た目草食、中身肉食)で、チョンは見るからに肉食系男子とタイプの違う2人。近頃の女性が求めるのは一体どんな男性なのか、アンケートの結果は?

どんなタイプの男性が好き?
42%が肉食男子と回答、次に多かったのはロールキャベル男子<見た目草食、中身肉食>で35%。(その後13%アスパラベーコン巻き男子<見た目肉食、中身草食>、10%草食男子と続く)つまり8割近くの女子が肉食系男子が好きという結果に。では肉食系男子好き女子はベンとチョンどちらが好みか聞いてみると、63%がベンと答え、「イカれてるけど優しいところ」「繊細なところが素敵」などが理由に。チョンと答えたのは9%で、「めちゃくちゃマッチョでかっこいい!」「常に死を覚悟している感じが男らしすぎて格好良かったし、体がムキムキでやばかった!」と外見に関する理由が多く挙げられていました。そしてオフィーリアと同じようにどちらも選べない!と回答した欲張り女子も28%いることが判明!「お互いにないものをお互いに補い合っている関係だと思った。2人もルックスばっちり」「チョンはいざという時に守ってくれそう!でもベンも平和主義者で素敵!」などちょっと自己中な!?意見も飛び出しました。

同時に2人の男性に愛されるなら芸能人(タレント)でいうと誰と誰に共有されたい?
1位に成宮寛貴、そして2位は同票で西島秀俊、岡田将生と続きました。見るからに肉食系男子というよりは、どちらかというと温厚で優しそうな印象の俳優ばかりがランクイン!見た目はソフトだけどいざと言うときには頼りになる、そんな雰囲気の人が人気。
草食系男子の増加といわれる現代の日本ですが、今どき女子は肉食系男子を求めていることは間違いない!

貴重な存在ほど欲しくなる…?そんなに肉食男子は絶滅危惧種?
女性は逃げないで正面から立ち向かう人が多いから、その勇気みたいなものを、同じように立ち向かいたくないからって逃げるんじゃなくて、受け止めるくらいしても良いんじゃないかと思うわけで、そのあたり、この映画の主人公の男性2人はガッツリと持っていってる感じ。そんなイケてる男性2人から愛される生活は現代女性にササるはず。男性とデートで観に行くと、観た後の感想で彼が何タイプの男性なのか分かる!

【野蛮なやつら/SAVAGES (原題:『SAVAGES』)】
【公開日】2013年3月8日(金)
TOHOシネマズ みゆき座他ロードショー
R15+