しつこい!ひたすらホテルに誘うばかりの男の撃退法


最近はめっきり草食男子が増えたとはいえ、30歳以上の男子の中にはまだまだH目的のみでしつこくホテルに誘ってきたり、中には愛人になれ!と遠まわしに誘ってくるような男も存在中!!

さて、合コンとかでであっただけの人なら、連絡をシカトすればいいけど、仕事の関係など付き合いがあると、なかなか難しいもの。

このタイプの人々は3ヶ月くらい誘い続けてひたすら断ればその後は飽きて別のところにいくので、3ヶ月間程度断り続ければ大丈夫と思っておきましょう

そんな人達を撃退したすごいテクニック

① TENGAをあげ続ける
嘘みたいな本当のテクニック。男の人のスタイリッシュな一人H道具として話題のTENGA。実はとっても快感度がすごくて、男の人にとってはドラック級と言われているほど。このTENGAに慣れてしまうと、女の人と普通にHできなくなるのでは!?と密かにいわれている程なので、誘われるたびに、そっとTENGAをあげて断り続けて、TENGA漬けにしてしまうというテクニック。
とっても恐ろしく、かつ遊び人の男に泣かされる女の子が減るというびっくりテクニック。

『家泊めて』『ホテル行こう』
など誘われたときに
『えぇ~今日は○○があって、どうしても無理だから、これあげるね』

などと可愛くいいつつもTENGA漬けにしてしまうというもの。
これぞ本物の小悪魔いやっ悪魔!?

② 「実は私、男の人だめなんです」
本当の同性愛者の方には、申し訳ないけれども、これも意外に効くテクニック。一気に相手の人がホテルに誘ってきたりしなくなります

ただ、同じ会社など“彼氏がいた”もしくは“彼氏がいる”などまで知っているような間柄の人には使えませんが、出会って間もない人に誘われてそこまでしょっちゅう会うわけでもないような関係であれば使えてしまう
なかには、詳しく色々聞きたがるような男もいますが、そこはへらへらと笑って交わし続ければ、とりあえず大丈夫。

③「今ちょっと治療中で・・・」

これもキャラによるけれども、つまり性病治療中などといってみる。当然相手の男はドン引き。取引先というよりも、仕事関係ないプライベートな知り合いとかには使いやすいけれども、絶対にこの人の周りの男を好きになることはないだろう・・・というような人にしか使えない。
相手が酔っ払ってしつこく誘ってくるときには、この一言でいっきに相手のテンションをダウンさせることができるわざ

以上が、しつこく誘われて困ったときの究極の対処方法。
酔っ払っている時なんて、ハチャメチャな理由でも意外とすんなり通ってしまうから不思議