モテ男と結婚する女に共通する点とは

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】

第69回 美人は得だ。

なぜなら、男はなんだかんだいっても結局きれいな女が大好きだから。

男が美人好きな理由は箇条書きにするとこんな感じ。

  • 連れて歩くと気分がいい
  • 周りに自慢できるから
  • 自分の存在価値を確認できる
  • 美人の彼女は見ているだけで幸せ
  • 他人からの評価が上がる
  • 彼女にふさわしい男になろうと頑張れる
  • 美しい子孫が残せそう

はい、身もフタもありませんね。 でもこれ悲しいかな、男のホンネ。

ただそれでいくと、この世に『負け美女』なるものは存在しないことになってしまう。 そこには何か「アキレスと亀の駆けっこ」じゃないけど、必ずや見落とされている重要なファクターがあるはず。 佐伯は今までいろんな「いい男」の奥さんたちに会ってきたけど、わりかし共通していたのがみなさん、造形的には「中の上」あたりのルックスの女性たちが多かったこと。

もちろん、そこそこきれいだし、お金もあって手入れが行き届いているので「美しい」人が多かったけど、顔もスタイルもせいぜい普通より少しいい程度、元ミスコンの女王とか、そういういわゆる「超絶ビジン」な人ってあんまりいなかったような気がする(愛人にはいたけどな)。

そこで佐伯、とあるイケメン会社経営者のSさん(54歳)に聞いてみたことがある。 「今の奥さんを選んだ理由ってなんですか?」 そしたら、彼はこう答えた。

「大学の同じテニスサークルでさ、すごく地味な子がいたんだ。テニスも下手でぱっとしないし、服装もダサダサだったんだけど、ある日、その子が先輩たちが打ちっぱなしにしたボールを必死の形相で拾い集めてるのを見て、ああ、これは俺が声かけて隣に置いとかなきゃなって思ったの」

うわあ、コレだよな。ポイント1.

Sさんは若い頃、バイトでモデルをしていたほどのルックスの持ち主だが、この地味な彼女、付き合ってみたらものすごく気の強い女性だったそうだ。そして結婚して30年経った今も尻に敷かれっぱなしそうだけど、Sさん、別に嫌がる風でもなく、ニコニコと楽しそうに奥さんのことを話す。

あと、こんな人もいた。 遊び人のKさん(45)、30歳の時の年貢の納め時。

「軽い気持ちで三度目のデートでホテルに誘った女の子がね、どうやら処女とは言わないまでも、そういうノリが初めてだったみたいで、部屋に入っても所在なさげに俺と目を合わせないで、ベッドの上に正座して自分が脱いだパンツやらストッキングやらを一生懸命たたんでんの。

それがまた上下バラバラのなんともダサイ下着でねー。俺もつい一緒になって正座で自分の下着たたんでるうちにね、なんかもういたたまれなくなっちゃって、つい「結婚しようか」って言っちゃったんだよ」 後悔してますか? と聞いてみたら「そうでもない」とのこと(笑)。これ、ポイント2。

Kさん、実はその後もちょいちょい若い子と遊んでたそうだが、奥さんにバレたことはいっぺんもないそうだ(ホントかなー)。 まあそういうことはおいといて、二人の子供にも恵まれ、結婚生活そのものは至極順調なようである。

みなさん、なんとなくわかったでしょうか。 どうも話を聞けば聞くほど、男を追い込むポイントって、わりかしそういうベタなとこにあるらしい。しかもモテる男ほど、クロージング(結婚)の顛末はこんな感じ。

たぶん、遊んでる男ほど伴侶には「誠実さ」と求めるんだろうなあ。 そして遊び人の男でなくても、男はなべて結婚する女に対しては「刺激」よりも「安定」を要求する傾向があるようである。

どうでしょう婦女子のみなさん、このまま実践とはいかなくても、「ここぞの時」にこういうこと、エッセンスだけおさえて一発やってみるってのはいかが?

モテる男と結婚の関連記事