大好きな人が家に帰ってくる時短レシピは和食?

銀座のママのオトコの胃袋を10分でわしずかみレシピ

毎週金曜日更新

今回の料理は・・・
『パパッと婚にゃく肉炒め』


料理につられて男の人がついつい足を運んでしまうという銀座のクラブのママが教える10分レシピ。
お腹が空いている時には凝った料理を待たされるより、何でもいいからすぐにでも食べたいって言う男が多い。コレなら冷めてもおいしいし、これに白いご飯があれば十分なのでオススメ。
詳しい写真入りレシピはGWニュースhttps://nikusyoku.jp/?p=6740で公開

↓今回の材料

【材料】(2人前)
ぶつ切りこんにゃく(市販)        1パック
牛肉切り落とし              150g
ねぎ                   1本

ごま油                  大さじ1
塩コショウ                少々
しょう油                 適量
七味                   適量

【作り方】
① こんにゃくざるにあげ、お湯をかけて水をきっておく。
② ねぎを小口切り。1cm程度の幅に。

③ フライパンで油をしき、こんにゃくと牛肉を一気に入れ、塩コショウをして中火で炒める。3分程度。

④ ねぎを加えて更に1~2分炒める。
⑤ しょう油をかけて火をとめる。
⑥ 七味をふりかけて完成。

春ママ(郷内春美)

18歳で銀座の名店「ボルドー」にて接客術を学び、レストランクラブを経営した後、現在アトリエ楽を経営。銀座の働く人々の胃袋とハートをつかみ、銀座のジャンヌ・ダルクと呼ばれている。被災地へ自ら炊き出しを行った。