男の職業別!㊙合コン対策テクニック

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

毎週、合コンに行ってもなんの収穫もない・・・そんなあなたは、もしかしてどの会社の人にも同じ態度をとっていたりしない?
完全男のおごりだったらいいけど、毎回お金を少しずつ払っていた場合、合コンだけで1万円以上になる月も。これってちょっとしたお稽古レベルの出費だから、得るものがなければもったいない。人は環境によって左右される…つまり身を置く職業の業界によって彼らの性格、盛り上がるポイント、好みの女のタイプなどなど偏りがあるので、服もTPOならあなたのテンションもTPOを考えて変えてみると成果が違ってくる。

ってことで今回は男の職業別合コン対策

① 金融系の男の場合
金融系の場合は結婚後に転勤がつきもの。結婚を意識する男はどうしても転勤についてこれるか?なんてこともチェックのひとつ。だから何気に職場結婚が多い業界。このタイプを攻略して結婚を考えるなら転勤とか平気ということをさりげなくアピールすべき。
そして会社も堅いので当然、明るいけれども下品ではない女の子というのが求められる。相手が金融系の職種だった場合は、お笑い、盛り上げ担当からはまずはずれるべし。

② マスコミ系の男の場合
このタイプは、適度に盛り上がって一緒に飲んでいて楽しい女の子。さらにそれなりの顔の女の子を集められれば、合コン要員として重宝される女友達となれる。さらにそこから本命の女になるには、相手がどのタイプかを見極めることも大事。つまり、同じ“広告”だったとしても、いわゆる相手の会社のランクによって微妙に男のタイプは変わってくる。
大手の場合は、垢抜けていておしゃれな女の子もしくは癒し系どちらかを求めている事が多く、さらには誰とでも上手にしゃべれる社交的な方がウケが良い。中堅もしくはそれ以下になってくると、内情を知らないせいか、さらに華やかなものにあこがれている人が多いので、華やかな職業の女の子を本命に求める傾向がある。服装等を少し華やかにしていったほうがウケが良い。

③ 商社系の男の場合
商社も古き良き体質がしみついた業種のひとつ。おじ様たちのバブル信仰をそのまま若者も受け継いでいることが多く、相変わらずスチュワーデスがモテるのもこの業種。海外転勤もあるので、社交的で英語等もできるけれども、会社の集まりなどでは大和なでしこにもなれるようなカメレオン女子は重宝される。男がはじけていてもそれに一緒になってはじけると本命からははずれる可能性が高いので、適度に気をつかうような女の子らしさを大事にすると良い

④ IT系の男の場合
IT系とひとくちにいっても、システム系なのか?広告系なのか?で大きく変わってくる。IT広告は一般的に抱いている大手総合広告代理店よりも、ずっと派手な男が多いのが特徴。髪型も服装も派手目。女の好みに関しては“顔”重視の男も多いので、最初の合コンではどういう女の子が好みか?をリサーチして、2回目以降に相手の好みに雰囲気を合わせていくと本命角度がぐっとあがる。
システムエンジニアなどの理系男子は、恋愛下手な女の子にお勧め。たいしたテクニックも必要なく、少し興味がある様子をかもし出せばOK。ただ、自ら話を盛り上げるようなタイプは少ないので華やかさを求める女の子は物足りなく感じるかも。

⑤電機系やシステムなどの理系男子の場合

女の子の扱いになれていない人が多いので相手からのサービスを期待するのではなく、自分からオモテナシをするくらいの方が好かれやすい。また初対面でお色気満載のSEXY系の洋服をきていると、慣れていない分素直にひかれてしまう・・・また話を自分から女の子にうまくふることは苦手なので、話題の提供も女の子側からしてあげるとスムーズになる

以上男の職業別合コン対策!!
毎回同じ服装、同じ会話ばかりを繰り返してないで相手によって少し自分を変えるくらいの方が合コンでの成就率アップ!