男は誰もが計ったことがある!?禁断のボーイズトークの裏側


すっかりかわいげのない女に育ってしまったせいで、女同士のガールズトークよりも、男同士のBOYSトークに放り込まれたあげくに、まるで女として扱われないという男子会に参加していることが多い(涙)
年齢にもよるけど、普通のサラリーマンではなく、いわゆる20代フリーター(多くは語れないけど、自称○○みたいな)男同士の会話はさすがサラリーマンでないだけあって、モノの考え方や捉え方が高校生ぐらいから成長がストップしてる率ハンパなし。

なんせ高校生から感覚がフリーズしてしまっているだけあって、笑っちゃうようなHな話がほぼ80%を占めているといっても過言ではない。

今回は『男は誰もが一回は計った事があるもの』について。

世のすでに大人になってしまったLADY達についてこれるかしら?
女の子からするとちょっと笑っちゃうような事。前ふりで“笑っちゃうようなHな話”といってしまったので勘のよいLADYなら気づいてしまったかもだけど・・・

そう実は
『自分のモノの長さ』

高校生もしくは中学生のときに一度は計ってしまうものらしい・・・(笑)中学高校と女子校に通っていた私にはなかなか真偽はつかめないものだけど、聞くとほとんどの男の人が密かに計っているものとメンズ達は断言する。

しかもさらにどーでもいいことに、通常時と膨張時というのをみんな一度は計っているものだそうだ。

既に全員アラサーという男子集団の中にポツンと放り込まれ、“ぶっちゃけお前何センチ?”と繰り広げられる会話に顔を赤らめるほどのかわいい年齢でもなく、ノリノリになれるほど下ネタ女王ではない私はただ黙って聞いていた。正直言って特に興味ないし。

そんな中、たまたまサイズが一番小さかった男が必死に『膨張率があるほうが硬いってことなんだから結局は膨張率が一番大事なんだ』と言い張っている。“…え、なんで?”っと少し気になったが聞き流しておいた。そいつはなんせその中でも一番のプライドが高い男で面倒くさい。

女の子にとって、膨張率なんて彼がいうほど全くもって問題じゃない。何十年もガールズトークを繰り広げて彼のモノの膨張率について1度だって語られたことなんてない。そんなのマジマジと観察してたら笑っちゃってSEX出来ない女のほうが多い。女は漠然と長いのが良いとか太いのが良いとかっていう話をするくらい。だから膨張時に長いっていう男はそういうのが好きな女にとっては良いのだろうが、どれだけ膨張するかっていう膨張率は何とかリンピックの競技じゃあるまいし興味がない。

真剣に「膨張率が大事説」を熱弁する彼に「膨張率が高いってことは、やっぱり元が相当ちっちゃいってことだよね。」とうっかり口走った瞬間、「そんなんだからお前は結婚できない・・・」って誰かが言ったとか、言わなかったとか。