好きな人からは好かれない!?40代婚活迷子たち

自分が好きな人からは好かれない・・・そんな悩みを抱える40代婚活迷子は多いのです。いつかは結婚をしたいそう思いながらもいい出会いがないとか、好きな人には好かれないといって仕事に夢中になって気づけば40代になった。

子供がどうしても欲しいと言う人は、子供はしょうがないけれどもこのまま一生一人のままなのか?そのように考えて婚活をはじめる40代の婚活。けれども、40代の婚活はどうすればいいのか?情報が少ないのも事実です。

今回は、40代の婚活迷子達が、どのようにすれば婚活市場を勝つことができるのか?ということについてご紹介します。

40代の婚活迷子の戦い方

40代はどうやって婚活をするのか?

結婚をいつかはしたいと思いながらも、いい男と出会わなかったなど色んな理由で40代まで一度も結婚をしたことがないという女性は下記のような特徴を持っている人が多いのです。

  • 自分から男性にアプローチをして成功する成功法を持っていない
  • 結婚したいといいながらもフットワークが重い
  • 自分の理想の男性の条件を100個言えない
  • 仕事が忙しい
  • 甘えるのが苦手
  • 長女や一人っ子上に同性の兄弟がいない
  • 親が過保護もしくは厳しい
  • 趣味などで時間がない
  • 人には内緒だが忘れられない人がいる
  • 人には内緒だが既婚者と付き合っている
  • 親が仲が悪かった
  • 母親がつらそうだった

どのくらい当てはまっているでしょうか?本来であれば1年も本気で結婚したいと思って動けば、誰でも結婚を決めることができるのですが、結婚したいと思いつつも40代まで結婚しない人というのは、結婚に対して心の奥底では拒絶をしていることが多いのです。

心理と外見を40代婚活モードにチェンジ

本気で結婚したいと思っているのであれば、まずは外見及び心理を婚活モードにチェンジする必要があります。例えばなのですが、女性は不潔な男性よりも清潔な男性を好みますよね?

90%以上の女性が不潔な男性は苦手と答えています。それに対して、頑なに不潔なのがポリシーだからと不潔なまま婚活をしていたら労力がたくさんかかってしまいますよね。

それと同様に、結婚をしたいとおもいつつも40代まで結婚しない人の中には本当は結婚したくないので、男性を遠ざけるような強めのファッションを好む人もいるのです。さっさと結婚したいと思ったら、まずは90%の男性に好かれるファッションをしたほうが決まりやすいのです。

結婚はゴールではないので、結婚した後というのも他人が一緒に暮らすわけですから、妥協をしあわなくてはいけません。そうなると自分の個性ばかりを全面に押し出して生きていけるわけでもないのです。

その予行練習もかねて、婚活では、結婚しやすい90%の男性にウケる服装にチェンジしましょう。メイクや髪型も同様です。

参考にするのは、朝のアナウンサーのような格好になります。

心理的に結婚を本当はしたくないと思っている人もいます。それはお母さんがあまり幸せそうでなかったと言う場合は、なんとなく結婚したら不幸になるのかな?というイメージがあって、結婚に対して幸せなイメージを抱くことができないという人です。

お父さんとお母さんが仲悪い家も同じ状態になります。結婚に対して幸せなイメージが抱けない人というのは、自分では無意識のうちに結婚をしないような行動ばかりとってしまうので、結果的に結婚をしません。

仕事が忙しいとか結婚相手を探す時間を作ろうとしないのも、深層心理的には結婚をしたくないと思っていることがあるので、自分が本当に結婚をしたいのか?結婚した後の幸せな自分像をきちんと描けているのか?というところを意識してみて下さい。

40代まで結婚しない人に多い恋愛依存体質

40代まで結婚しない女性に意外と多いのが、実は恋愛依存症だったというタイプなのです。恋愛依存症の人は結婚をしてもすぐに離婚をしてしまったり、結婚できなかったり、結婚しても浮気、DVのだめ男だったりと不幸恋愛体質ともいえるので、恋愛依存症をなおすことですぐに結婚ができるケースもあります。

恋愛依存症になる理由はそれぞれなのですが、下記のような兆候がある人は、恋愛依存症の脱却トレーニングをしても良いと思います

  • 不倫をしたことがある
  • 親が過保護
  • 親が厳しい
  • 恋愛小説や映画が大好き
  • 常に好きな人がいる
  • 片思いが長い
  • 恋愛に対して妄想が激しい
  • 恋愛が2年以上続かない

どうでしょうか?当てはまりますでしょうか?恋愛依存症になる人は、自分が恋愛が全てなので彼にも同じくらい恋愛が全てになってもらわないとイライラしてしまったり、自分が愛されているか?不安になってしまうのでついつい彼のことを試すような行動をしてしまうのです。

その試すような行動に彼が疲れてしまって、短期間でお別れというパターンをもっていないでしょうか?このような場合も恋愛依存症になります。

また、40歳も過ぎて親なんて関係ない!と思ってしまいやすいのですが、残念ながら恋愛がうまくいかない人は、生まれてからはじめて人間関係を構築する親との関係でつまずいてしまっている結果、その親のパターンをそのまま彼氏にあてはめてしまっています。

例えば、親が過保護過ぎる人は大人になった時に寄りかかる人がいなくなってしまうので、彼氏にどっぷり頼ってしまうんです。そして同じくらいに面倒をみてもらえないと自分が愛されているという気がしないので、彼氏にもとめるものも大きくなります。

また、過保護な親というのは、『あなたは駄目なんだから』というように無意識に子供に対して自己肯定感がひくくなるように育ててしまう傾向があります。

恋愛依存症の人は自己肯定感が低いとなる傾向にあり、この親がうえつける自己肯定感の低さが結果的に恋愛依存症をうむようになります。

また恋愛小説や恋愛映画が好きと言う人は、普段あまり起こらないようなロマンティックな出来事を、これこそが恋愛、結婚とイメージしてしまうので、障害があるような恋ほどもえてしまったり、お姫様扱いをしてくれるやりちんに騙されてしまいやすかったり、40代になってもなかなか結婚できないという状態になります。

というのも、結婚はそんなロマンティックなものではないので、婚約しても急にいやになってしまったり、結婚間近になると、何故か気持ちが落ち込んでしまうと言う人もいます。

また、『こんな私が幸せになれるはずがない』と深層心理的に思っているので、幸せになると怖くなって逃げ出してしまうということもあります。

このように、40代で結婚したいのにしていない人の特徴としては、恋愛依存症体質であり、自己肯定感が低い人が多いということがいえます。

40代での失恋を忘れられない

また中には、40代で失恋をしてしまって、その失恋の痛手が忘れられないと言う人も多いと思います。女性の場合は若いほうがモテて40代になるとモテなくなるというすりこみがあります

実際は、勝手にそう思ってしまっているのでそのような状態を引き寄せてしまっていたり、以前のように男性を意識して体型や洋服、メイクを気をつけなくなってしまった事が原因ということもあります。

失恋を忘れられないと言う人は、『あんなに素晴らしい人に自分が愛されるはずがない』と思っていたり、『あれほどまでに愛されることはもうないだろう』というように思っているので、失恋を忘れることが出来ない人が多いのです。

けれども、もし前の彼氏が運命の人であれば、別れるために必要だった魂の修行をお互いに終えたときに、自然とまた魂が呼び寄せあって、一緒にいることになるし、そうでない場合は前の彼氏よりもっと素敵な人と出会う為にお別れをしているので、失恋を忘れられない期間というのは、実はとってももったいないんです。

無駄に一人で辛い自分ごっこをしているような状態になります。前の彼のような素晴らしい人はきっと現れないとなげくのではなく、こんな人とこんな生活ができたらいいなという新しい理想の彼像をまずつくってみてください。

そうすれば、自分がどこにいって何をするべきなのか?ということも自然とみえてきます。

40代の婚活でまずやるべきこと

40代の婚活でまずやるべきことは、自己肯定感を高めるということです。40歳になっても結婚できていない駄目な自分と思ってしまっていると、自然と幸せを遠慮してしまうので、自分は素敵な人間で幸せになれる価値があるということを知るというのは大事なことです。

まずは、毎日自分を褒めるということを心がけてみましょう。今日は頑張って起きれた、会社に遅刻しなかったなど毎日自分が頑張ったことを褒めて生活すると自己肯定感を上げることができるようになります。

心理的に、自己肯定感があがるといままで駄目な恋愛ばかりだった人も見違えるように恋愛がうまくいくようになります。

また、今の自分を愛せるようになると、今の自分をより美しくみせるメイクや洋服を選べるようになります。自分が嫌いなままメイクや洋服を選んでいると、不自然に若作りしていたり、男性から敬遠されてしまうような洋服を選んでしまいます。

まずは、40代婚活は自己肯定感を高めるということからしましょう。

40代婚活についてもっと詳しく知りたい方はこちら