私って大切にされてない!?男性脳と女性脳の違い

世界的大HIT映画「SEX AND THE CITY」のワンシーン。一緒に暮らしだした女性と男性。仕事から帰ってきて、おしゃれにキラキラとお出かけしたい彼女と家でまったりご飯を食べたい男性が喧嘩になっちゃうっていうのがあるんだけど、実はこれは男性脳と女性脳の違いがはっきりでているシーン。

女性は、どこかお外でご飯食べに行ったりおしゃれな場所にお出かけしたりと、キラキラライフこそが自分が輝いていて、男性に大切にされているとおもっちゃいがちなんだけど、男性はどうしても馴れ合いを求める。
家でまったりすることが、男性にとっては気を許した彼女としたいこと。

なので、自分が気を許している彼女がどっか遊びに行きたいといっても、面倒くさくなってなかなか外に行こうっていう気にはなれない。
でも、友達とかと集まろうっていうときには、そそくさと出かけていく。そんな姿をみていると、思わず「私が出かけようといっても嫌がるのに!!なんで!なんで!私って愛されてないのかも」って思ってしまって悲しくなってしまうこともあるわよねぇ~

でもそれは、男性脳と女性脳の違いが大きくあって、決して愛されていないというわけじゃないの。
まず、男性にとっては、彼女とか自分が気を許した人こそ気を遣うことをやめる傾向があるということを一度理解した上でどうすば自分が心地よく、彼ともうまくいくようになるのか、考えてみることが大事よ。

そのときに、ただ感情的になって、ヒステリックにわめくのは逆効果。まずは自分が落ち着いて、冷静にどうすれば彼をうまく動かすことができるか?ということを彼の性格に合わせてじっくり考えてみましょう。

そうすれば、一歩一歩彼との関係を積み上げていくことができるようになって、結婚へむすびつくわよ。