不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の特徴

男女関係というのはある意味、信頼と信用があるからこそ成り立つものです。

それは夫婦関係や恋人関係にも言える事であり、信頼や信用が絆へ変わっていき、愛情が
育まれていきます。

しかし、本来は全般の信頼を置くべき妻よりも愛人を信頼する時があり、そこには
様々な要因が絡んできます。

では一体、それはどのような時に起こるのでしょうか。

今回は、不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の特徴についてお伝えしていきます。

不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時のLINEはこれ

不倫男性が愛人を信頼している時、それはあらゆる事に表現されます。

コミニュケーションツールであるLINEにもそれは当てはまり、妻とは違う信頼しているからこそ
愛人に向けての内容になります。

不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時のLINE、それはどのような内容なのでしょうか。

困り事や悩みを送ってくる

男性は女性のように困り事や悩みを誰かに話し、共感してもらう事で楽になり解決へ向かわせる
事が苦手です。

そんな男性ですが、もう抱えこめない、誰かに伝えて楽になりたいと感じた時、その内容をLINEで送ってくるのであれば信頼度は高いと言えます。

妻に言えないプライベートな内容を送ってくるのは、愛人だからこそ聞いてほしいという信頼からくる願いがあります。

プライベートな頼み事を送ってくる

不倫男性が愛を信頼している時、ちょっとした頼み事をする時があります。

例えばちょっした買い物や仕事で出張の際の航空券の手配など、してくれたら嬉しいという
内容のものです。

本来は妻に頼めば良いものを、このように愛人に頼むのはそれだけ信頼が強いと言えます。

「ありがとう」「助かりました」というお礼を送ってくる

例えば頼み事など、愛人が何かしら手を貸し不倫男性がそれに助けられる時があります。

そのような時、キチンとした内容のお礼がLINEで送られてくれば、不倫男性は愛人を適当に
扱っていない証拠であり信頼をおいていると言えます。

逆に頼み事をやってくれて当たり前だと感じている場合はLINEの内容も素っ気なく、適当な
お礼だけになるでしょう。

その日にあった事を送ってくる

多くの男性は話したがりではありませんが、それは誰でもかれでも話すのが苦手というだけであり、信頼している人には話したいと感じるものです。

不倫男性がその日にあった出来事や物珍しくて撮った写真などをLINEでちょくちょく送ってくる場合、それは他の誰でもない愛人だから送っていると言えます。

これは自分の信頼する人には色々と知って欲しいという心理的な側面があり、全般の信頼を置いて
いると言えるでしょう。

不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の話の内容はこれ

不倫男性が話す会話の内容によって相手に対して信頼しているか?どうかというのがわかります。

これは1つの信頼基準ですが、どちらかというと軽めの内容であったり深みがない内容は信頼が無く、重くて深い内容は信頼があると言われています。

それを踏まえながら、不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の話の内容について見ていきましょう。

誰にも話せない事を話す

人は誰でも時として悩みや心配事がありますが、それを話せるのは信頼出来る人だけです。

不倫男性の会話の内容が、今抱えている悩みや心配事である場合、それは愛人の事を信頼しているからこそ話していると言えます。

男性の多くは口数が少ない事が多いので、内密な話をするのはそれだけ信頼されていると考えて良いでしょう。

緊張感の無いゆるい会話

男性は普段、仕事などで多くの緊張を強いられている事が多く、心から休まる暇がありません。

また、例え仕事でなくても信頼の無い相手との会話は多少の緊張があり心からリラックスはしていません。

緊張感が無く身体から適度に力が抜けており話の内容がゆるいのであれば、愛人の事を信頼している証と言えるでしょう。

自分が興味ある内容を話す

多くの男性にとって自分の興味ある事を話すのは相手との信頼関係がないとなかなか出来ません。

自分にとって興味があっても相手はそうとは限らない為、話すのを躊躇してしまう事は良くあります。

そんな自分が興味ある事を話すのは心から信頼している場合であり、愛人を信頼している場合は楽しそうに興味ある事を話すでしょう。

特に会話が無く沈黙していても安心出来る

付き合い始めの頃は話題も豊富にあり、色んなことをお互い話したくてしょうがなかったのではないでしょうか。

ですが、以前よりさらに関係が深くなりそれほど会話が無くても安心出来る、という状態になっていく事があります。

特に会話が無くても一緒にいるだけで安心出来るという状態は、不倫男性が愛人を信頼しているからこそ発揮出来るものであり、会話を超えた関係性と言えるでしょう。

あなたの好きな人は運命の人?

お付き合いをしている人も
そうでない人も
自分の運命の人がどんな人か気になりませんか?

今付き合っている人が運命の人なのか?
出会っていない場合はいつ出会うのか?
運命の人について細かく教えてくれます

自分の運命の人を知りたい人はやってみてください

不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の態度はこれ

人が何気なく表す態度にもその相手に対して信頼があるかどうかがわかり、それは夫婦関係でも
不倫関係でも同じです。

では不倫関係において、信頼を表す態度にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の態度について見ていきましょう。

普段は見せないような甘えた仕草や態度をする

普段はパリっとしている不倫男性も、愛人と会っている時はどこか甘えたような仕草や態度になる事があります。

本来多くの男性は甘える態度を苦手としており、男は強くなければいけないという昔受けた教育によるものです。

ですが、それを脇に置いてまで甘える態度を取るのはそこに信頼があるからで、余程の信頼を寄せていると言えるでしょう。

気の抜けたリラックスした態度をする

バリバリと仕事をこなし完遂させている不倫男性は毎日が緊張の連続です。

そんな不倫男性が愛人と会った時、気の抜けたようなリラックスした態度を取り、緊張が外れる時があります。

目の前の相手に心からリラックス出来るのは大きな信頼があるがこそであり、愛人に対して強い信頼を感じている証と言えます。

ボディタッチやスキンシップが多い態度

ボディタッチやスキンシップをたくさん図るのは相手を求める行為であり、触れる事で安心するという理由があります。

また、ボディタッチやスキンシップは相手を信頼しているからこそ出来る行為であって、信頼の無い相手には出来ません。

愛人の事を心から信頼しているからこそ多くのボディタッチやスキンシップをし、またそれは1つの愛情表現とも言えるでしょう。

束縛しない、縛らない態度をする

不倫男性と愛人がまだ付き合い始めたばかりの頃は何かと心配をしてしまい、愛人の行動に口を出したり他の男性絡みの飲み会やイベントに行かないよう言う事は良くあります。

ですが、お互いの関係が深まり信頼が出来ると、そういった束縛や縛るといった事をしなくなる場合がほとんどです。

これは信頼する気持ちが高まった事で大きな心配は無くなり、逆に愛人にイベントを楽しんで欲しいという思いが強くなります。

不倫男性が妻よりも愛人の事を信頼している時の特徴まとめ

信頼関係というのは簡単に出来るものではなく、喜怒哀楽を共にし多くの時間を共有したからこそ生まれます。

ですが、関係が長くなると相手に対する思いやりも少なくなり、結果的に信頼が無くなるという事もあります。

不倫男性が妻よりも愛人を信頼するのは、お互いを思う気持ちの強さと妻にはない思いやりを感じるから、そして沸き立つ愛情があるからこそと言えます。