前戯より挿入で感じる!彼がハマる特別な女になる秘訣は「中イキ」

彼の舌や指での愛撫。快感が押し寄せ、あと少しで絶頂に達しそうな時、突然彼の動きが止まる。

そして、『挿れていい?』の一言。

そのまま挿入して気持ちよさそうにしている彼とは対照的に、「さっきまでは気持ちよかったのに……」「早くイってくれないかな……」と思ってしまった経験、みなさんはありませんか?

男性は挿入を重要視する傾向がありますが、女性の中には、挿入よりも愛撫の方が気持ちいいという人も少なくありません。

LCラブコスメが10代から60代の女性を対象に行ったアンケートで『挿入をしないセックスはアリですか?』と質問したところ、67%の女性が「アリ」と回答しました。このことからも、多くの女性が挿入より前戯の方が重要視していることがわかります。

さらに、『あなたは膣で感じる中イキ派か、クリトリスで感じる外イキ派、どちらですか?』という質問に対しては、80%の人が「外イキ派」と回答しています。つまり、挿入によって膣の中を刺激されるよりも、手や舌でクリトリスを刺激されるほうがイキやすい女性が多いのです。

しかし、そんな「外イキ派」の女性も、本音としては彼とひとつになったまま「中イキ」してみたいはず。そして、挿入で一緒にイキたいと思っているのは女性だけではなかったのです。

挿入が気持ちよくないのは男性も同じ!その原因は女性の……。

「中イキ」する女性について、LCラブコスメに寄せられた男性の本音を紹介します。

  • 「彼女が中でイってくれると相性がすごくいいなと思います。男として自信もつきますし、離れたくなくなります」(zionさん/31歳)
  • 「指よりも『自分自身でイカせることができた』という喜びを感じます」 (たけしさん/35歳)
  • 「中でイってくれたときは、反応がいつもと違うので、とても興奮します」(aoさん/28歳)

男性は本音では「中イキ派」の女性を求めています。「外イキ派」の女性が多いからこそ、男性は中イキで一緒にイケる女性を特別な存在と思っているようです。

自分だけではなく彼も満足できる「中イキ」を習得できれば、今よりもっと絆が深まるはず。では、「中イキ派」と「外イキ派」の女性の違いは何でしょう。男性のテクニック不足や彼のアソコのサイズが合わないからだと思っていませんか?

実は、挿入時に中で感じられないのは、男性側だけに原因があるわけではなく、あなたのアソコが彼にうまくフィットしていない可能性があります。

つまり、挿入で快感を得られないのは、女性側の“膣の締まり”が原因の場合もあるのです。

実際にLCラブコスメが男性に行ったアンケートでは、「締めつける感覚が弱くて、あまり気持ちよくない」、「彼女にアソコがゆるいから、なかなかイケないとは言えない…」など、女性にとってはショッキングな声がいくつも寄せられました。

あなたが「前戯の方が気持ちよかった……」と思っているとき、彼の方も「ゆるくてイケない」「もっと締めてほしい」と思っているかもしれません。

「挿入で気持ちよくなりたい」「一緒に中イキしたい」と思うのは、男性も同じなのです。

挿入で気持ちよくなるためには、まずアソコの締まりをアップさせる必要があります。アソコがキュッと締まると彼のモノとの接着面が増えてこすれる感覚をはっきりと感じることができます。

さらに、女性が「気持ちいい」と感じると、膣の内壁が充血し、彼のモノに合わせてどんどんと吸い付くようになるのです。彼が思わず吐息を漏らしてしまうほどきつく締め付けると、あなた自身もどんどん気持ちよく感じ、中でオーガズムを感じやすくなります。

そんな挿入時にお互いが気持ちよく感じ、一緒にオーガズムを迎えるためには、膣圧を鍛えるトレーニング、つまり “膣トレ”が欠かせません。

1日10分の膣トレで、「中イキ」を叶える

実際に“膣トレ”をして、中での快感を体験した女性たちの体験談をご紹介しましょう。

淡白な彼がセクシーな声でずっと「気持ちいい」を連発… りこさん(23歳 / 会社員

彼とは2年半付き合っているのですが、このところエッチがマンネリ気味で、以前から遅漏ぎみだったのに、最近より悪化したように感じていました。さらに最近彼は私の足を閉じてする体位を好んでいて、私ってゆるいのかなと自信がなくなっていました。

膣トレを始めて最初のエッチ。まず彼が入ってきた瞬間から違いました。慣れているはずの挿入が苦しく感じて、入ってくる感じがよくわかります。そして、普段はとても淡白な彼がセクシーな声でずっと「気持ちいい」を連発しているのです!

「あれ?キツイ!?」「今日めっちゃ締まって気持ちいい~溶けそう」って…亜子さん(28歳 / 会社員)

彼氏がエッチで「あれ?キツイ!?」「今日めっちゃ締まって気持ちいい~溶けそう」って言ってくれたんです!私も彼が入って来た瞬間すごく気持ちよくて…ゴム使ってても、いつもよりも密着感が凄くて、スッゴく気持ち良かったです。終わったあとも「何かした?いつもと全然違ったんだけど、気持ち良すぎ」「何にもしてないよ」って今のところ秘密にしてます(笑)

挿入がもっと気持ちよくなる“膣トレ”

彼女たちが“膣トレ”に使っていたのは、LCラブコスメ「膣トレセット」。膣の内側からエクササイズする「LCインナーボール」と、デリケートゾーンの肌をキュッと引き締める「LCジャムウ・デリケートパック」のセットです。

ピンポン玉ほどの大きさのボールが2つ連結したかたちの「LCインナーボール」を、1日10分膣に挿入して、トレーニング。

はじめのうちは1個、慣れてきたら2個と調整し、ボールが落ちないように力を入れることで、だんだんと膣圧が鍛えられます。

「LCインナーボール」は医療用器具にも使われるソフトなシリコン「エラストマー素材」を使用。無理のないサイズ感なので、初めての方も安心して“膣トレを始められます。

そして、もう1つのアイテム「LCジャムウ・デリケートパック」は、インドネシアで古くから伝わる「ジャムウ」というハーブの成分を配合した、デリケートゾーンケアのためのジェル。

適量を指にとってアソコに塗りこみ、数分後に洗い流すだけでデリケートゾーンの肌の引き締めをケアします。さらに、おりものやニオイの元も流してくれるので、デリケートゾーンの清潔感も同時にケアできます。

締まりのいいアソコを作りながら、クンニのときに気になるニオイもケアしてくれるので、彼とのセックスで快感だけに集中することができそうです。

「彼に『アソコが気持ちいい』と久々に言われました!」「挿入した瞬間、彼が『やばい…。すぐイキそう!』と。もちろん、私もすっごく気持ち良かったです。」など、彼も自分もセックスの時の快感がアップしたという嬉しい声がたくさん寄せられています。

1日たった10分の“膣トレ”を始めて、締まりを良くし、さらに中イキの感覚を掴めるようになれば、挿入時に彼との“同時イキ”も夢ではありません。

「外イキ」だけではなく「中イキ」でも感じられるあそこを手に入れて、彼の特別な女性になってみませんか?

LCラブコスメは、女性が運営している女性のためのセクシャルヘルスケアブランドです。女性ならではの恋愛やカラダのお悩みを、自宅でこっそりケアできますよ。誰にも相談できない悩みで悩んだら「ラブコスメ」で検索! きっと、あなたにぴったりのアイテムが見つかります。