不倫男性が手放したくなくなる名器の膣ってどんなの?

セックスにおいて男性が興奮するものの1つ、出来れば体験してみたいと思うものに

「名器」があります。

名器というのは男性の快楽を極限まで高まらせ、否応無く射精に導く膣の事です。

多くの男性は名器を持つ女性とのセックスを望み、そのような女性に出会う事を願う節があります。多くの男性を虜にしてしまう、不倫男性が興奮する名器とはどのようなものなのでしょうか。

男性が興奮する名器って何?

多くの不倫男性が名器を持つ女性とのセックスに憧れ、いつかはセックスしてみたいと希望を抱き、そのような視線で女性を見ます。

通常のセックスでも快楽は高いのに、それが名器により極限まで高まるのであれば名器を持つ女性に出会いたいと思う、セックスをしたいと考えるのも当然と言えるでしょう。

しかし実際の所、それほどまでに男性が興奮する、体験してみたいと感じる名器というのは一体どのようなものなのでしょうか。

名器となるのは生まれつき自然といくつかの要素が重なり体質的に不倫男性が喜ぶものもありますし、普段から出来るちょっとした努力で不倫男性が喜ぶ名器へと作り上げる事も出来ます。

ちょっとした努力というのは簡単な膣内トレーニングの事で、これを定期的に行う事で膣圧が高まり、

見事に男性が喜ぶ名器へと変身していきます。

まず膣の構造として、恥丘、小陰唇、大陰唇クリトリス、膣口、陰核包皮、尿道、バルトリン線、肛門、となっています。

その中でも男性のペニスを締め付け快感を促す膣口、尿道、肛門の括約筋が強い事が名器の1つの条件として挙げられます。

括約筋は収縮と弛緩を司る筋肉ですので、ペニスを適度に収縮し締め付けながら時々弛緩して緩ませる事で強い刺激となります。

男性のペニスを心地よく締め付ける括約筋の他にも、女性の膣内にはしっとりとした粘膜や膨大なヒダがあり、こちらも不倫男性の心を奪い、とてつもない快楽へと導きます。

それらの要素が不倫男性のペニスを包み込み絡みつき、亀頭付近を滑らかに刺激するものが名器と言われます。

また、粘膜やヒダをさらに機能させ男性の快楽と興奮を高めるのがしっとりと溢れるように濡れそぼる愛液です。

愛液の分泌が多いとそれだけ粘膜やヒダが滑らかになり、ヌルヌルとした擦れ心地に男性は射精を我慢出来なくなるでしょう。

名器とよばれる膣の種類について

男性がものすごく興奮し、強烈な刺激と快楽ですぐに果ててしまうほどの力を持つ女性の名器。その名器にはいくつかの種類があり、そこには色々な要素が絡みます。

ここでは名器とよばれる膣の種類について見ていきましょう。

ギューっとじっとり締め付けてくる膣

男性のペニスはある程度の力で締め付けながら上下運動を繰り返す事で射精に至ります。

強く締め付け過ぎても痛みが伴い快楽が得られず、また締め付けが緩すぎても快楽は得られません。

名器の中でもギューっとじっとり締め付けてくるものは締め付けのバランスが良く、適度に締め付け適度に緩ませてを繰り返します。

バランスの良い締め付けと緩みに男性は弱く、その上のピストン運動であまりの気持ち良さにすぐ果ててしまう事でしょう。

ヒダの数が多く深さがある

名器を表す言葉に「ミミズ千匹」というのがあります。

このミミズ千匹というのはペニスを挿入した際、しっとりとした千匹のミミズがまとわりつく、絡みつくような感覚になるものです。

平均的に膣のヒダの数は約50本ほど、深さは約2ミリ位と言われています。

ですがミミズ千匹のような名器の女性はヒダの数が平均で100本、深さは約3ミリ位と言われており、ヒダの数が倍位となっています。

ネットリと絡みつくヒダに男性は弱く、そこに膣の深さもあれば興奮しない男性はいないと言えるでしょう。

濡れやすく愛液が多い

愛液は潤滑油の役割を持ち、滑らかにペニスを包み込み男性のピストン運動を手助けしてくれます。

また、じっとりネットリと愛液がペニスに絡まるとピストン運動の時にいやらしい音を立てるので、男性はその音にも興奮します。

濡れやすく愛液が多いとペニスを受け入れやすく、男性はあまりの気持ち良さに我を忘れます。

愛液が多い事を嫌がる男性はいないといっても良く、むしろそれだけ感じてくれていると嬉しくなるものです。

膣の角度が絶妙の位置にある

膣の角度の事で「上付き」「下付き」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。膣の角度、位置というのは女性によってそれぞれ異なり、上付きなのか下付きなのか?という部分には個人差があります。

一般的にお腹に近い部分に膣があれば上付きと呼ばれ、逆側の肛門に近い部分にあれば下付きと呼ばれます。

適度な締め付け具合でヒダの数も平均的、愛液も普通であれば名器とは言いにくいものですが、それでも時として不倫男性が思わずのけぞってしまうほど強い快感に襲われる時があります。

そのような時、実は不倫男性のペニスと膣の角度がピッタリ合っている、形状が整っていると言えます。

男性のペニスがピタリと合うような角度の膣も名器と言え、不倫男性にとってはとてつもない快楽となり大きな性的興奮を呼び起こします。

あなたの好きな人は運命の人?

お付き合いをしている人も
そうでない人も
自分の運命の人がどんな人か気になりませんか?

今付き合っている人が運命の人なのか?
出会っていない場合はいつ出会うのか?
運命の人について細かく教えてくれます

自分の運命の人を知りたい人はやってみてください

名器は自分でつくれる?

色々な要素が絡まりあい、男性が心から喜び大きな快楽を得られる女性特有の名器というもの。そんな名器ですが、生まれついた体質や身体的な機能からしか名器にはならないのでしょうか。

それとも何かしらの努力をする、肉体的な特徴などを変えていく事で名器にする事はできるのでしょうか。

実際に名器というのは自分で作れるのか?について色々な視点から検証していきましょう。

簡単なトレーニングで名器は作れる

膣内のヒダの多さや深さ、愛液が多いもの、膣の締まりが良いものが一般的に名器と

言われています。ヒダの多さや深さ、愛液の多さは体質や身体的な特徴などによるかもしれませんが、実は膣の締まりを良くして自分で名器にする事は出来ます。

膣圧トレーニングと呼ばれる普段から実践出来る簡単なトレーニングがあり、腹筋と膣圧を適切に高めていく事で、膣の締まりを良くする事が可能です。

これはいかに普段から姿勢を良くしていくかというのも大切であり、座る時にもお腹と

お尻に力を入れて真っ直ぐ座るように心がけると良いでしょう。

お腹とお尻に力を入れるだけでも筋力がつきますし、名器への第一歩として大切な要素

となります。

膣圧トレーニング方法

膣圧トレーニングという名称ではありますが、いずれも日常生活で取り入れら気負う事なく簡単に出来るものです。

あまり大げさに深く考えず、とりあえずは軽い気持ちで実践してみる事が大切です。

(方法1)

お尻の穴にキュッと力を入れて5秒間すぼめる。5秒経ったら力をゆるめるを5回ほど繰り返す。

(方法2)

お手洗いで尿をしている時、途中でわざと3秒間止める。これを1日に1?2回行う

(方法3)

下腹部の腹筋を鍛える為、まずは仰向けになり足を真っ直ぐに伸ばす。その状態から

足を20cmほど上に上げそのまま20秒間キープする。これを5セット程行う。

名器だと男性が思っている時の態度

不倫男性が女性の事を名器だと思っている時、一体どのような態度になるのでしょうか。基本的に男性は隠し事が苦手なので、そのまま態度として出る事が多々あります

不倫男性が女性の膣を名器だと思っている時どのような態度になるか?そのパターンを

ご紹介しましょう。

何回もセックスを求める

不倫男性は態度がストレートに出る事が多く、あまりの気持ち良さに何回もセックスを

求める事があります。1回終わったら少し休憩してその後2回戦へとなるのも珍しくはありません。

また、基本男性は1度射精したらしばらくは萎えてしまい役に立たないのですが、名器を前にすると萎える事もなくそのまま2回戦という事もあります。

名器は男性の性欲という本能をとても強く刺激するので、体力が続く限りセックスをし続ける

事も例外ではありません。

連絡をこまめに行う

女性が名器だとわかると不倫男性はこまめな連絡をし、常にコミュニケーションを取ろうとします。これは他の男性に目を向けさせたくないという無意識の理由でもあり、ずっと繋ぎとめておきたいと願う気持ちからきています。

また、多かれ少なかれ嫉妬深くもなりますので余計に繋ぎとめておきたい気持ちが膨らみ、

こまめな連絡をするようになります。

宝物のように大切に扱う

不倫男性の性格やキャラクターによって個人差はありますが、女性が名器と知るとその女性の事を宝物のように扱う事は多々あります。

セックスする前もある程度優しくて頼れるような存在だったものがさらに強く優しさや頼りがいを感じるようになります。

こちらも他の男性に取られたくない、渡したくないという気持ちの表れと言え、嫉妬深さも同時に膨らむ事があります。

多少のわがままも許される

不倫男性は女性が名器だとわかるとこれまで以上に優しくなり思いやりを持って接する事は良くあります。

逆に言うとそれだけ不倫男性にとって離れて欲しくない存在であると言え、そこには少しの不安が混じる事もあります。

この場合は女性の方がどちらかというと立場が上になりますので、多少のわがままは許容範囲として受け取ってくれるでしょう。

ですが、あまりわがままが過ぎると不倫男性も嫌になってきてしまうので、バランスが大切です。

多少のわがままを言う女性は可愛いと捉える不倫男性は多いので、タイミングを見ながらわがままを投げかけると深く良い関係は続いていくでしょう。

不倫男性が興奮する名器とはまとめ

1度経験したら虜となる事は多く、不倫男性の興奮をとても強く刺激し1度で良いからセックスしてみたいと妄想してしまう名器というもの。

名器は最初からある体質や身体的な特徴だけでなく、トレーニング次第で作り上げる事が出来ます。

不倫男性との心地良く幸せな関係の為、名器についての知識を蓄えトレーニングしてみるのも良いのではないでしょうか。