不倫を精算して別れたいと思っているときの既婚者の態度

男女の出会いには深く繋がる事もあれば別れもあり、ある意味ドラマティックです。不倫で別れに至るまでには様々ないきさつがあり、中には望まない別れもあるでしょう。

色々ないきさつがあり多くの感情が動く中、不倫を清算して別れを考える既婚者もいるでしょう。

そんな、不倫を清算して別れたいと思っている時の既婚者は、どのような態度を見せるのでしょうか。

不倫を精算して別れたいと思った時に男性がやること

既婚男性がこれまでの不倫関係を解消しようとする時、色々な行動を起こします。個人差はありますが、ある程度男性の行動はわかりやすいと言えるでしょう。

不倫を清算して別れたいと思った時に男性がやること、それはどういうものなのでしょうか。

態度が急に冷たくなると不倫男性は別れたいと思っていることがある

これまでの不倫関係をやめ、別れたいと思っている男性は冷たい態度を取ることが多いものです。

今までの温かくて優しい雰囲気が無くなり、ムスッとした表情でほとんど話さなくなる事もあります。

また、これまで頻繁に連絡をよこしていたのがパッタリ来なくなるという事もあります。

冷たい態度への変化は、別れを考えている男性にありがちと言えるでしょう。

LINEやメールの頻度が落ちると別れたいと思っていることがある

これまでは毎日LINEやメールで何らかのやり取りをしていたのに、いつからか急に頻度が落ちた時。

既婚男性は不倫を清算しようとする時、これまでのコミニュケーションに嫌気がさし連絡の頻度が落ちる事は多々あります。

不倫を清算しようとするのに頻度の高いやり取りは生産性が無いと判断し、無駄と考えます。

LINEやメールの頻度がこれまでよりも落ちるのも別れを考えている既婚男性にありがちな行動と言えるでしょう。

ドタキャンが多くなると別れたいと思っていることがある

前々から色々なデートプランを考えその日を楽しみにしていたのに、既婚男性からの急なドタキャン。

最初は大丈夫と思い既婚男性が気にしないように伝えていたけど、それが続くとさすがにおや?っと思うでしょう。

個人差はありますが、不倫を清算しようと考える前は色々デートをしていても、清算しようと決めた時気持ちが薄れドタキャンを繰り返す事があります。

これはやはり生産性の無い事はしたくないという男性心理からきており、あわよくばこの態度で嫌になってくれる事を望んでいるとも言えるでしょう。

不倫を精算して別れたいと思っている男性がもう一度愛人を好きになる方法

一度は不倫の清算を考え行動したものの、様々な考えややり取りが重なり、改めて愛人を好きになってしまう。

一見ドラマティックな出来事に感じますが、男性脳や男性心理から見るとこのような事は多々起こります。

どちらかというと女性の方がサッパリと清算出来る事が多く、未練を残すのは極めて男性の方が多いものです。

不倫を清算して別れたいと思っている男性がもう一度愛人を好きになるのは、一体何が必要でどのような方法があるのでしょうか。

身近にいる1番の理解者だと思い出してもらうと別れようと思っていたのをやめることがある

既婚男性が不倫を清算し別れを考えるには、様々な理由があります。その中でも本音は別れるのが辛く、関係を続けていきたいと感じている男性もいます。

既婚男性が清算しようという雰囲気を漂わせている時、これまで通りそれでも自分は1番の理解者である事を伝え、取り乱さずに話を聞いてあげるのが良いでしょう。

様々な理由はあるにせよ、男性にとって自分を理解してくれる女性を手放すのは身が引き裂かれるように苦しいものです。

既婚男性が「やはりこの人は自分にとって大切な理解者だ」と改めて思い出す事が出来ると、女性に対しての気持ちがより一層強くなるでしょう。

既婚男性の別れの言葉を尊重する、感謝する

人間は基本的に他者から嫌な奴と思われたり冷たい人だと思われたくない生き物です。既婚男性は特に不倫の清算を考え別れを口にする時、嫌な奴や冷たい人と思われるのを恐れています。

また、傷つけて逆上されるのも恐れており、相当な覚悟を持って別れを切り出す事がほとんどです。

そのような時、逆に既婚男性から出た別れの言葉に対してしっかりと聞き、それを尊重して感謝を述べる事で、多くの既婚男性は衝撃を受けます。

「大切に感じていた女性に対してなんて仕打ちをしてしまったのだ!」

というような罪悪感を感じ、改めて愛している事を思い出す事も少なくありません。

別れの言葉に対して逆上して既婚男性を責めると「やはり別れて良かった、正解だった」というように別れを正当化されてしまいます。

別れの言葉に対して尊重し感謝するのは勇気がいる行為ですが、それが逆に既婚男性の心を強く揺さぶり、愛している事を改めて思い出す事に繋がります。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

いまお付き合いしている人も
していない人も
自分の本当の運命の人が誰か?
知りたくないですか?

いま付き合ってる彼かもしれませんし
別れた彼かもしれないし
いつどこで、運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2018年の恋愛が気になる人は是非やってみてください。

男性が妻にむりやり不倫を精算させられて別れる時の特徴

既婚男性が不倫を清算しようと切り出す時、妻に不倫がバレてしまい別れろという圧力がかかる事も少なくありません。

既婚男性も本心では別れを望んでいないので、別れを切り出すのは苦渋の選択と言えます。

そんな苦渋の選択を既婚男性が迫られている時、ちょっとした特徴が表れるのである意味わかりやすいと言えるでしょう。

既婚男性が妻にむりやり不倫を精算させられて別れる時の特徴とは、どのような感じなのでしょうか。

態度がよそよそしくなったり他人行儀になる

既婚男性が妻によって不倫を清算させられようとする時、相手の女性に対してよそよそしくなる事があります。

これは妻から受けるプレッシャーによって起こる事であり、妻への怯えが表れていると言えるでしょう。

また、いつもの慣れ親しんだ感じではなくちょっとずつ他人行儀を装うようになる事もあり、同じく妻からのプレッシャーが影響を与えています。

本心では別れたくないけども、今の家庭を壊してしまう勇気は無く妻の言いなりに

ならざるを得ない時、このような態度を取る男性は多いものです。

遠回しに家庭や妻の事を話してくる

男性がこれまであまり家庭や妻の事を話さなかったのに、急に家庭や妻の事を話すようになる事があります。

これは、男性が妻から不倫を清算し別れるようプレッシャーを受けている時、遠回しに女性に別れるのはしょうがない事だという意識を持たせる為です。

もちろん男性も納得している訳ではなく女性に言う事で自分に言い聞かせている部分もあります。

唐突に、もしくは急に家庭や妻の話が出てきたら妻からプレッシャーを受けている可能性は高いでしょう。

既婚女性が不倫を精算して別れたいと思っている時の特徴

男女間での色々な要素が絡まり、お互い始まった不倫という行為。不倫が始まったけど様々な考えや思いが浮かび、この不倫をやっぱり清算したいと考える事もあるでしょう。

それは男性だけでなく既婚女性も考えうる事であり、そこに男女の差はありません。

色々な思いが浮かぶ中、既婚女性が不倫を精算して別れたいと思っている時の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

これまでと違い連絡の返信に時間がかかる

これまで男性と頻繁に行っていたLINEやメールでのやり取りに時間がかかるようになった時。

そこにはあまり男性と接触をしたくないという女性心理が隠されている可能性があります。

不倫を清算したいと考えた時、これまで通り連絡を頻繁にしてしまうと男性に未練が残ってしまうと考え、やり取りが少なくなっていく事があります。

もしこれまでと違い、すぐに返信が来なかったり時間がかかる事が増えてきたら、既婚女性は不倫の清算を考えているかもしれません。

都合が悪くなったを理由に会う頻度が減る

何らかの理由をつけ、会う頻度がグッと減ってきたら既婚女性は不倫の清算を考えている可能性があります。

不倫の清算については一般的に男性よりも女性の方が行動が早い傾向にあり、あまり躊躇なく会う回数を減らします。

清算を決めた時、ダラダラ会ってしまうのはお互いの為にならないと強く考え、行動に移す早さは女性の特徴と言えるでしょう。

会っていても会話が少なくなった

女性は基本的に男性よりも日常での会話が多くたくさん話す事ができ、それによって円滑なコミュニケーションを育もうとします。

ですが、既婚女性が不倫の清算を考えた時、会話の口数がグッと減りいつもの調子ではなくなります。

男性が心配しても「なんでもない」という言葉で濁す事も多くなり、あまり会話によるコミュニケーションを取ろうとしなくなります。

普段と違い会話が続かない、楽しんで会話をしている感じではない時、既婚女性は不倫の清算を考えている可能性は高いと言えるでしょう。

笑顔がめっきりと減り目線を合わせようとしない

こちらも良く見受けられる事ですが、既婚女性が不倫の清算を考えそれを実行に移す時、コミュニケーションを遮断しようとします。

それは会話でのコミュニケーションだけでなく、笑顔や目線をあまり合わせようとしないなど非言語的な様子にも表れます。

女性が不倫の清算を考えてコミュニケーションを遮断するのは、相手に気持ちを残したくない、サッと忘れたいという気持ちを表していると言えます。

既婚女性が不倫を精算して別れる時に気をつけるべきこと

不倫を清算して別れを決意した時、そこには様々な思惑が交差し、場合によっては考えてもいなかったような事態に陥る事があります。

既婚女性が不倫の清算を考え別れを選んだ時、そこには男性よりも気をつけておいた方が良い事もあります。

既婚女性が不倫を精算して別れる時にきをつけるべきこと、それにはどのような事が含まれるのでしょうか。

諦めきれない男性のストーキングに気をつける

未練や女々しいといった言葉は男性に向けられた言葉ですが、既婚女性から不倫の清算を切り出した時、男性は色々な考えが錯綜する事があります。

男性に未練が残っている場合、その気持ちを抑える事が出来ず相手の事を考えられなくなる行為の1つがストーキングです。

LINEやメールの頻度が高くなり別れないなどの言葉が多くなる、電話を多くかけてくる、また場合によっては自宅を調べ見張られるという事もあります。

場合によっては警察に頼る、考えられる対策をするなど必要となる事があるでしょう。

離婚させようとする思惑に気をつける

既婚女性が不倫の清算を考えた時、そのまま円満に事が進めば良いのですが、男性の合意が得られず大変な状況に陥る可能性があります。

別れ話に対して男性が激情し、あらゆる手段を使って既婚女性の家庭を壊し、離婚させようとする事も考えられます。

この傾向は男性側の家庭がうまくいっておらず、既婚女性との新しい人生を考えていた男性が起こしやすい行動です。

普段から頻繁に家庭での不満を口にしていた、妻との不仲を口に出していた場合、別れ話の際には激情し想定外の行動を起こす可能性があります。

不倫を精算して別れたいと思っているときの既婚者の態度まとめ

不倫を清算しようと考えそれを行動に移す時、そこには色々な考えや思いが絡まり、あらゆる態度として表れます。

人のタイプによってどのような態度になるかは様々ですが、多くの感情が入り乱れるのは確かです。

不倫の清算には場合によって危険を伴う事もあるので、別れを思った時は色々な事を想定し、上手に別れを切り出していく事が大切と言えるでしょう。