大好きな既婚の上司がセックスで喜ぶ秘密のテクニック

気がついたらいつの間にかお互い意識し合い、大好きになってしまった既婚の上司。

相手の喜ぶ事を求め、様々な事をしてあげたいと思う気持ちは不倫であれど純粋なものです。

そして、それはセックスにおいても気持ち良く喜んで欲しいと思うものではないでしょうか。

男性はどのようなセックステクニックを望んでいて、どうすれば最高に気持ちの良い

セックスを味わってもらえるのか?

大好きな気持ちが生まれていく流れから既婚の上司がセックスで喜ぶ秘密のテクニックま様々な角度、視点を元に見ていきましょう。

既婚の上司を好きになってしまいやすい理由

「好きになってはいけない」と頭ではわかっていても、考えとは裏腹に進んでしまう

恋する気持ち。ましてやそれが既婚の上司であれば、色々な考えが頭を巡ってしまうのではないでしょうか。

そんな裏腹に進んでしまう恋する気持ち、既婚の上司を好きになってしまいやすい理由には

どのような事があるのでしょうか。

仕事という女性にとって自立しなくてはいけない場面で甘えられる

仕事や職場というのは、女性にとって頑張らなくてはいけない場所で、自立をしなくてはいけない場面です。

そのような時に、既婚で余裕があり、自分が困っている場面で頼ることができる既婚の上司に対して好意を抱きやすいということがあげられます。

また、毎日顔をあわせているので、単純接触といって顔を合わせれば合わせるほど相手に好意を抱きやすくなるという効果もあります。

人間的などっしりした余裕を感じる

女性はセカセカした男性よりも、どこかどっしりとしており余裕がある男性に惹かれやすい

傾向にあります。

これは、結婚して家庭を持っている男性特有の余裕と言えるものであり、仕事上例え大きなミスをしても起きた事だけ叱るのではなく、これからどうしていくか?一緒に答えを出していこうとする姿勢などに表れます。

また、気持ち的にも浮ついた感じがなく、仕事上の事はもちろんついついプライベートな事まで相談してしまうような魅力があります。

落ち着き、人間的な余裕を感じる既婚男性は好きになってしまいやすいと言えるでしょう。

女性の考え方や感覚などに対して理解がある

家庭を持っているという事は妻である女性とのコミュニケーションは必要であり、色々な事を

一緒に乗り越えながら女性の考え方や感覚などを理解していきます。

そういった経験からあらゆる女性に対しても柔軟な考えを持つことができ、嫌味なくスマートに接する事が出来ます。

様々な事に対する視点も高いので、例えば生理中の女性に対してはさりげないフォローをして

体調を気遣い助けてあげるなど、女性特有の状態についても理解が見えます。女性に感覚に対して理解している姿勢は近づきやすく、恋する1つの理由と言えるでしょう。

独身の男性にはそれがないので、既婚男性の方が、女性に好感度を抱かれやすいのです。

ギラギラした目で女性を見ない

既婚男性には独身男性にありがちな女性に対してのギラギラした感じやがっついた感じが

ありません。ギラギラした感じとは対照的に女性に対しての気回しや心配りが出来ますので、そういった落ち着いた雰囲気、余裕が魅力となります。

基本、既婚男性はいまさらモテようと思っていないのでギラギラする必要がなく、その分の

エネルギーをさらに仕事に活かしたり家庭に活かそうとします。

そういった、ある意味女性に対して能動的に興味を抱かない雰囲気がスマートに見え、

女性から見ると気持ちを許しやすくなると言えるでしょう。

頼りがいがあり包容力がある

仕事上でのミスはあり得る事ですが、それに対してさり気なくフォローをしてくれたり、

頼った時に的確な判断で答えを出してくれる姿勢に気持ちが傾く事があります。

独身男性とは違った家庭を持っているならではの包容力があり、温かな励ましや心配りが

余裕を感じさせます。

また、頼りがいがある上司は人の話をしっかり聴く事が出来ますので、色んな相談を

しながらいつしか気持ちが傾く事も多々あります。

既婚の上司がキスをしてきたら不倫のはじまり?

社内で顔を合わせる機会が多かったり仕事上でのやり取りが多い場合、必然的にたくさんの

コミュニケーションをする事になります。

色々なコミュニケーションからいつしか距離が近くなる事で食事に誘ったり誘われたり、そこで仕事上の話しやプライベートの話をする機会もあるでしょう。

そしていつしか上司の気持ちが自分に向いている事に気づき、良い雰囲気の中キスを

迫られる事があります。

既婚の上司がキスをしてきたら、それは不倫のはじまりとなるのでしょうか?

お互いがそこで気持ちを通わせていた場合、そこから不倫が始まる可能性は高いですが、

実はキスの尺度は男性と女性で心理的な違いがあります。

一体どのような違いなのか?キスについての男女の違いを色々な面から確認していきましょう。

キスについての女性の考え

女性にとってキスという行為は、トップレベルな愛情表現と感じる事が多いものです。

キスは誰にでもするものではなく心から気持ちを許し、強い恋愛感情があるという時に

おこなうものと感じています。

ですのでキスをされると女性は相手は本気だと捉え、強い恋愛感情に結び付いて

いきます。

キスについての男性の考え

男性にとってのキスは愛情表現ももちろんですが、どちらかというとセックスへの

前段階と考えています。

強い恋愛感情とは言わないまでも、ちょっと良いなと感じただけでもキスを出来る

のが男性の心理です。男性がキスをするのはそこをきっかけにセックスへと繋がらせたい欲求があり、セックスへの欲情と繋がっていきます。

既婚者の上司と言えども様々なコミュニケーションを通し、女性に対して心が傾く事はあります。

そしてキスをきっかけにして更に深い関係になりたい、セックスをする事でもっと自分を知って欲しい、という欲求も高まるものです。

あなたの好きな人は運命の人?

お付き合いをしている人も
そうでない人も
自分の運命の人がどんな人か気になりませんか?

今付き合っている人が運命の人なのか?
出会っていない場合はいつ出会うのか?
運命の人について細かく教えてくれます

自分の運命の人を知りたい人はやってみてください

既婚の上司とはじめてセックスをする流れで多いもの

既婚の上司とはじめてのセックス。緊張はもちろんですが、大好きな思いが叶った

という気持ちも湧き上がるのではないでしょうか。

セックスに至る流れというのは色々あり、これまでの関係性やコミュニケーションから

多くの始まり方があります。

また、女性は意識をしていなくても、

奥さんがいるのに私が求められている

という興奮作用が働きます。

そして、既婚の上司とはじめてセックスをする流れで多いものに、どのような事があるのでしょうか。

仕事のプロジェクトが終わった時

仕事でのプロジェクトには会社側の思惑が込められている事が多いので、気を抜けないし

神経も張り詰めるものです。

そんな大変だったプロジェクトが終わった時、打ち上げの際に色々な話をしてねぎらい、

絆がより深まります。

そんな時、打ち上げでのお酒の力もありそのままはじめてのセックスへと流れる事が

あります。

疲れからか気分も緩みがちになり、気がついたら勢いではじめてのセックスになった、

という流れと言えるでしょう。

会社の飲み会の帰り

会社の飲み会の帰りに、帰り道ふたりっきりになってそのままタクシーの中でキスをしてホテルにいく流れになったり、会社の飲み会の帰りに二人でバーによって飲みなおしてそのままホテルに行って初めてのセックスをするという事があります。

一緒に残業が続いた時

自分も上司も仕事が終わらずしばらくの間残業が続いた時、それをきっかけに

はじめてのセックスに流れるパターンがあります。

お互いの残業が続くと「今日も残業しているな」とわかり、ある程度意識がそちらに

向きやすくなります。

一緒に残業しているという共通した認識からお互いをねぎらい、軽く食事をして

帰ろうという会話から、お酒の勢いもあり気がついたらはじめてのセックスに

なっていた、という流れです。

上司と2人だけの残業の場合、2人しかいない空間が心地良く、気を許してしまい

がちになるという心理的な側面も働きます。

既婚の上司とセックスするときに上司が求めているもの

男性はセックスにおいて、セックスの始め方から体位、雰囲気など色々な事で刺激を求めます

そしてそれは上司とセックスをするときも同様であり、そこには上司がセックスに

求めているものがあります。

既婚の上司とセックスするとき、一体どのような事を上司は求めているのでしょうか。

普段出来ないような刺激を求める

妻にはとても求められないような事、例えばしてみたい体位やソフトSMなどの興味が

ある事を求めます。

通常のセックスももちろん気持ちが良く心地良いのですが、それだけではなく刺激ある

セックスを望む既婚の上司は多いものです。

普段はなかなか言えない自分の性欲的な事をそのままぶつけてみたいと考える男性は多く、

解放的なセックスをしたいという欲求があると言えるでしょう。

妻には無い初々しさや恥じらいを求める

長く家庭を持っている男性は、普段の日々の中で妻の色々な姿を見ています。時にその姿に恥じらいが無かったり女らしさが無いのを見てしまうと、気分がグッタリしてしまう既婚男性は多いものです。

そのような普段の生活の中で見る事が出来ない女性が持つ初々しさや恥じらいなど、

女性の良さを求めたくなるものです。

服を脱ぐ時も恥じらいを餅ながら、セックスの最中でも所々に初々しさが漂っていると、そこに既婚の上司は喜びを見出します。

会社の部下とセックスしているという非日常感と自尊心

普段仕事をしている会社の部下の乱れている姿をみるという、まるでAVビデオのような非日常感に興奮をします。

さらには、自分は既婚でも他の女性とセックスができるという事が自身につながります。

既婚の上司がセックスで喜ぶ秘密のテクニック

大好きな既婚の上司とのセックス、どうせなら最高に気持ち良くなってもらいながら愛され続けたいと思うのではないでしょうか。

男性はセックスにおいて実はとても敏感であり、ちょっとした事で勃たなくなってしまったり、気持ちが良い悪いをすぐに感じ取ります。

ですが、男性であれば誰でもが快楽を感じ喜ぶ秘密のテクニックを知ってさえいれば、怖いものは無いと言えるでしょう。

既婚の上司がセックスで喜ぶ秘密のテクニック、どのようなやり方や方法があるのでしょうか。

耳や首筋をねっとりと舐める

耳や首筋が性感帯の女性は多いですが、実は男性も耳や首筋は性感帯です。耳や首筋をねっとりと焦らすように舐めていくと、既婚の上司は快感が込み上げ欲情が高まります。

また、耳たぶをなぞっていくように舐める、吐息を吹きかけるなども平行して行うと良いでしょう。

どこが気持ち良いか?聞きながら愛撫する

性感帯は人によって微妙な違いがあり、そこを知りピンポイントで攻めると既婚の上司は

腰が砕けるほどの快感に溺れます。

また、普段既婚の上司はセックスでは愛撫して攻める立場にあるので、それを逆に

女性からどこが気持ち良いか聞きながら攻めると既婚の上司はドキドキするでしょう。

ソフトSMを受けているような気持ちになり、既婚の上司は恥じらいながらも快楽に

身をゆだねていくでしょう。

目線を合わせながらフェラをする

フェラされると喜ぶ男性はとても多いですが、そこに目線を合わせるとドキドキし、快感が強く高まります。

ですが、じっと目を合わせすぎると逆効果になり恥かしさが勝ってしまい、萎えてしまう事があります。

適度に目線を合わせながら、時には「気持ち良い?」と微笑みながら聞いてあげると、既婚の上司はとても喜びます。

正常位の時に両足で腰をホールドする

セックスで女性が喜んでいる、気持ち良がっている姿を見るのが男性の楽しみであり、

さらに欲情をかき立てるポイントでもあります。そしてそれが身体の表現されている時、男性は喜び勃起度も上がります。

正常位の時に女性から男性の腰あたりに両足を絡ませホールドすると、既婚の上司はそれほど

気持ち良いのかと感じ胸が熱くなるでしょう。

既婚の上司がセックスで喜ぶ秘密のテクニックまとめ

男性がセックスで体験したいし求めたいと感じている事は色々ありますが、そこを

ピンポイントで女性が察する事が出来れば、快楽の高いセックスになります。妻とのセックスでマンネリを感じている既婚の上司ほどセックスへの欲求が高く、外部に刺激を求めやすいとも言えるでしょう。

男性の性感帯にも個人差があったり、女性から攻められたいという欲求を持っている既婚の上司も多いので、そのポイントを知ることで愛し愛される良好な関係が続いて

いくでしょう。