不倫カップルに人気の旅館エッチの楽しみ方

旅行で泊まるのはもちろん、普段の疲れを癒したり非日常なひと時を体験できる旅館。

歴史ある旅館から最新の設備を備えた旅館まであり、探すのも楽しいものです。

そんな旅館ですが、不倫カップルにとっては非日常な「旅館エッチ」を楽しめる空間として人気があります。

普段使っているラブホテルやシティホテルとは違い、独特な雰囲気と佇まいのある旅館は、いつもとは違った野趣溢れ刺激的なセックスを楽しめます。

不倫カップルに人気の旅館エッチ、どのような感じで楽しめるのか?色々なポイントを踏まえながら見ていきましょう。

旅館エッチを頼む準備編コンドームは誰が用意する?

普段のセックスでも避妊具として使うコンドーム。

安全な愛情溢れるセックスを楽しむのに、欠かせないアイテムです。

そして、コンドームは旅館エッチを純粋に楽しむ為にも必要なアイテムと言えるでしょう。

そんな欠かせないものであり必要なコンドームですが、一体誰が用意するのが良いのでしょうか。

女性目線から考えた時、正式には不倫男性に用意してもらうのが良いでしょう。

コンドームは避妊具として女性を守る役割を持っていますが、装着するのは不倫男性です。

一口にコンドームと言っても実はたくさんの種類があり、パッと見ではどれが良いのか?女性にはわからないものです。

コンドームの厚みが薄ければ薄いほど不倫男性は感じやすくなり快感に直結しますので、薄い装着感となると尚更女性にはわかりません。

ですので、本来はどれが自分の好みなのか?不倫男性に選んでもらい用意してもらうのが良いでしょう。

また、基本的には不倫男性に用意してもらいながら、いざという時の為に女性も用意しておくのがベストです。

不倫男性が用意するとなれば女性側は用意する必要は本来ありません。ですが、不倫男性のお気に入りのコンドームが切れていて購入出来なかったり、

用意しておくはずが忘れてしまったりと予期せぬ事態が起こる可能性があります。

そうなると最終的に困ってしまうのは女性ですので、あくまで保険的な考えとして持っておくと良いでしょう。

そしてこれは補足ですが、基本は不倫男性が用意すると決め、女性側が用意してあるとは伝えない方が良いでしょう。

個人差もありますが、女性側がコンドームを常備しておくと不倫男性はいつでもあると楽観的に考えやすくなり、避妊の考えや責任感もおろそかになりがちです。

あくまで不倫男性が用意し忘れた時など、不測の事態の時だけ使うものと割り切った考えを持つ事が大切です。

旅館エッチで不倫男性が興奮するポイントはこれ

非日常を味わえ、心地良い開放感を得られる旅館という空間。

その非日常な空間は不倫男性の気持ちも高まりやすく、イチャイチャと楽しい時間を味わいやすいものです。

旅館という非日常で行うセックス、不倫男性の興奮が高まるポイントはどういった

ものなのでしょうか。

旅館エッチで不倫男性が興奮するポイントを様々な視点から見ていきましょう。

旅館エッチで浴衣が乱れる姿

旅館での部屋着として定番の浴衣。特に女性の浴衣姿には独特の色っぽさ、

艶かしさがあり多くの男性を虜にします。

また、そこに温泉あがりのほのかなピンク色の肌もプラスされるとますます目が離せなくなるでしょう。

不倫男性の多くは女性のそんな浴衣姿に欲情しやすく、興奮が段々と高まっていきます。

そして極め付けは、セックスを始めた時に段々と浴衣が乱れていく姿に不倫男性の

興奮は最高潮になります。

不倫男性は視覚から興奮しやすく、ピッタリと着こなしていた浴衣が乱れていき

肌が露わになっていく事に強く欲情します。

これは本来隠されているものが自分の手によって暴かれていく事、見てはいけないものが

剥がされていくような感覚に陥り、いけない事をしているような快感に酔いしれていく為です。

旅館エッチでの乱れる浴衣姿は大きな興奮材料になります。

2人で入れる露天風呂は旅館エッチの魅力

多くの旅館には温泉が併設されており、身も心も癒されるひと時を味わう事が出来ます。

そして、そんな温泉も不倫男性にとっては興奮するポイントになります。

もしその温泉が2人だけで入れる貸切の露天風呂だとしたら、それは格別の最高の

シチュエーションになります。

露天風呂というのは野趣に富み、外の空気や気配をダイレクトに感じる事が出来る温泉です。

また露天風呂は開放的な気分を高め、合わせて性的な興奮も高まりやすくなります。

お互いが裸になって入る露天風呂はただそれだけで興奮しやすく、普段出来ないような

卑猥な事を求めてみたり試してみたりと新鮮味が増します。

また、露天風呂で行う卑猥な事やセックスは外から見られてしまうかもという恥ずかしさが強い刺激となり、ますます興奮が高まっていきます。

2人で入れる露天風呂は大きな魅力があり、興奮しやすいシチュエーションと言えます。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

いまお付き合いしている人も
していない人も
自分の本当の運命の人が誰か?
知りたくないですか?

いま付き合ってる彼かもしれませんし
別れた彼かもしれないし
いつどこで、運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2018年の恋愛が気になる人は是非やってみてください。

浴衣でえっちする時の男性が喜ぶ女性の下着はこれ

パンティやブラジャーなど、女性が着用する下着には多くの多くの不倫男性が興味を示します。

それが浴衣の下から見えてくる下着であれば、尚更性欲を掻き立てられ興奮するでしょう。

そんな性欲を掻き立てられる下着ですが、浴衣でエッチをする時、男性はどういう下着を喜ぶのでしょうか。

浴衣でエッチする時の男性が喜ぶ下着について、様々な観点から探っていきましょう。

薄いもしくは淡い色合いのもの

浴衣の下に着ける下着は、出来る限り薄めの色か淡い色合いのものを選ぶと良いでしょう。

薄い水色や薄いピンク、黄色など。派手にならない色合いがベストです。

あまり強めの色にすると浴衣から透けて見えてしまう事があり、恥ずかしい思いをする事があります。

また、単純に浴衣に合わせる下着は薄い色や淡い色合いが似合い、清潔感が高まります。

そして多くの不倫男性はいざセックスの時、浴衣の下から見える下着が薄い色か淡い色合いだと清楚な感じがして、興奮も高まります。

白もしくは白に近いもの

白、もしくは白に近い下着というのも清潔感があり、好む不倫男性は多いものです。

白という色は純粋に純情そうなイメージを抱かせますので、それがどのように乱れていくのか?考えてワクワクします。

浴衣がはだけるに従って見え隠れする白い下着は不倫男性の興奮を高め、一気に欲情させるアイテムとも言えます。

また、白や白に近い色合いは浴衣から透けないので、安心して着用出来るメリットもあります。

派手な色合いの下着は避ける

男性が喜ぶ下着は色々ありますが、浴衣に合わない下着というのもあります。

ただ下着を付ければ良いというわけではなく、浴衣というシチュエーションだからこそ気を付けたい下着があります。

それは「派手な色合いの下着」です。本来であれば派手な下着は不倫男性は喜ぶものですが、それが旅館となるとまるで違ってきます。

まず、浴衣自体が清楚で清潔な感じがするので、その下に派手な色合いの下着は合わないという事が挙げられます。

興奮も高まりドキドキしながら浴衣を脱がしていった時、そこから派手な色合いの

下着が見えてきたら多くの不倫男性は拍子抜けし、非日常で味わえる興奮が冷めてしまう可能性があります。

そうならない為にも派手な赤やワインレッド、ピンクなどは避ける事が無難です。

また、派手な下着はそもそも浴衣から透けてしまうので、恥ずかしい思いをする事があります。

浴衣自体はシンプルなので、それに合う薄く淡い色合いや白などを選ぶと良いでしょう。

貸し切り温泉でのえっちで注意すること

旅館という風情は日常を忘れさせ、高揚感が増し普段よりも気分が大きくなりやすいものです。

純粋に旅館エッチを楽しむ、貸し切り温泉で2人きりの濃密な時間を過ごすなど、気持ちも高まります。

ですが、いくら気分が大きくなり高まったとしても旅館というのは他人も利用する施設ですので、気を付けなければいけない事もあります。

特に貸し切り温泉でのエッチはつい我を忘れて没頭してしまいがちです。

そんな、貸し切り温泉でのエッチで注意する事にはどんな事があるのか?まとめてみました。

貸し切り温泉えっちの注意点1:のぼせてしまう前に切り上げる

貸し切り温泉は2人でイチャイチャと濃密な時間を過ごしやすいものです。

普段では体験できないシチュエーションについつい時間を忘れてエッチに没頭するかもしれません。

ですが、温泉の温度もそうですが気温も高く、長時間の温泉は身体にかかる負荷もそうとう高くなります。

お互いに興奮して欲望のままに温泉で過ごすと心拍数が上昇し水分も抜け、危険な状態になる事もあるでしょう。

温泉でのエッチは短時間で切り上げ、後は部屋へ欲望と興奮を持ち越すのが良いでしょう。

貸し切り温泉えっちの注意点2:大きな声は聞こえてしまう

人は一つのことに集中すると他の事に気を配れず、注意が散漫になります。

そしてこれは貸し切り温泉のエッチにも言える事で、興奮が高まりエッチに

集中していると喘ぎ声などが大きくなり、外に漏れやすくなります。

貸し切り温泉といえど密室ではないので大きな声は筒抜けになる可能性があります。

喘ぎ声などが外に筒抜けになってしまうとなにより恥ずかしいですし、せっかく高まった気分も冷めてしまうかもしれません。

出来るだけ大きな声は出さないよう、誰か聞いているかもしれないと気を配る事が大切です。

貸し切り温泉えっちの注意点3:温泉内を汚さずゴミはゴミ箱に捨てる

貸し切り温泉というシチュエーションはいやが応にも気分が高まり、

そのままエッチに入る事もあるでしょう。

エッチが終わった後に気を付けたい事は、出来るだけ温泉内を汚さず出たゴミはしっかりゴミ箱に捨てる事です。

中でも使い終わったコンドームをそのまま放置したり、コンドームの袋を置いていくのはNGです。

また、当然ながら温泉内に射精をしたり愛液が流れ込んでしまうのもいけません。

貸し切り温泉といえど自分達の所有物ではなく借りているだけですので、時間帯などによっては他の人も利用します。

ある程度他の人の事も考えながら、健全で有意義な貸し切り温泉でのエッチを楽しむのが良いでしょう。

不倫カップルに人気の旅館エッチの楽しみ方まとめ

普段の生活を離れ、ゆっくりイチャイチャしたい時に最適な旅館。

日常の喧騒を忘れ、ただ純粋に心ゆくまで旅館エッチを楽しめます。

旅館は他の人も使う事を念頭に置きながら、最低限のマナーを忘れず利用すれば風情ありとても良いものです。

ラブホテルやシティホテルでは味わえない、2人きりの優雅な時間。

時には、そんな旅館エッチを楽しんでみてはいかがでしょうか。