オトコに捨てられない女になる3つのルール

「佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ」

男はほめろ、とものの本によく書いてありますが、ほめる。これ、簡単に思えるけど、実はけっこう難しい。 なぜなら、それに「愛して欲しい」という下心があったりすると、男は敏感にそれを見抜き、かえって逆効果になってしまうから。 とはいえ、それが心からのものである限り、ほめられて悪い気がする男はいません。 男を上手にほめられるというのはいい女の条件のひとつであり、男はほめられればほめられるほど、仕事を頑張ろうという気持ちになる。

佐伯がひとつ確信しているのは「男は自分をほめてくれるいい女は絶対捨てない」ということです。 これにはまず例外はない。

男は基本的に「もったいないお化け」がひっついた生き物だから、相手がいい女であればあるほど、どんな形でも、なんとしてでも、「捨てるのはもったいないから」つながりを保とうとする。

たとえは悪いけど不倫がいい例。不倫はたいてい女のほうが重くなって捨てられるというのがパターンだけど、女のほうがキ然としてれば、男は女に未練を感じてしつこく追いかける。それが女にとって幸せなことかどうかはわからないけど、少なくとも男側から「捨てられる」ことはないわけです。

では、男側から見た「捨てることのできないいい女」とはどんな女か? それは、

  • 話を聞いてくれる女
  • ほめてくれる女
  • 励ましてくれる女

このみっつ。

単純でしょ? 容姿、年齢、学歴、そういったものは一切関係ありません。 もちろん、男女間のことであるから、相性とか性的魅力とかは多少は関係するけれども。 でもやっぱり、先に挙げたこのみっつが絶対条件であるわけです。

しかしながら、これを、ちゃんとできている女がびっくりするほど少ない。 だから、このみっつを兼ね備えた銀座の女がナンバーワンになったりする。 そもそも、これ冒頭にも書いたけど「下心がない」ことが大切。

これを下心なしにやるというのは相当の度量がいる。 下心なしにこのみっつができる女は一体どういう女かというと、それはズバリ「自分に誇りを持っている、気持ちに余裕のある女」。

それはどんな女かというと、 人生いろいろあるけれど、とりあえず、自分の今のありようはオッケーと思っている。 だから人の痛みが見えるし、他人に何をすればよいかもわかっている。 そんな風に、日々さらりと生きている女です。

こういうメンタリティを称して「自己重要感」ていうんだけど、男も女も結局この「自己重要感」がある人が幸せになるんだよね。 そして、こういう人達の辞書には「捨てられる」という文字がない。だって「捨てられる」というのは被害者意識のあらわれだから。

たとえ自分から「捨てる」ことはあっても「捨てられる」ことなどないわけです。 来週は(気が向いたら)この「自己重要感の高め方」について書いてみようと思います。 やっはー。

捨てられない女の関連記事