不倫男性が興奮するホテルでの過ごし方

不倫男性が女性と愛し合う場所として「ホテル」が挙げられます。

気軽に利用できプライベートも守られるので、ホテルを利用する不倫男性は多いものです。

そんな良く利用されているホテルですが、どのような過ごし方をするかによって不倫男性の興奮度合いが変わる事があります。

時間を合わせてせっかく会うのですから、お互い出来るだけ興奮を高めて最高のセックスを楽しみたいというのが本音ではないでしょうか。

最高に心地良く気分も高まる最高のセックスをする為、不倫男性が興奮するホテルの過ごし方を見ていきましょう。

不倫男性が喜ぶのはシティーホテル?ラブホテル?

心地良い最高のセックスを楽しむ為、どのようなホテルを選ぶか?というのも大事な所です。

室内環境はもちろん、部屋の飾り付けやアメニティーなどの小物、部屋の大きさや照明など、ちょっとした事が気分を高めセックスを盛り上げる事に繋がります。

愛に溢れた最高のセックスを楽しむ為、不倫男性が喜ぶのはシティーホテルでしょうか?それともラブホテルなのでしょうか?

2つのホテルの特徴や環境など様々な角度から観察し、不倫男性が喜ぶのは一体どちらなのか?解明していきましょう。

まずはシティーホテルですが、シティーホテルは都市の中心に位置している事が多く、ドアマンやコンシェルジュサービスがあったりと高級感が漂うホテルです。

また、宿泊だけに特化しておらず、レストランやバーなどの飲食店が軒を連ねたり、場所によってはプールやジムもあります。

お部屋についても客室面積が広めであり開放的な窓があります。

そしてツインルームが中心となっており、スウィートルームがあるのもシティーホテルの特徴と言えます。

ホテル内で軽くデートを楽しみながら、気分が高まってきたらルームに行きセックスを楽しむ、という流れで使われます。

続いてラブホテルですが、こちらは都市部から少し外れた場所に位置している事が多く、お部屋を選ぶのもほとんどがタッチパネル式です。

休憩のみと宿泊という2つのプランがあり、休憩プランで熱く情熱的にセックスを楽しむか、宿泊プランでゆったりと濃密なセックスを楽しむか、

状況に応じて選ぶ事が出来ます。

また、飲食店などは一切ありませんがお部屋にある冷蔵庫に飲み物があります。

お部屋についても広めのタイプが中心で、ほぼ全体が鏡張りであったり大きな室内風呂があったりカラオケがあったりと、遊び心あるお部屋が多いのも特徴です。

室内にはちょっとした大人のオモチャやコンドームが用意されている事が多く、無料で使用出来ます。

お部屋に窓がない事がほとんどで、廊下などでは基本従業員とはすれ違いません。

遊び心もあり純粋にセックスを楽しむ為に特化したホテルと言え、すぐセックスに入りたい時には重宝するホテルです。

大きな違いがあるシティーホテルとラブホテルですが、不倫男性が喜ぶのはどちらのホテルなのでしょうか。

2つのホテルを比較し男性側からの視点で見た時、不倫男性が純粋に喜ぶのは

実はラブホテルです。

先ほども言いましたがラブホテルはセックスをするホテルとして特化しており、すぐセックスが出来る環境が整っています。

不倫関係はセックスありきの関係とも言えますので、まずはセックスをして落ち着きたいと考える不倫男性は多いものです。

その為タッチパネルや簡易受付で簡単にお部屋を選べ、すぐセックスに行ける流れは不倫男性にとっては都合が良いとも言えます。

もちろん全ての不倫男性がラブホテルという訳ではなく、シティーホテルで余裕を持って優雅に過ごしたい不倫男性もいます。

どちらかというと使いやすさやセックスへの流れの早さから、ラブホテルを喜ぶ不倫男性は多いでしょう。

不倫男性が愛人とホテルでやってみたいこと

ホテルという空間は不倫男性の部屋でもなく女性の部屋でもないので、自由に出来るという解放感に包まれやすくなります。

解放感があると言ってももちろん常識の範囲内でホテルを利用する必要がありますが、その解放感から普段とは違った事をしたいと

望む不倫男性は多いものです。

不倫男性が愛人とホテルでやってみたいことには、どのようなものがあるのでしょうか。

・広いお風呂でイチャイチャしたい

不倫男性の家や愛人の家のお風呂は基本的にそれほど広くありません。

よっぽどの邸宅に住んでいない限り、普通の間取りのお風呂になるでしょう。

広いお風呂というのはそれだけで解放感があり、心も身体も非常にリラックス出来ます。

そして、そんな広いお風呂で会話を交わしたり身体に触れ合ったりと、愛人とイチャイチャしながら楽しみたいと考える不倫男性は比較的

多いものです。お風呂に一緒に入るというのは不倫男性にとってワクワクする行為です。

ワクワクしながらそのままの流れでお風呂でセックスをする、という

願望を持っている不倫男性は少なくありません。

鏡張りの部屋でセックスを楽しみたい

女性は基本、体感覚や刺激を受けることで段々と気分が盛り上がり、気持ちが良くなっていきますが、男性の場合はそれにプラス、

視覚からの興奮が入ります。

視覚からの興奮を得たい為、鏡張りのお部屋でセックスをしたいという願望を持っている不倫男性は多くいます。

体位を色々と変えそれを鏡越しで見ることで興奮が高まり、鏡越しに見る愛人の表情でまたさらに興奮が高まっていきます。

愛人も最初は鏡張りは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、そういった恥ずかしいという感情もセックスにおいて有効なスパイスとなりますので、

慣れてくればお互い最高の興奮をもたらすセックスが出来るでしょう。

・高層階から夜景を見ながらセックスをしたい

高層階のあるシティーホテルなどそうですが、見晴らしの良い展望出来る窓がお部屋に設置されています。

ライトを消す、もしくは薄明りの中で眺める高層階からの夜景は素晴らしく、とても良いロマンチックムードに溢れています。

実は不倫男性の多くはそういった高層階の窓を背にしてセックスをしたいという願望があります。

それも窓にぴったりと寄り添い、外から見えるようにセックスをしたいという願望です。

外から見られてしまうかもという羞恥心と高層階から自分達のセックスを見せているという好奇心が入り混じり、とてつもない興奮を覚えます。

セックスにおいて羞恥心というのはとても強力なスパイスになりますので、それを利用して最高のセックスを楽しみたいという願望があります。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

いまお付き合いしている人も
していない人も
自分の本当の運命の人が誰か?
知りたくないですか?

いま付き合ってる彼かもしれませんし
別れた彼かもしれないし
いつどこで、運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2018年の恋愛が気になる人は是非やってみてください。

不倫のホテルデートでマンネリ防止策

気心が合っていつの間にか愛し合い付き合うようになった不倫も、お互い関係が長くなるとどうしてもマンネリを感じるようになります。

それは当初あった「ドキドキ感」がお互いの時間を共有することで徐々に薄れていき、マンネリとなっていきます。

そうしたマンネリを打破するべく、不倫のホテルデートでマンネリを防止する策にはどのようなものがあるのでしょうか。

・普段は行かないシティーホテルでデートする

付き合いがマンネリ化してしまう理由の1つに「同じ行動のくり返し」が挙げられます。

ほぼ同じ曜日、ほぼ同じ時間、ほぼ同じホテルにチェックインしセックスをしていると、どうしても単調になってしまい新鮮味がありません。

新鮮味が無くなると会っていても味気ないような感じになってしまい、気持ちも上がりにくくなります。

そんな時には普段の行動を止め、いつもであれば行かないような場所のシティーホテルに行きデートするのがおススメです。

普段と雰囲気が変われば気分も変わり、新鮮味も復活してきます。

知らない場所で知らないホテルで知らないお店に入りデートを楽しむと、それだけで気分が上がってきます

・普段は恥ずかしくて言えないようなプレイをしてみる

最初は初々しさに溢れていたお互いのセックスも、時間が経ってくるとどうしても単調になってしまいがちです。

セックスの流れがパターン化してしまい単調な流れとなり、気分が今一つ上がりません。

そんな時は思い切って、普段であれば恥ずかしくて言えないようなプレイを提案してみるのも1つの手です。

ラブホテルは特に楽しめる大人のオモチャが数種類あり、それらを使って新たなプレイを開拓するのが良いでしょう。

タオルを使って軽く縛ったり目隠しをするソフトSMや、バイブやローターを

使いあらゆる所を攻めてみたり、またわざとドア付近で外に聞こえるように立ちながらセックスをするなど、色々とあります。

今までになかったような刺激を感じる事が出来れば、良いマンネリ防止策になるでしょう。

不倫男性が興奮するホテルの過ごし方まとめ

お互い気持ちの良いセックスを楽しむ為利用する「ホテル」という空間。

ラブホテルやシティーホテルなどはそれぞれに特色があり、上手に利用すれば不倫男性は興奮が高まる場所となります。

ホテルだからこそ出来ること、やってみたい事などがあれば提案し、お互いが承知のうえで行えばさらに快感度が増すセックスが楽しめます。

不倫男性がホテルの過ごし方で興奮すればするほど、それはそのままセックスに反映され、女性もこれまで感じなかった快感に包まれるでしょう。

これまでと違う最高のセックスを楽しむ為、不倫男性が興奮するホテルの過ごし方を考えるのも有意義な時間となるでしょう。