感じやすい女は男は手放さない!?簡単な方法で身体を変えよう

「1回で飽きられる女性」と、「もっと会いたい、何度も抱きたい女性」の違いは何でしょうか?

男性が「もっと会いたい、何度も抱きたい」と思う女性というのは、実はセックスで“感じやすい女性。自分の愛撫や挿入で激しく乱れ、オーガズムへと達するその姿は、男性にとって何よりも自信を与えてくれる存在なのです。

つまり、あなたが彼の愛撫に敏感に反応する“感じやすい女”になれば、セックスをするたびに自信を与えてくれるので、彼はあなたと「もっと会いたい、何度も抱きたい」と思うようになります。

“感じやすい女”になるには、自分の『未知の快感』を発見することが重要!

そんな“感じやすい女”になるには、セックスよりも「ひとりエッチ」が近道。LCラブコスメが行ったオーガズムに関する調査によると、「初めてオーガズムを知ったきっかけ」について聞いたところ女性100名のうち、76名が「ひとりエッチ」と回答しています。

ひとりエッチで自分の感度を磨き、どこをどんな風に刺激されると感じやすいのかを知っておくと、彼とのセックスでもそのポイントを掴み、未知なるオーガズムへと導けます。

さらに、自分のまだ知らない感度を開発してくれる『未知の快感』を、「ひとりエッチ」では探すことが重要。それは「私はこんな刺激でも感じるのか」「こんなことすると気持ちいいのか」など、自分のカラダをもっと深く知ることです。

彼とのセックスの前に、そんな自分の『未知なる快感』をたくさん発見できれば、未開発な性感帯も知ることができ、その感覚を高めることで、これまで感じたことのない新しいオーガズムも感じられるかもしれません。

そして、ひとりエッチで自ら感度を開発した“感じやすい女”は、彼とのセックスで敏感に反応するので、彼のセックス満足度も同時に高めることに繋がります。

“感じやすい女”になるためのを新しい感度開発

しかし、正しい感度開発の方法を知っている女性は多くないはず。

肌を這う繊細な動き、敏感な部分に触れる強さ、快感を与えられる場所、予測できない刺激、オーガズムに達するまでの流れ……。それらを自分の指だけで探し当てるのは、なかなかむずかしいですよね。

あらゆるバリエーションの刺激を自分のカラダで体感しなければ、まだ体験していない『未知の快感』を知ることはできません。

そんな“感じやすい女”になるための「丁寧」「繊細」「バリエーション豊か」な愛撫を叶えるのが、LCラブコスメの「さくらの恋猫」です。

可愛いピンク色の猫の形をした「さくらの恋猫」シリーズはバイブ、ローター、インナーボール、デンマの4種類。スマートフォンから操作できる、いままでにない新しいラブグッズなのです。

今までのラブグッズと違い、アプリと連動させることにより、繊細な指先の動きを再現。さらに、スマートフォンを振ることに合わせて動いたり、声に反応したり、または画面に描いた曲線に合わせて振動したりもします。

「さくら恋猫」を使ったひとりエッチでは、12種の振動パターンから、自分好みのリズムや強弱を組み合わせて、あらゆる快感を体験するのがおすすめ。バリエーション豊かな愛撫により、まるで毎日違う男性のテクニックで翻弄されるような気持ちよさを体験することができます。

そして、「さくらの恋猫」は彼とのセックスでも、2人を盛り上げます。声や音楽に合わせて振動するので、彼からの甘い声だけではなく、予測できない絶妙な動きで、溺れるような快感に包み込まれます。

さらには、彼がスマホと連動させて、手書きで振動の強弱を独自に設定することができるので、男性の征服欲を掻き立てることも。彼もさまざまな振動を試してみることで、「丁寧」「繊細」「バリエーション豊か」な愛撫によって、女性のカラダは芯から感じるものだと学ぶこともできそうです。

こんな可愛いラブグッズなら、彼に一緒につかってみたいと提案するのも恥ずかしくないですよね。

実際に、『さくらの恋猫』を使用した女性たちの体験談を紹介します。

  • こんなに乱れたのはいつぶりだろう……。(miyaさん / 25歳 / 美容部員)

彼とのエッチはいつもワンパターン。今までラブグッズを使っても刺激や流れが読めてしまうので、気持ちいいけどたまには新鮮さを味わいたいと思っていました。

普段、ラブグッズを使うと彼主導だとしてもその動きや振動を予想できるのですが、『さくらの恋猫』は自分が気持ちいい場所にあてても彼がちょっと動きを変えるだけでジラされたり、逆に突然ものすごい快感が襲ってきてそのままイってしまったり…。次は何が起こるのか予測不能!『さくらの恋猫』の動きに翻弄されている私を見て彼も興奮したみたいで、吐息も動きもいつも以上に激しかったです。

こんなに乱れたのはいつぶりだろうってくらい感じてしまいました。こんなに小さくてかわいい見た目なのに凄い!『さくらの恋猫』はこれからも彼とのセックスに欠かせません。

  • 男の人に愛撫されているような感覚(ayaさん / 31歳 / ネイリスト)

自分磨きと欲求不満解消のため、さまざまなひとりエッチを試みてきました。いつも自分のペースで、好きなように感じることができる……。これは、ひとりエッチの最大の魅力ですが、物足りなさを感じることが多くなりました。

『さくらの恋猫』は、私のひとりエッチに対する価値観を大きく変えるきっかけとなったのです。『さくらの恋猫』の機能の中で、特に私を驚かせたのが「パターンモード」。複数の選択肢から好みの振動を選ぶのですが、正直、画面に並ぶ単語だけでは、どんな動きをするのかわかりません。

そのときの気分でなんとなく4つの振動を選び、いつものようにひとりエッチを開始したのですが、くすぐられているような甘美な感覚にうっとりしたかと思えば、急に激しく攻めてきたり…。次は何をしてくれるの?と、ドキドキ、わくわく。ひとりエッチなのに男の人に愛撫されているような感覚に陥ってしまい、夢中になって喘いでしまいました。

今までにない新しいラブグッズ『さくらの恋猫』

肌を這う繊細な動き、敏感な部分に触れる強さ、強く快感が得られる場所、予測できない刺激、オーガズムに達するまでの流れ…。

「さくらの恋猫」のあらゆる種類の刺激で、今まで感じたことのない未知なるオーガズムを発見することで、“感じやすい女”へと自分の感度を磨けます。そして、そんな感じやすいあなたとのセックスがより楽しくなり、彼も「もっと会いたい、何度も抱きたい」と思ってくれるでしょう。

「さくらの恋猫」と一緒に、彼が「もっと会いたい、抱きたい」と思う“感じやすい女”になりませんか?

『さくらの恋猫』ブランドサイトはこちら

『さくらの恋猫』シリーズを開発した「LCラブコスメ」は、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。誰にも知られずに、コンビニでの受け取りもできます。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

【関連記事】

何度エッチしても「飽きない女性」ってどんな女?彼の身も心も虜にしている方法とは

彼の興奮がとまらない。何年付き合っても『会うとエッチしたい女』になる方法

「初めて中イキできました!」ダブルの快感で何度もイカずにはいられないセックス