ゴム(コンドーム)をつけるといけない不倫男性へやってること

不倫をしている女性で、不倫相手の男性がゴムをつけるといけない・・・コンドームをつけると気持ちよくないからといって嫌がるという事はありませんか?

そういう時、無理にでもゴムをつけてといって彼に飽きられたり嫌われたりどうしよう・・・そんな風に不安になってしまうということもあるのでないでしょうか?

実際に不倫をしている女性達にどうやって対応をしているのか?調査してみました。

ゴム(コンドーム)をつけるといけない不倫男性に言われたら?

ゴム(コンドーム)をつけるといけないと不倫男性に言われた時にどうすると言うアンケート調査を行ってみると一番多かったのは

ゴム(コンドーム)をつけずにSEXする

という答えでした。

ダブル不倫で、自分も結婚しているという女性の中には、自分もゴムをつけるといけない・・・。なんていう女性もいました。なんでもゴムをつけてしまうと亀頭部分の段差がなくなってしまって、結果的に女性の快感も減ってしまうからというのが、女性でも男性にゴムをつけられるといけないと答えている女性の意見です。

不倫のSEXで、男性の方が

子供ができたら困るから

という理由でしっかりとコンドームを手放さないなんてケースもあるのですが、不倫という関係でも男性がゴムをつけないということは実際では結構あるようです。

では、ゴムをつけない不倫SEXの場合女性はどのようにして避妊をしているのでしょうか?多かった例をご紹介していきます。

ゴム(コンドーム)をつけるといけない男性の不倫SEXの避妊方法

ゴムをつけるといけないとか、不倫セックスでもゴムをつけたくないという人はどうやって不倫SEXをしているのでしょうか?

一番多かったのは、ピルを飲んでいるという女性です。

女性側がピルを飲むことによって、ゴムをつけるといけないという不倫男性もナマSEXをすることができますし、ピルを飲んでいると言う女性はダブル不倫の関係でも、中出しをしているというゴムをつけない上に中出しSEXをしているという人も多くいました。

現在は、ピル専門の産婦人科が増えてきたり、ピルをネット通販でも購入することができるようになったこともあり、以前よりも手軽に診察もなく購入することができるので、ピルを飲んでいる女性が多かったです。

基本的に低用量ピルを飲んでいる女性がほとんどでした。低用量ピルの場合はほとんど副作用はないといわれていますが、心配な方は初回はきちんと産婦人科でみてもらって処方をしてもらうと良いでしょう。

産婦人科の方も、最近ではピルをもらいたいという患者さんがとても増えたとおっしゃっていました。

色んな男性と出会い系で出会って即SEXを繰り返している主婦の方などは、ピルを飲んでいる事で妊娠はしないのですが、性病になってしまったという方も中にはいます。

ただ、一人の男性としか不倫セックスをしていないという場合は、不倫男性がよっぽど色んな女性とやりまくっていない限りは、性病がうつるという事例はありませんでした。

ただ、定期的に産婦人科で性病チェックをうけておくとより安心かもしれませんね。

ゴム(コンドーム)をつけるといけない男性の不倫SEXで外出しのみ

独身女性で不倫をしている人は、ゴムをつけるといけないと男性に言われてしまうと、なかなか自分から

「ゴムは絶対につけて」

という事ができずに、ただ彼が外出しをしているのみというケースがありました。

この場合、もちろん妊娠する可能性が0ではないので、ピルを飲むもしくは女性用の避妊具を検討するなど自分で自分の身体を守ることも考えてみたほうが良さそうです。

万が一妊娠しても、彼に認知を求めずに一人で産める!という覚悟があれば別ですが、最終的に生まれたら可愛がってくれるような不倫男性だったとしても、妊娠中は怯えて音信不通になってしまったというような例もあり、女性の方が精神、身体ともに不倫の妊娠によるダメージはおおきくなってしまいやすいのです。

今の所やはり、ゴムをつけるといけないという男性に対しては、ピルを飲んでおくということが一番の女性にとっての対策になっているようです。