不倫男性がパイパン(ぱいぱん)に興奮する4つの理由とは

不倫男性と話していると、たまに興奮気味男性の口から出て来るのが、『僕の彼女ぱいぱんなんだよ』という事です。

現在は、パイパン(ぱいぱん)にしていると公表している芸能人も多く、パイパンではなく女性の間ではハイジニーナなんて呼ばれ方をしていますよね。

このハイジニーナというのは、VIOラインつまり、アンダーヘアを全てつるつるに脱毛している女性の呼び名です。

女性は、水着を着る時のお手入れが面倒だからとか、清潔になれるからという理由だったり、芸能人がやっているからというような理由でVIOラインをお手入れしている人がいると思います。

中には通っている脱毛サロンで、選べたからというような理由でパイパンにしている女性もいます。

また彼氏や、不倫相手の男性にパイパンにされちゃったということもたまに聞く話ですね。

このパイパンなのですが、どうしてそこまで不倫男性は興奮するのでしょうか?実際に自分の彼女がパイパンだと喜んでいる不倫男性達に色々と意見を聞いてみました。

不倫男性は愛人がパイパン(ぱいぱん)だとより非日常を感じる

パイパンをしている女性が昔よりは、増えてきているとはいえ、まだまだ少ないもの。さらに自分の妻がパイパンという男性が少ないのです。

つまり、不倫をしている男性にとってパイパンが非日常であり、それこそSEXYビデオでしかみたことない特別な世界という感じがするという男性が一番多くいました。

不倫という特別な世界で特別な体験をしたことないようなセックスをするというのは、男性にとって究極の息抜きであり、癒やしであり、トキメキになるということでした。

視覚で興奮する不倫男性の脳を刺激する
男性と女性の一番大きなポイントというのは、男性脳は視覚で興奮する生き物なのです。その為、グラビアとかSEXYビデオなど視覚的に興奮する刺激でオナニーをすることができます。

女性脳はどちらかというと、ストーリーが必要なことが多いのです。その為イケメンというだけでセックスしたいと思う事は少なく、イケメンが優しかったり、頼りになったという他のストーリーがあってそのイケメンとのセックスに興奮するのが基本的な女性脳なので、出張ホストを呼んではみたものの、初対面の男性とお金払ってセックスする気になれなかったなんてこともあるのが女性です。

このように視覚で興奮する不倫男性にとって、挿入部分がバッチリみえるパイパンに興奮するといいます。

女性はあまり挿入されている部分をみながらセックスすることはないのですが、男性の中には、わざわざ結合している部分をみながらセックスする男性がいますよね。

これは、視覚的に結合されているというのをみて興奮しています。さらにパイパンだと、はっきりとみえるので興奮するということでした。

不倫男性が愛人にパイパンにさせてスケスケのエロい下着で興奮する
これも非日常になるのですが、妻がエロい下着を履いていると、母親がエロい下着をつけているような、気持ち悪さを感じるとのことですが、愛人がエロい下着をつけているのは興奮するということです。

パイパンにさせて、エロい下着をつけさせて興奮するという不倫男性がいました。例えば、真ん中がパックリと空いている下着をつけさせるには、アンダーヘアがない方がエロさが増して男性にとっては興奮度があがるそうです。

また、パイパンにして、下着の上から指でいじった時に、濡れてきた時に割れ目が透けているというのをみると男性が興奮するそうです。

またエロいコスプレをさせる時もパイパンの方が綺麗にみえるから、パイパンがよいといっていました。
確かにこういうコスプレは男性が喜びそうです。

ロリコン願望がある不倫男性にパイパンがウケる
これを理由にあげていた男性は少なく、10人に1人くらいなのですが、パイパンの女性とエッチをすると、エッチしてはいけない人とエッチしているような興奮を覚えるという男性がいました。

世間的にも禁止されている、アンダーヘアが生えていない年齢の女性とセックスしているような清純さを感じるというように言っている男性がいました。
(完全に男性の妄想ですね)

けれども禁止されていることをやっている時の快感というのは、人間なら感じてしまうというのは仕方ないこと。

このようなことが理由で、不倫男性がパイパンに興奮しています。

不倫男性がパイパンに興奮する理由はなんとなくご理解いただけたでしょうか?ある日突然パイパンにするというのもいいですし、男性の征服欲を満たすために、男性と一緒に部屋で剃るというのも男性には興奮するようです。

ただ、剃るだけだと、あとあとチクチクしてしまうので、その後のお手入れは必須ですね。