エロチックな小技で不倫相手の彼をもっと好きにさせる方法

何年も不倫を続けて不倫相手とラブラブでいる艶子ママにエロチックな小技で不倫相手の彼をもっと好きにさせる方法について教えていただきました。

【艶子ママの話】

エロチックな不倫のLINEやメールのメッセージのお作法

私は、相手の奥様にこの不倫の恋がバレてしまう危険性があるので、LINEは使わずに全てメールでメッセージのやり取りを行っています。

メールも、毎回返信で送ってしまうと、万が一スマホを不倫相手の奥様がみられてしまった時に、全てのやり取りが見えてしまうので、毎回新規でメールを作って送るという事を徹底しています。

不倫男性が愛人の方に会いたいと思うようなメッセージを考える時に、男性は妄想の生き物であるという事を基本に考えてみてください。簡単にいうと、不倫男性の性欲を掻き立てるようなエロチックなメッセージというのは不倫男性が会いたいと思うようになるメッセージになります。

そして、エロチックなメッセージというのは、長年夫婦でいると夫婦間ではなかなかやりとりがされないメッセージになるので、そういった点でも不倫男性を盛り上げることができるメッセージになります。

 

例えば

「この間の●●がすごく良かったから今度も感じさせてね」というようなメッセージは不倫男性が喜ぶメッセージになります。

さらに、

「この間の続きいつにする?金曜日はいかが?」というように具体的な曜日を書くようにすると、男性はより会いたいと思うようになります。

エロチックなお誘いメッセージを送る時の注意点

このように、エロチックなお誘いメールを送った時に、例えば不倫男性から「金曜日は駄目だな」というようなメッセージが来た場合の返事には注意して下さい。

その時に、「なんで駄目なの!?じゃいつならいいの?」というように相手の不倫男性を責めてしまうと、不倫男性は面倒くさいと思うようになってしまいます。

不倫男性は自分が責められることをとても嫌いますし、面倒だと感じると愛人にあまり会いたいと思わなくなってしまいます。

不倫男性にいつも愛されて大切にされるためには、不倫男性を責めないということを一番に心がけるようしましょう。

「じゃ来週くらいかな」と軽く流す感じにしておきましょう。不倫男性が最近会ってくれないなと思うような方は次のようなテクニックも使ってみて下さい。

不倫男性が会いたくなるエロチックな電話テクニック

不倫男性が自宅にいたり、奥さんがいる時にいきなり電話をかけてくる愛人というのは、不倫男性にとって面倒くさい女になってしまいます。

奥さんにバレてしまうと、慰謝料をとられてしまったり不倫男性と別れさせられてしまったりと愛人の方にとって良いことはありませんから、奥さんにバレないようするという配慮は不倫を続けていく上で大切なことです。

その為、「今電話大丈夫?」とメッセージを電話をする前に事前に送っておくという事をおすすめします。そこで「駄目」と返ってきたり、返信がなかった時は、そのまま無視するようにしましょう。

「駄目」と返信をしているという事は、奥さんが近くにいる可能性が高いので、そのような状態で、再度メッセージを送るというのは危険です。

「大丈夫だよ」と返信が来た時に、自分から電話をかけます。不倫男性が「どうしたんだよ?」というような事を言うでしょう。

その時に、『声が聞きたくなっちゃって』と最初に言ってみて下さい。そうすると不倫男性は、「なんだよー」といいながらも「じゃいつ会う?」と会うことに対して前のめりになってくれるでしょう。

不倫男性に愛される基本的な愛人の姿勢は、賢いバカです。

不倫男性は、3歳児や5歳児の男の子と一緒だと思って、褒めて上手くこちらが下手にでるようにすると、女性の思い通りに動いてくれます。

褒めるという事ともう一つ、不倫男性に愛される上で、とても大切なことは感謝の気持ちを伝えるということです。

デートの後のエロチックなメッセージが効果的

不倫男性とデートをして、別れた後に不倫男性が家につく10分前くらいに「今日も至福の時間をありがとう。心も身体満たされて今日はぐっすり眠れそうです」と一言送るだけでも、不倫男性は、自分は至福の時間を女性に与えただと思って嬉しい気持ちになります。

こうやって不倫男性に、愛人と会うと嬉しい気持ちになるということを、不倫男性に覚えさせて、調教していくと不倫男性は愛人にもっと会いたいと思うようになります。

その結果、会社の帰りにちょっと時間が空いたという時に、愛人に会いたいなと思うようになります。

反対に、「なんで離婚しないの!?」と普段から会うたびに不倫男性を責めてしまって、不倫男性に不快な思いをさせてしまっている人は、ちょっと会社帰りに不倫男性が時間が出来た時でも、不倫男性が(愛人にあうと、責められて面倒だから、近所で一杯呑んで帰ればいいか)なんて思ってしまうようになります。

普段から、不倫男性を責めてしまっている愛人は、結果的に、愛人はもっと自分に時間を作って欲しいのにつくってもらえないという状態を作ってしまいます。

このような事にならないよう、不倫男性が本当に喜ぶという事をわかった上で、バカなふりをしてやるというのが、不倫男性に一番愛されるやり方になります。

このようなメッセージをデートの後に送ったら、もうその日はメッセージは送らないようにします。

その次の日に、「●●さんといると、新しい自分を知れて新鮮。また次回も開拓してね」というメッセージを送ると、男性の興奮するツボを刺激するエロチックメッセージになります。

なんといっても男性は、自分が初めて教えてあげたというように、女性の初めてになるという事や自分の影響をうける女性というのがとても好きなのです。

こんな愛人のメッセージは愛されない

また、責めてはいけないというのは、会った時だけでなくメッセージでも同様です。不倫男性から『元気?』と連絡が来た時に、『なんでもっと早く連絡くれないの?』というように不倫男性を責めてしまうメッセージをおくってしまう愛人というのも、不倫男性には、うんざりされてしまいます。

不倫男性を興奮させるエロチックな下着とは

不倫男性を興奮させる基本は、エロチックであるということが大切です。例えば、ガーターベルトは、男性にとってAVの世界のような非日常感を与えるので、愛人がガーターベルトをはいていると、とても興奮します。

紐パンツをつかったエロチックなお作法

また、紐のパンツをはいていって、『お口でほどいで』といって、お口で紐をほどかせるというのも男性の征服欲を刺激して不倫男性が興奮します。

また、男性がこんなのをはいてほしいとリクエストがあった時は、自分がよっぽどいやだと思わない時は、叶えてあげるというのもおすすめです。

私の場合ですが、全身網タイツになっているようなボディストッキングを着てほしいと、お願いがあり、それを着てあげると、彼がとても喜びました。

さらには、それを買ったことを彼が忘れたころに、普段は着ないような、パーカーとデニムのスカートというカジュアルな格好をしていって、『今日珍しいね』と彼に言わせて、脱がせたら、彼が前に買ったボディストッキングをはいていたというのも、『まだちゃんと持っていてくれたというのと、また着てくれたんだ』というように彼は興奮をしていました

外見はすごくカジュアルにしていって、脱がせてみたらすごかったというのは、 男性を飽きさせないコツ でもあります。

またいつも短いスカートを履いている女性が、たまに長いスカートを履くようにします。そして、ぬがせてみたら、下着をつけていなかったというのも男性を興奮させる方法です。

このように、自分自身も楽しみながら、男性をあきさせないように色々とエロチックな下着を考えてみてください。

 

エロチックなデートコースで不倫男性を興奮させる

毎回食事して、映画をみてホテルというような、定例のようなデートはやめたほうが良いでしょう。

毎回違うデートを考えてお互いに飽きないようにするということは大切です。

例えば、SMをしないカップルでもSM専用のホテルにいってみるとか、夫婦ではいかないようば場所にこそ不倫カップルがいって楽しい場所になると思います。