不倫男性に愛される女が実践している3つのルール

不倫をしている女性の中には、勝手に男性がどんどん追いかけてくると言っている女性と、彼から連絡が来なくて、いつも自分が愛されているのか?不安になってしまっている女性がいます。このように、同じく不倫をしていても追いかけられる女性と愛されたくて必死になってしまう女性はどこに違いがあるのでしょうか?

実は、二人の違いは僅かなところにあります。今回は不倫男性に愛されている女性が実践している3つのルールについてご紹介をします

 

不倫男性に愛される女が実践している3つのルール

たった3つの事が二人の関係を劇的に変えてしまうのです。

 

男性のプライドを理解する

男性は女性よりもプライドがとにかく高く、そのプライドは女性には想像ができないほどなのです。

その為、男性は命令をされることを嫌います。『なんでもっと連絡くれないの?』というような言い方は男性が一番嫌う言い方で、北風と太陽のように、そのようなことを言っては男性は動きません。

また不倫をしている長女に多い傾向なのですが、何の要求もしないと、男性にとっては物足りない女性になってしまいます。

物分りが良すぎる女性が愛されるのとも違います。我慢をしている分雰囲気も暗くなってしまいやすく、男性が一緒にいて居心地が悪いと感じることがあります。

 

彼に一途になりすぎない

女性は、投影能力が高いので自分の事だけを必死に愛してくれる男性を愛するようになりますが、不倫をしている男性は常に自分が頑張らないと他の人にとられるのではないか?自分は相手にしてもらえなくなるんじゃないか?と不安にさせられるような女を必死に追いかけている傾向があります。

そのためには、常に多数の男の人に『いい女』と認められるような女でいる事も彼がおいかける女性のルールなのです。

自分の周りの男友達などが、みんなあの娘かわいい、いい女と噂するような女性にかがや

いていたほうが、不倫をしている男性は追いかける傾向があります。それは、みんながいい女という女性を自分のものにしておいて周りからすごいと思われたいという願望があるからです。

その為、彼以外の男性みんながいいというような女性で有り続けたほうが、不倫男性においかけられる女性になります。意外なことに、私は他の男性とも遊びますと宣言している愛人の方が男性に追いかけられています。

 

男性がやってくれたことを素直に受け入れる

例えば、男性が何かプレゼントしてくれるといったときに、いい子症候群におちいってしまう女性は、『悪いからいいよ』と言ってしまう。

こうすると、男性は『お前にそんな能力ない』レッテルを貼られたような気持ちになる。実際女性はそんなつもりまったくないのだが、基本的に女性に尽くす方が生きがいで自分の力を証明できるチャンスなのに、それを断られるとなんだかつまらない

けれども、追いかけられる女は、笑顔でありがとう!!と大喜びして買ってもらうので、男性も嬉しい気持ちになる。

 

追いかけられる女の3つのルール

このように不倫男性に追いかけられる女性というのは、自分の価値を自分でちゃんとあげて、愛されるということを恐れずに受け入れているし、そのことに対して素直に喜んでいる。