不倫相手の彼が愛おしいと思う女性はこんな人

不倫をしている彼に迷惑をかけちゃいけないと思って、ついつい我慢をしすぎてしまったりしていませんか?

実は男性が愛おしいと思うのは、我慢をしてしまう女性ではありません。我慢をしすぎると、自分ばかりがいつも辛くて苦しくて、自分が我慢している分なんで愛してくれないの!!と最終的に爆発をしてしまったりと、なかなか不倫の恋が上手く行かなくなってしまいやすいのです。

不倫相手の彼が愛おしいと思う女性

 

今回は不倫相手の彼が愛おしいと思うのはどのような女性なのか?ということについてご紹介をします。

 

不倫相手の彼が愛おしいと思う基本

不倫相手の彼が愛おしいと思うのは、自分があれこれやってあげようと思う男性になります。

女性は基本的に、やってもらうことで愛を感じる生き物なので、不倫相手の彼にも好きになってもらう為に色々とやってあげようと思ってしまうのですが、男性は逆です。

 

あれこれ彼女ためにやってあげていると、『あれ?こんなに尽くすということは俺はこの娘が大事なんだ』と思うようになります。これは女性の脳にはなかなかない反応なのでわかりにくいところでもあります。

かといって、男性が絶対出来ないようなわがままを言い続けるとこれまた今度はうざいとなってしまいます。

 

不倫相手の彼が愛おしいと思わない女性

不倫相手の彼が愛おしいと思わないのは、同じワガママでも自分があれこれやってあげられない範囲のわがままを言う女性です。

 

不倫相手の彼が嫌がるわがまま

  • いますぐ離婚して
  • 奥さんと会わないで
  • 私とずっといて

 

こんな風に叶えられないお願いをされると、彼女の願いを叶えられない自分は駄目な人間なんだとおもって、彼女に会いたいと思わなくなります。特に男性は、自分の行動を制限されるという事を嫌う人が多いのです。

また、女性として魅力がないようなわがままも駄目です。

 

不倫相手の彼が女性として幻滅するわがまま

  • 部屋の片付けを代わりにして
  • 料理を代わりに作って
  • 私のムダ毛をそって

 

このように、男性がイメージする女性らしさが崩壊するような女性として幻滅してしまうようなわがままというのは、愛されなくなってしまいます。そして、いきなりハードルが高いお願いをするのではなく、徐々にわがままをいうようにするというところもポイントです。

 

最初にやっていくわがまま

不倫相手の彼に愛される為に最初にやるわがままは『会っている間に完結できることをおねがいする』という事がポイントです。男性は、基本的に会っている間に一番あなたのことを考えていて、その間は逆に家庭や仕事の事を忘れている状態になります。

その間は思いっきり甘えたり、あれこれと世話をやいてもらうような女性になると、男性は自分はこの女性を大事にしていると脳が勝手に錯覚をするようになります。

その為、最初にやるべきわがままは、

  • コンビニでおねだり
  • ペットボトルの蓋をあけてもらう
  • 電球を変えてもらう(家の場合)

 

など、男性が自分が男性らしさを感じられて、すぐに出来るようなことをやってもらい、やってもらったら、助かったととても感謝をするようにしましょう。

それを繰り返すうちに、もう少し大きなわがままを聞いてもらえるようになります。

 次のわがまま

  • お小遣い制ではない男性にはコンビニよりもう少し高いおねだり
  • レストランに行っているカップルは行きたいお店に連れて行ってもらう
  • ドアをあけてもらうようにする

 

というように少しずつハードルをあげていきますが、あくまで会っている間に完結出来る範囲にとどめておきましょう。これを繰り返していると、自然と男性は彼女はとっても大事な人だと思うようになります。