不倫男性が愛人をやっぱりこいつしかいないと思う瞬間

不倫をしている男性が愛人が『やっぱりこいつしかいないと思う瞬間』について実際に不倫をしている男性の意見や略奪婚を成就させた女性達の意見をもとにご紹介をさせていただきます。

不倫男性が愛人をやっぱりこいつしかいないと思う瞬間

 

『あなたなら大丈夫』という一言

不倫をしている男性が、会社で何か上手く行かなくなったことがあったり、不安になるような事があった時に、『あなたなら大丈夫』と背中を押してくれたことが、愛人と一緒に生きていこうと決めたという不倫男性は意外と多いです。

 会社で何か上手くいかない時に、妻は『だからあなたは駄目なのよ』とただでさえ辛い気持ちの時に追い打ちをかけるようなことを言うのに対して、愛人はただじっと話をきいてくれて最後に『あなたなら大丈夫』と支えてくれた時に、『やっぱりこいつしかいない』と思ったとのことです。

 その結果、妻とは別れて愛人と再婚をしたという男性もいました。このように辛い時や弱っている時に自分を信じて励ましてくれる女性に男性は弱いようです。

 

小さなことで大はしゃぎして喜ばれた時

男性は、基本的に尽くしたい生き物です。女性に何かして彼女が喜ぶ姿をみて、自分の力を感じたいと思うので、何か小さな事を彼女にしてあげた時に彼女がとっても喜ぶと、『あぁやっぱりこいつしかいない』と思うといいます。

例えばコンビニのプリンを買っていっただけでも、大喜びをしているような場合や『コンビニでプリン買ってきて』など可愛いお願いをされて、買っていくと大喜びをするような姿にとても癒されるし、こいつしかいないと思うといいます。

家庭では、毎日つらい思いをして、家族を養っていても誰も感謝をしてくれないどころか、文句ばかりなのに、彼女はこんなことでもこんなに喜んでくれるんだとキュンとするといいます。

男性は女性の笑顔をみているだけで癒やされて心地よい気持ちになるとのことです。

 

以上が不倫男性が、やっぱりこいつしかいないと愛人に対して思った例になります。