不倫男性が愛人に夢中になっている時の行動

不倫をしている男性の中には、自分が既婚者であるとか家庭に対する責任などをすべて放棄してでも、愛人に夢中になってしまうという男性もいます。

不倫男性が愛人に夢中になっていて、家庭に対する責任なども忘れてしまっているような時によく起こる行動についてご紹介をします

不倫男性が愛人に夢中になっている時の行動

この行動で不倫男性の愛人に対する本気度を見ることができます。

 

家族よりも愛人と過ごす時間が多い

一緒に過ごす時間は、自然と不倫男性の心を表しています。愛人に夢中になっている男性というのは、家族の顔をみると罪悪感があってつらいというのも理由としてありますが、家族と過ごす時間が少なくなっていきます。

 

例えば、最初は終電までには帰っていたのが、夜は家族が寝た後に帰るようになり、家族と顔を合わせないようにしだす。

その後、土日などの休日は家にいたのに、だんだん仕事とウソをついて愛人の家で休日を過ごすようになるなど、仕事以外の空いている時間を家族ではなく愛人と過ごすようになる男性というのは、愛人に夢中になっている状態です。

 

さらには、週1回家に帰るほかは全て愛人家で過ごすようになり、その後ほとんど帰らなくなります。また旅行も家族旅行は断るけれども、愛人とは旅行に行くという行動をとります。妻よりも愛人を幸せにすることの方が大事という状態になっています。

 逆に、土日などは絶対家で過ごして、妻がいる時は一切LINEを返さないなど『妻にバレない』ことを最優先にしている男性というのは、現在は家庭を壊してはいけないという意識が高い状態になります。

 このように自宅に帰らなくなるというのは、不倫男性が愛人に夢中になっているわかりやすい例になります。

 

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

家族との旅行中でも愛人にメッセージをマメに送る

家族との旅行中だったり、家族と出かけている時にマメに愛人にメッセージを送るという男性がいます。

これは、奥さんにバレるかもしれないという奥さんや家庭を守るという事よりも、愛人に嫌われたくないという気持ちが行動に出ている例でもあります。

子供とだけでお出かけの時というのは、当然愛人にLINEを送るという人は多いのですが、妻がいるのにも関わらずというところがポイントです。

 ただし、男性が愛人に夢中になればなるほど、当然妻に対する配慮がなくなるので、妻に対して不倫がばれやすくなったり、妻の怒りが大きくなって不倫がばれたときに別れさせられる可能性もでてきます。

 

少ない時間でも毎日会いに来る

愛人に対して、朝1時間だけでも早く家をでて愛人の家で過ごすようになったり、帰りにご飯を食べによるだけでも愛人の家で過ごすようになったり、Hをしなくても愛人に会いにしょっちゅう来るというのは、不倫男性が愛人に夢中になっている証拠です。

 例えば休日はジムに行くと家を出て愛人の家にいたり、休日出勤だといって家をでては愛人の家でずっと過ごしているという男性もいます。

 たとえ不倫だったとしても、愛人に対して夢中になっている男性はとにかく会おうとし、家族と顔を合わせないようにするという特徴があります。

 またクリスマスや誕生日といったイベントも家族ではなく愛人と過ごすようになります。

以上が不倫男性が愛人に夢中になっている時の行動です。