不倫男性が不倫をやめて家庭に戻る理由って!?

不倫をしていても、昔よりも離婚のハードルが少なくなったこともあり、ただ不倫のままずっと続くのではなくて、今の家庭を終わりにして、新しく不倫相手と家庭を築く男性もいれば、元の家庭に帰る男性もいます。

 不倫男性がどのような時に不倫をやめて家庭に帰るのか?今回は不倫男性が不倫をやめて家庭に帰る理由で実際に取材を行い多かったものをご紹介します。

不倫男性が不倫をやめて家庭に帰る理由

どのようなタイミングで不倫男性が不倫をやめて家庭に帰ろうとするのか?

 

愛人が結婚を迫りだし、一緒にいても癒されない

2年くらい不倫をして、この状態になり不倫をやめるという男性が多かったのですが、2年くらいたつと、最初のハネムーン期が終わり、女性も自分のこの恋愛がどこに向かっていくのか?という事を考える時期になります。このタイミングで女性の方は、自分の事を本気で考えているのか?彼との未来に将来があるのか?などと考えだし、男性に対して、いろいろと次の展開を求めだします。

その行動に、男性の方はなんだか疲れてしまって家庭に戻ります。

もちろん不倫男性の方が、家庭を捨てて、愛人と結婚をしようと思わなかったという事も、このような状態になる理由です。

その結果、不倫男性はだんだん愛人に連絡しなくなり、距離をおいていってそのままお別れをすることになります。

 

妻にバレて別れさせられた

不倫をしていて、妻にバレて別れさせられるパターンで多いものは、妻にバレて、『別れる』といったものの実は水面下で不倫が続いていて、2度目にバレた時に、妻が慰謝料請求や別居などの行動をおこし、そこで本当に愛人と別れになるというケースが多いのです。

 

男性の感覚では、恋人と家庭というのが全く別のもので、男性として家庭は維持しなくてはいけないと思っている人が多いのです。

女性の方が、結婚が恋愛の延長にあるのですが、男性は結婚=責任という覚悟を持って結婚しているケースがまだ多いです。

実は、色んなアンケートをみても、多少の誤差は、アンケートによってあるのですが、離婚を言い出すのはだいたい約30%が男性で約70%が女性となっています。男性の方が嫌なことがあっても我慢をするということが会社の中で比較的鍛えられていたり、感情で動くことが良くない事という文化の中で生きているので、社会的に与えられた家庭は維持しなくてはいけないという感覚を持っていることが多く、家庭が壊れる状態になってはじめて愛人と別れを決意するという状態になることがあります。

 

独身の彼女が別れを切り出した

女性の方が常に自分はこれからどうなるんだろうか?未来がないなら不倫をやめたいなど、常に自分がしている不倫の未来について悩んでいます。そこで、女性がもう別れようと決意して不倫男性に別れをつげて不倫男性が家庭にかえるというケースがあります。

 ただ、不倫というのは、依存傾向がとても強いものになるので、独身の彼女が悩んで悩んで別れを切り出しても、不倫男性がやさしくしたり、愛していると言い続けることで復縁になるケースも少なくありません。その為、独身女性の方から別れを切り出した場合は、別れと復縁を繰り返すことがあります。

 

以上が不倫をしている男性が家庭に戻る理由で多いものになります。

不倫している男性は、恋愛と結婚を全く別のものと考えていて、女性が恋愛のゴールが結婚と考えていることが、不倫をしている独身女性側も辛いと感じてしまって、結婚を迫ったり、別れを切り出したりなど不倫男性が家庭に戻る理由の原因となっています。妻バレの原因以外はほとんどの場合が、元をたどればこのすれ違いがきっかけになっています