不倫男性に離婚を決意させた不倫相手の特徴

不倫男性が離婚を決意した不倫相手の女性とはどのような人なのでしょうか?実際に離婚まで決意させた女性の特徴についてご紹介をします。

不倫男性に離婚を決意させた不倫相手

離婚を決意させる女性はどのような人なのでしょうか?

運命を感じさせたダブル不倫

不倫をしている男性が真面目なタイプな男性だったケースです。彼と好きなものが一緒だったり、出身が近かったりと彼との共通点が多く、彼に【運命】ということを印象付けていきました。

そこで、ダブル不倫だったのですが、先に女性の方が離婚をしてしまいました。男性は当然最初はいきなり離婚をしてしまった不倫相手の女性の行動に戸惑うのですが、彼女の決意に本気を感じて、不倫男性も離婚をしました。

この場合は、子供がお互いいなかったというのと、男性側の奥さんが男性に対して常に非難するような口調で話すので、男性は奥さんといる生活につかれてしまい、彼女と会うだけで癒やしを感じていたそうです。

 その結果、仕事も疲れて家庭でも疲れるという生活ではなく、彼女と穏やかな人生をやり直そうと決意したとのことです。

 

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

他の男性と付き合おうとした

独身女性と既婚男性の不倫の場合で、独身女性のほうは離婚を迫らずにただ彼と一緒にいる時間を楽しむようにして、既婚者の彼がどうすれば楽しむ事ができるのか?ということをいつも考えて過ごしていました。

 その結果、この既婚男性は不倫相手の女性と過ごす時間が幸せで、もっと会いたいもっと会いたいというようになってきました。

 こうやって彼が追いかけてきたタイミングで、独身女性は『私は結婚をしたいと思っていて、他の独身男性からアプローチをされている』という話をしたそうです。

 最初は、諦めようとしていた既婚男性ですが、とうとう奥さんに離婚を言い渡して、離婚をしてから彼女と再度付き合おうとしました。

このように、既婚者の彼に対して、一緒にいて楽しい、居心地が良いと感じさせてから一気に【結婚がしたいから他の男性と付き合う】という言葉が響いた例です。

 

何年もただ彼を幸せにすることだけを考えた

今度は20年も不倫を続けた例です。この不倫相手の女性は月1回男性と会うという生活をしていました。

出会った時は、女性が28歳で男性は38歳でした。ただ月1回だけ男性とあって、男性の話を聞いて、身体を重ねるという20年間の間、この不倫相手の女性は他の人と結婚することも、子供を持つこともなく、ただ男性と過ごす時間を大切にしていました。

 

その姿に既婚男性も感謝をし、定年退職前に妻に離婚をしたいという事をつげました。ただ自分の話ばかりをする妻ではなく、男性の話をきいてくれて癒やしてくれる不倫相手の女性と余生を過ごしたいと思ったことが離婚を決意したきっかけだそうです。

 

既婚男性に離婚を決意させる女性の特徴

このように、既婚男性に離婚を決意させる女性というのは、自分の話よりも不倫男性の話を聞いて、不倫男性が一緒にいて居心地が良いと感じる時間を彼に与えて、もっと一緒にいたいと思うようにさせています。

 

まずは居心地が良いと感じさせた後に、自分が離婚をしたり、他の人と結婚をしたり彼にとって何か心が動くようなひと押しをしているという事が多かったです。