袴田吉彦の不倫相手の深層心理を読み解く

ID-10081514

2017年の最初の芸能人の不倫報道は既に別居をしていると言われている俳優の袴田吉彦さん(43歳)の不倫報道がでました。本人もすぐに公式コメントとして

『この度の報道にありました通り、私事でお騒がせしてしまい大変申し訳ございません。

現在妻と別居しているのは事実ですが、この様な軽率な行動をしてしまった事を深く反省しています。お相手の女性にも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今後は娘と妻の事を第一に考え、誠心誠意父親として、夫として努力していく所存です。

関係者の皆様、そして応援してくださる皆様、ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした。

袴田吉彦』

 

というように不倫を認めています。

 

この袴田吉彦さんは、現在のアラサーからアラフォーにとっては当時10代をターゲットにした8時からのドラマ枠で出演をしていた事で、認識をされていると思います。

当時、すごく人気だった内田有紀さん主演の「時をかける少女」の相手役でした。しかも内田有紀の妹役は安室奈美恵さんがやっていたようなドラマでしたので、今考えるとすごいドラマですね。

 

そんな袴田吉彦さんの不倫報道から読み解く不倫相手の深層心理などを解説してみたいと思います

袴田吉彦さんの不倫相手の深層心理

 

袴田吉彦さんの不倫の概要

まずは、報道されている袴田吉彦さんの不倫の概要をご紹介します。

この不倫相手とされている女性は報道によると30歳のグラビアアイドルとのことです。袴田吉彦さんが、ソファーでだらしなく寝てしまっているような写真も一緒に週刊誌に掲載がされました。

現在は2017年の1月なのですが、不倫相手の女性が袴田吉彦さんに出会ったのは西麻布の美容師の誕生日パーティーで「君かわいいね」と声をかけられた事がきっかけとのことでした。

その日にカラオケに行った後、すぐにホテルで一夜をともにしたと書かれています。その時は、『近くのホテル知らない』と袴田吉彦さんが言ったため、女性側が六本木の”DESIGN HOTEL IROHA 六本木”に連れて行ったとのことです。

けれども、こんな素敵なホテルは、最初が最後でその後はずっとアパホテルだったし、袴田吉彦さんがアパホテルのポイントを貯めていたというような事を暴露されてしまいました。

報道によると、袴田吉彦さんからの連絡は2016年にぱったりとなくなってしまったとのことです。つまり、1年以上前の不倫を暴露されてしまったという事になります。

 

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫相手の女性が1年以上前の不倫を暴露する心理

現在は、そこまで深く考えていなかったかもしれませんが、当時は深く傷ついていたり、報道にあるとおり、”私は本気にされていなかった”というショックをうけているということが感じられます。

デートのほとんどがアパホテルだったという点を強調している辺りは、袴田吉彦さんに軽く扱われたということに対する怒りと、その奥に潜む悲しみや寂しいという気持ちを感じます。

ただ、本人も気づいていないとは思うのですが、この女性は恐らく下記の点から自分に対する価値がとても低いタイプの女性ということが言えます。

 

  1. 出会ったその日にホテルに行っている

有名人に”かわいい”と褒められた事に対して浮かれたという気持ちがみてとれます。ということは逆に考えれば、彼女は自分で自分に価値を感じることができないでいるような状態ということがこの行動からは伺えます。

 

  1. アパホテルを強調

自分はこんなひどい扱いをうけたということに対する怒りなのですが、自己肯定感が低い人ほど他人からの評判や態度を気にするという傾向があります。もし自分で自分の価値が高いと思っている人は、アパホテルを用意されようがあまり気にしません。

 

  1. 自分は本気に思われていなかったと自虐

自分は本気に思われてなかったですねと自分で言っていますが、本気に思われていなかったと感じながらもずるずると関係を続けてしまうというのも自分で自分に勝ちを感じられないタイプの女性にはよくある行動になります。

  4.1年以上もたってから暴露

これも、すぐに言う勇気はなかったり、もしかしたらまた関係が再開できるかもと考えていて、期待していたけれども実際はそのようなことはなく裏切られたと感じたので暴露したという可能性が大きいです。

このことからも、彼女の自信のなさが見える行動になります。

このように、今回の袴田吉彦さんの不倫相手の女性は自分で自分に価値を感じていなく、”都合のいい女”に自分から飛び込んでいってしまうタイプの女性といえるでしょう。

このような状態になりたくないという読者の方は、自分で自分の価値を感じるというトレーニングをしていると、都合のいい女にされるということがなくなります。

自分が自信を持てる得意なことはなんだろうか?ということを自分で意識してみてください。