既婚男性がlineを未読スルー・既読スルーする理由

id-100145769-1

お付き合いしている既婚男性がlineのお返事をくれなくて、未読スルーや既読スルーになるときというのは、不倫をしている女性はとても気にする人が多いと思います。

今回、心理カウンセラーの大塚統子さんに、既婚男性がlineを未読スルー・既読スルーをする時の心理について解説をしていただきました。

既婚男性がlineを未読スルー・既読スルーする理由

【大塚さんのお話】

lineで未読スルーをする心理

「男性が見たくないと思う内容を繰り返しメッセージで送ってしまうと、未読スルーになりやすいでしょう。

例えば、どうしても会えない状況の時に『会いたい、寂しい。』といった、男性にとって答えてあげたいけれども答えてあげられないメッセージは見るのは辛いでしょう。

相手の気持ちに答えてあげられない自分の力不足、あるいは要求ばかり押し付けられているような怒りなどは、男性が感じたくない気持ちなので、その気持ちを感じる元になるlineメッセージや彼女から距離をとりたくなるんです。

たとえ『お疲れ様』というメッセージでも、そのメッセージが男性の自分を責める気持ちの引き金になるようなら、未読スルーになることがあるでしょう。未読スルーは、彼女からのメッセージを見るのが辛いという無言の返事かもしれません。

大事なのは、未読スルーで傷つかずに、男性が感じている気持ちを理解していくことです。女性には誰かと話すことで自分の気持ちを整理していく傾向がありますが、男性は一人で考える時間に気持ちを整理する傾向があります。男性にとって大切な一人の時間を尊重してあげられるといいですね。

とえ『おはよういようなている女性はとても気になってしまう

彼に感じる不安を彼に解消してもらおうとする女性よりも、一人の時間も楽しめる女性になる方が、彼から見て魅力的な女性に見えると思いますよ。」

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

lineで既読スルーをする心理

「どのように返事をしていいか分からない場合に既読スルーになりやすいです。

女性は感情のやりとりに慣れているので、会話をするように気持ちのやりとりができます。しかし、多くの男性は気持ちを表現することに慣れていないので、特に気持ちのやり取りになるとどう反応していいのかわからなくなります。

どう返信していいのかわからずに、考え込んで時間がたってしまうとか、「ちゃんと返事をしなきゃ」と温めていて、そのまま返事を送るタイミングを逃すということもあります。既読スルーの多くは、どう返していいかわからない時に起こりやすいです。」

「おつきあいをしている彼がlineの未読スルーした時に、そのことでイライラしたり不安になったりするのは辛いと思います。

lineの未読スルーで悩む女性は、「私は愛されている」とか「彼にわかってもらえている」「彼に受け入れられている」などを、いつも確認していないと不安になってしまうのでしょう。仮に、「私は愛される女性だ」と思えていれば、lineが未読のままでも不安は感じにくいでしょう。

逆に、「私は愛されない」と思っていると、「本当に愛している?」と不安で、彼から愛されている証明をしてもらいたくなるわけです。

Lineが未読だと、「私のことを好きだったらすぐに返事くれるはずだよね。すぐに返事をくれないということは、好きじゃないってことでしょ。他に好きな人でもできたんでしょう?」と不安になるのなら、自分が「私は愛されない」と思っていないでしょうか。

自信がなくて不安になっているのなら、自信を取り戻していけば、彼の言動に振り回されない自分が手に入るでしょう。魅力のない女性なんていません。ご自身の魅力に気がついていないだけなのです。自分の魅力に気がついて、幸せな恋愛をしてほしいですね。」

というのが大塚さんのお話でした。既読スルー未読スルーをしてしまう既婚男性の心理もありますが、それを気にしてしまう女性にも、心理的な課題を抱えているという事があるようです。

 %e5%a4%a7%e5%a1%9a%e3%81%95%e3%82%93

大塚統子

カウンセリングサービス所属、心理カウンセラー。ネガティブな感情のスペシャリス

ト。自信回復・自己肯定、恋愛セカンド体質からの脱却、心から幸せになるサポート

を得意とする。恋愛ジャンルでは、特に不倫や三角関係でセカンドの位置での恋愛を

繰り返す女性のココロを整えるカウンセリングが好評。東京・仙台で面談カウンセリ

ングを担当、心理学ワークショップ講師。

http://blog.livedoor.jp/cs_nori/