既婚の彼氏が束縛をする3つの理由

id-100151299-1

自分には奥さんがいるのに、愛人である彼女の事を束縛してしまう人がいます。その束縛の度合いも、『他の男と遊ぶな』と可愛く拗ねる程度だったら、『そんなに私のことを愛してくれているのね』などと前向きにとらえることもできますが、会社の飲み会などにいくにも『他の男といるんだろう』『なんで帰らないんだ』『俺がこんなにいっているのに』などとずっとLINEメッセージを送り続けて、未読スルーや既読スルーになったら、鬼電をしてきてというような少し狂気地味たような束縛まであります。

自分には奥さんがいるのにも関わらず既婚の彼氏が束縛をする3つの理由についてご紹介をさせていただきます。

既婚彼氏が束縛をする3つの理由

 自分が愛されているか?テストの束縛

彼氏が自分が愛されているという自信がなくて、不安なので自分が愛されているか?テストをするために束縛をしてしまいます。

例えば、『飲み会に他の男がいるなら帰れ』なんて、職場の飲み会で言われても困ってしまいますよね?けれども彼氏にしてみれば、それでも自分のことを選んで欲しいと思うのです。

彼氏が心配するなら帰ろうとか彼氏を傷つけるなら帰ろうと自分の望みどおりに行動してくれることで自分が愛されているということを実感したいのですが、不倫相手の女性だって、『自分は奥さんがいるくせに』と思ってしまったり、職場の飲み会で上司などもいるような場面でそうそう突然に帰るなんて言えなくて、そのまま飲み会に残ってしまいます。

そうなると、今度は彼氏のほうが怒りに変わってしまうようになります。この怒りは単純に自分が愛されているか不安→テストの束縛をする→相手が自分の思い通りに行動をしてくれない→自分は愛されていないという不安が爆発

というような流れで来る怒りなのですが、男性が本当に怒った時というのは、力の差もありますし、女性はとても怖いと感じることが多いですよね。

 

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫男性ならではの特徴

このように、自分が愛されているのか不安になる人ほど、実は不倫をしやすい傾向にあるので、不倫なのに束縛というような事が起こります。自分が愛されているのか?不安で自分

 みたいな人間が愛されるはずがない、見捨てられるかもしれないと思うと、不安になって一人の女性では不安なので他にも愛してくれる女性がいないと駄目となってしまいます。このように、不倫をする男性ほど、常に自分が愛されているのか?不安になりすい傾向にあるので、自分は奥さんがいるのに束縛をするというような状態になります。

また自分が浮気をするので、相手の事を信頼することができなくなってしまい、きっと男性がいたら浮気するにちがいない、自分なんか大切にされずに、捨てられると思ってしまうので束縛をしたくなってしまいます。

 

奥さんがいても束縛する既婚彼氏

そもそも、自分のことを好きって言ってる人を失う事が怖かったり、愛していると言ってくれる人が複数人いないと不安なので、一人ぼっちになってしまう恐怖から愛人の人にも束縛をしてしまったり、自分のことを好きな人は自分のモノというような所有感覚になっているところもあるので、束縛をします。

既婚彼氏の束縛を少しずつ和らげるためには?

束縛をする彼氏に『うざい』とか突き放すようなことをいうと、もっとひどくなってしまいます。

もとは愛されているのか?不安なのでテストしているという状態なので、突き放すということは、一番怒りの火に油を注いでしまいます。自分の思い通りにいかないと、とにかく怒りになってしまうので、飲み会にいくなというのであれば、そのとおりに飲み会にいかないという行動をとらないと不機嫌になります。

けれども、『それでも私は愛されている』そのように彼が思うようになると、少し彼の気持ちが落ち着きます。

「飲み会にいくな」と言ったのに彼女は飲み会に行ってしまった。飲み会に行ったけど、他の男性に興味があるわけではなく、愛しているのは彼氏だと、束縛以外の方法で安心をさせる事を意識して行動すると、不満ながらもまた仲良くなれる事があります。

ただ、束縛がいきすぎて、DVになってしまったり、束縛されている状態が自分にとってつらいのであれば、自分がどのようになれば幸せなのか?というように自分の幸せだけを考えて彼とお別れするという方法もあります。