人に尽くす女性ほど不倫をしたりされたりする理由

id-100253553

不倫をして悩んでいる独身女性も、不倫をされるいわゆるサレ妻もどっちも実は人に尽くしていつも頑張っている女性が多いのです。

すごく頑張って、いつも自分の事を我慢して他人が喜ぶことを一生懸命にやっている人ほど、実は、無意識に率先して辛い恋愛を選択するので、結果的に不倫に苦しんだり、不倫をされて悩んだりしています。

不倫に限らず、モラハラや借金などダメ男とつきあってしまう女性というのも、みんな自分の事を我慢して他人のことを考える人たちです。

 いわゆるシタ側やサレ側と呼ばれる、不倫をしている独身女性も、不倫をされた妻側も立場が逆なのですが、心に同じパターンを持っていることが多いのです。

基本的に恋愛は、自分を相手に鏡のように映すといわれています。その為、恋愛相手である不倫男性が同じであれば、結果的に不倫をしている女性側も、不倫をされた妻も同じ心理パターンを持っています。

たとえば、飲み会では率先してとりわけをして、あれやこれやとみんなが過ごしやすいように気を配って過ごして、自分の事よりも人のことを優先していたり、いつも気の利くいい人でいようとします。

自分は我慢して人の為になにかをすることがいいことで、そうすることでしあ汗になれるというような刷り込みがなぜかされているのですが、実際は、大人になって恋愛になると、自分のことを我慢している人ほど不幸な恋愛をしてしまうのです。

人に尽くすいい人ほど不倫をしたりされたりする理由

人に尽くすいい人ほど、不倫をしたり、また不倫をされる女性になりやすい理由としては、根本的に、『私なんて頑張らないと愛されない』と思っている傾向があるからです。

頑張らないと愛されないと思っているので、周りの人に好かれるためにいい人になって周りに気を配ります。

そして、恋愛は基本的に自分の姿と同じ人を引き寄せるので、やはり『自分なんて』と思っている男性を引き寄せます。

そして、『自分なんて』と自分に自信がない男性は、自分の自信を確かめるために『俺は既婚でも、他の女性を口説いたらつきあえるのか?』とか『俺みたいな駄目なやつはたくさんの女性がいないと捨てられる』という無意識の深層心理を使って、自分に足りない自信を不倫を通して埋めようとします。

また、『自分なんて』と思っている男性は、『自分は女性が喜ぶことをしないと愛されない』という思いがあるので、告白やデートがロマンティックで女性が喜ぶようなものになります。

 その結果、『私なんて』と思っている女性にしてみれば、人生でこれほどロマンティックに自分の事を愛してくれる男性なんていないわというようになってしまうのです。

このように不倫の周りには『私なんて』という気持ちがたくさん渦巻いているのです。

不倫された妻の傾向

サレ妻で一番多いのは、家事や育児を自分で全部背負ってしまって家事も育児もがんばらなきゃ、全部やらなきゃと思っている人ほど、不倫をされやすくなってしまいます。

サレ妻自身も、無意識に『私なんて、頑張らないと愛されない人間なんだ』と思っているので、頑張って愛されようとします。

そして、頑張らないと愛されないと無意識思って生きていた女性は、同じように『自分なんて』と思っている男性を引き寄せることが多いです。つまり頑張りすぎて不倫される妻の不倫する不倫をする夫も『自分なんて』という思考を根底にもっています。

けれども、頑張れば頑張るほど、旦那には不倫をされてしまって、自分がものすごく傷ついていることを理解してもらえずに苦しんでしまう人が多いのです。

そして、『私がこんなにも傷ついたのに理解してもらえない』という思いが結果的に不倫に対する憎しみになったり、旦那に対する憎しみに変わってしまいます。

『自分なんて』と思っている男性が必ずしも全員不倫をするわけではないのですが、不倫する男性は、ほとんど『自分なんて』という思いを心の底に持っています。本人はもちろん、気づいていない事が多いので、本人にいってもほとんどの場合は理解をしていません。

 そして、家庭の中で、頑張りすぎている妻は、結果的に家の中で夫の活躍する場面を奪っていますし、自分がものすごく頑張っている分、旦那が働いてお金をいれているなど旦那がやっていることを感謝する、褒めるという事も少なくなります。

だって私もっと頑張っているのにその程度なのと思ってしまうからです。無意識なのですが。

 そうなると、もともと『自分なんて』と思っている男性は、家庭の中でますます『自分なんて』という思いをつよめてしまって、結果的に他の所でそれを埋めようとするのです。

既婚なのに、口説いたら上手くいった俺ってすごいっていう事で『自分なんて』という心を埋めようとする男性もけっこういます。

 なかには、どうせ自分なんて愛されないと思って、不倫や借金などどんどん愛されない行動をとって、自分は愛されない人間なんだという事を証明しようとする人もいます。

家庭の中で、家事や育児などいろんなものを一人で頑張るということは、もともと自分に自信のない男性の活躍の場をうばって、不倫にはしりはすくさせてしまっているという傾向があります。

不倫をしている女性の傾向

同じく、どうせ自分なんて愛されないと思っている男性に、アプローチされて好きになる女性もまた、『どうせ自分なんて』という思いを無意識に持っています。

さきほど、ちょっと書きましたが、『既婚だし、自分なんて女性がすごくよろこぶことをしないと愛されない』そんな風に思っている男性は、女性を口説く時にとてもロマンティックなことをいったり、熱心に女性を口説きます。

そうすると、もともと『自分なんて』と思っている女性にとっては、『自分の事をこんなに愛してくれる人はほかにいない』と思ってしまいます。

自分みたいな人をこんなにい愛してくれるなんてとおもって、恋がはじまってしまいます。そして、自分みたいな人間を、奥さんがいてもなお愛して求めてくれる男性というのは、不倫をしている女性にとって特別な存在で、これがもともと『自分なんて』と思っている女性にとっては、依存を加速させてしまう原因になります。

不倫というのは、ほとんどの場合がものすごく彼の事が好きと脳がおもうように仕組まれた依存であることが多いのです。

その為、不倫がダメとか不倫が悪い事だというたびに不倫をする人は増えますし、不倫をしている人はやめられなくなります。