不倫男性がデート中つまらなそうにしている時の対処法

id-10070637

もっと愛してほしいとか、もっと不倫男性から連絡がほしいとか自分が愛されているということを感じたくて必死になってしまうと、不倫男性がデート中につまらなそうになっているだけでイライラしたり、悲しくなったり、不安になってしまったりしないでしょうか?

実は、彼がつまんなそう=私って愛されていないんだ、私に飽きてしまったんだというような心理傾向が実は不倫をしている女性には多いのです。

彼に愛されていないのではないか?と不安になってしまって、感情的になって彼にあたってしまったり、彼に『なんでもっと連絡をくれないのよ』と自分が愛されていない、寂しいという気持ちに、自分で向き合わずに蓋をして、怒りとして彼にぶつけてしまって彼との関係を悪くしてしまうということがあります。

最初は別にあなたのことが嫌いなわけではなかったのですが、一緒にいる時間が責められたり泣かれたりすると面倒くさいなと思って楽しくないなと思ってしまうようになります。

そんな時は、ちょっと自分の不安を気にしないでまずは不倫男性を笑顔にさせるということに集中してみませんか?

与えてほしいとおもったら、先に与えるというのが恋愛では基本になります。不倫男性に一緒にいて楽しいと思ってもらうために彼が喜ぶ事をしてみましょう。

デート中に彼がつまらなそうだなと思ったらやること

マッサージをしてみる

不倫男性の身体をほぐせる女性というのは、心もほぐしてしまいますし、マッサージというのは、やっている方も癒やされる効果もあります。不倫から略奪をするために、わざわざ足裏マッサージを彼のために勉強しにいって結果的に不倫から略奪をしたという女性もいます。

また、予約がとれないヘッドスパとして話題のお店のスクールなどは、土日限定コースなどもあるので、土日にヘッドスパを勉強して彼からの連絡だけをしたすら待って辛い思いをしなくてもよいというポイントがあります。

いきなり自分のために行動するということが、不倫をしていて悩んでいる女性にとっては難しいことが多いので、不倫男性を喜ばせる為ということをきっかけにしてでも、新しいことを勉強したり、自分が楽しいと感じるようなことを見つけられるようになると、土日をお勉強の時間や習い事の時間に使えるようになってきます。

不倫男性が喜ぶ会話

不倫男性にふると喜ばれる会話についてご紹介します。不倫をしている男性とお話をしていると、突然目を輝かせるお話の種類があります。それは、女の扱いが下手な男性の話です。

不倫男性に限らず、芸能人のゴシップをはじめ他人の話しに全く興味ないような理系男子でも、男性みんなだいすきなのが、駄目な他人の男の話です。

自分以外の男性の駄目な話を女性がすると、すごく目が輝きます。

特に不倫男性は”自分に自信がない”という深層心理をもっている確率が大きいので、「同じ会社の同期の男は、レストランに一緒にいってもドアもあけてくれないのよ。あなたは当然のようにスマートにドア開けてくれて素敵なのに」

なんて一言をそえて彼の目をみてください。不倫男性は特に「女性にモテる」「女性の扱いがうまい」というところにこだわりがあるので、このように他の男性の「女性の扱いが下手な話」はとっても喜ぶのです

男性は本当に競争が好きな生き物ですね。

不倫男性が得意な事に質問をしてみる

不倫男性が得意な事ってどんなことでしょうか?お仕事の事でもいいですし、釣りが得意だったら釣りでもいいのですが、男性は自分の得意なことを女性に教えて「すごい」と喜ばれるということを嬉しいと感じます。

 その為、「わからない!教えて」が実は男性にとっては喜びなんです。しかし、ただ教えてもらうだけではなく、その後思いっきり褒めて喜んであげるというご褒美を男性に与えるということが不倫男性にとっての快楽になります。

そうやって、不倫男性に快楽を与えると不倫男性が愛人と一緒にいて楽しいなと思う気持ちが強くなってきます。

不倫男性がデート中つまらなそうな時にやってはいけないこと

逆に、不倫男性がデート中につまらなそうだなと思ったらやってはいけないこともあります。それは、不倫男性に気に入られるためにあれやこれやと尽くすということです。自分が楽しんでやるのか?それとも彼に気に入られるためにやるのか?という自分の気持ちのもちかたが不倫男性には大きく伝わってしまうことが多いのです。

その為、自分が楽しみながらマッサージなどをするのはよいのですが、マッサージをしなくては嫌われてしまう、頑張らない自分は愛されないんだという自分が愛されていないという不安からかれこれと彼の世話をやくというのは、不倫男性にとって余計に疲れる行為になってしまいます。

以上が不倫男性がデート中につまらなそうにしているときにもっとあいされるためにやることです。