マリッジブルーで結婚直前から直後に浮気をする心理

id-10040370

マリッジブルーというのは聞いたことがあるでしょうか?結婚が決まっていたり結婚直後に浮気をしてしまう人って実は少なくないのです。

どちらかというと、男性の方がこのマリッジブルーで浮気に走ってしまう人が多いのですが、女性の方は『結婚』に対して、幸せの象徴のようなイメージを抱いている人が少なくないので、そんな時に結婚相手の彼が浮気をしたという事を知ったら、結婚生活の最初から不信感で、その後の結婚であちこちで不信感が飛び出てきて、結婚生活を送ることが大変になるかと思います。

また浮気相手である女性も、男性がなぜ結婚が決まっているのに浮気をするのか?不信に思いますよね?今回は結婚直前や直後に浮気をする男性心理と女性の心理などについてご紹介します。

マリッジブルーで結婚直前直後に浮気をする心理

男性のマリッジブルーの浮気の心理

男性が結婚直前に浮気をする心理というのは、プレッシャーによって浮気をしてしまうという事があります。

これは、男性と女性の結婚に対するイメージに大きな差があるので、女性にはなかなか理解がしにくいところではあると思いますが、女性にとっては幸せの象徴だったり勝ち組というようにポジティブなイメージの方が多い結婚でも男性にとっては責任だったり、もう自由にできないという重みのようなものというイメージが強いのです。

また、男性は自分でプロポーズをしたのにもかかわらず、両家の挨拶とか結婚式の決定や新婚旅行の決定から、新居の決定など、いよいよ結婚が現実味をおびてくると、結婚に対する恐れや不安がでてくるようにもなります。

親にも挨拶をすると、“逃げられない”という気持ちにもなってきます。

その結果、結婚前に最後羽を伸ばしたいとか、そのようなプレッシャーからちょっと解放されたいという気持ちで、浮気をしてしまうという人がいます。された方は

された方は本当に悲しくイライラしますし、結婚をすることを知らされていないで付き合っていた浮気相手の方もショックをうけることが多いのですが、男性の心理としてこのようなことが起こることがあります。

原因は、男性の自信のなさによるところが大きいので、普段から女性が男性をたててあげるということで、浮気をする可能性というのはぐっと減ります。これと同じように、男性の方が一般的に見て学歴が低いなど、女性が男性の事を馬鹿にしているような場合も、同じ理由で、男性が浮気にはしりやすくなります。

馬鹿にされたくなかったら、それなりの態度をとったり勉強をしたりという事をすればいいのにと思う女性もいるかと思うのですが、それよりも他の所に逃げたいとか、自分の事をちやほやしてくれる女性が欲しいと思ってしまうのです。

この結婚前後に浮気しても、夫婦としてやっていけることもありますし、逆に浮気相手の方にそのまま逃げるという事もあります。

どちらにしても、大変なことにはなるので自分がどうしたいのか?という事を考えることが大事です。