既婚彼氏の別れたいサインと彼女の別れをひきとめる行動とは?

id-100311618

不倫をしていて、既婚彼氏が別れたいと思っている時というのはどのような時でしょうか?既婚彼氏が別れたいと思っているサイトと別れたいと思っている理由や別れを告げる彼女に対する引き留める時の行動など、既婚男性との別れに関してご紹介をします。

既婚彼氏の別れたいサインと別れたい理由

LINEで見抜く既婚彼氏の別れたいサイン

既婚彼氏が別れたいと思い出したときというのは、LINEでの連絡が一気に少なくなり、未読スルーが増えてきます。既読スルーの場合よりも未読スルーの方が、別れたいときのサインとしては大きいようです。

また、前は頻繁に既婚者の彼の方から来ていたメッセージが、一気に少なくなるというのも別れたいというサインになります。

通常の独身同士の恋愛であれば、男性が連絡をしなくなるということが慣れだったり、安心をしたことが理由になりますが、不倫という恋愛形態の場合は、安心だけではそもそも続かない関係で、ドキドキした恋人っぽさは不倫という関係を続けるうえで大事なポイントでもあるのにもかかわらず、既婚男性がそれだけ手を抜き出したというサインです。

行動で見抜く既婚彼氏の別れたいサイン

行動で見抜く場合、既婚男性がなかなか自分から会おうとしなくなります。そして、愛人の方から「いつ会える?」としつこく言われてしぶしぶ会うというような状態になります。

「仕事で疲れている」といって、会う事を拒みだすのも既婚男性の別れのサインになります。本来既婚男性は、仕事と家庭で疲れているからこそ、愛人に会って少しでも癒されたいと思い、仕事が忙しくても無理に時間をつくって会おうとする会いたい気持ちが大きい時は既婚男性が愛人に熱中をしている瞬間でもあるのですが、疲れているという事を理由に会わなくなるのは別れのサインになります。

また、愛人と会ってもあまり楽しそうではないので、ご飯だけ食べて、「仕事に戻るから」といって、そそくさと戻ります。

別れたいと思っているけれども、今愛人に別れを切り出すと手がつけられなくなりそうなので、徐々に距離を置こうとしているという事が分かります。もちろん本当に忙しい合間にちょっと抜けてきたという事もあるのですが、この場合は楽しそうにしているか?そうでないか?という事で、別れたいと思っているのか?そうではないのか?という事が分かるようになります。

また明らかに楽しそうではないからといって、「楽しそうではない」などと、愛人の方が直接既婚男性に対して指摘を行うという事は、既婚男性の別れたいという気持ちを加速させてしまいます。

 その場合は、自分がもっと既婚者の彼を楽しませるように喜ばせるように考えないといけないなとおもようにしましょう。

既婚彼氏が別れたいと思う理由

愛人に会っても、「いつ離婚するの」「なんでちゃんといったことやらないの?」などと愛人に責められると一緒にいても辛いと感じて、あまり会いたいと思えなくなってしまいます。愛人の方が、自分から愛を与えようとするのではなく、不安になってしまって、とにかく私の事を愛している証拠を頂戴と、既婚男性に求めている状態が既婚男性が愛人との別れを決意するもので一番多いパターンです。

もともと独身女性と不倫をする既婚男性というのは、自己中心的な考え方をする傾向が強いので、自分にとって都合の悪い事はなぁなぁで過ごそうとしてしまうのですが、そのことが独身女性にとっては、不安になる材料でもあり、このような事が起こってしまいます。

また愛人が責める以外の理由の場合は、自分の妻にバレたもしくは妻に不倫がバレそうというのが、既婚男性が不倫の状態で別れたいと思う理由になります。

ほとんどの場合は、この2つになりますので、何か自分が好かれていないような気がすると思った人は、まずは自分が彼に対して癒しを与える事や笑顔でいる事を意識して、既婚男性が一緒にいて癒されると思うようになる事に徹すると、また既婚男性の方から寄ってくるようになります。

既婚彼氏の別れたいを回避する方法

自分から別れられないからいっそふってほしいという不倫に悩んでいる独身女性は多いのですが、いざフラれそうになるとやっぱり捨てられたくないという人もいます。

そんな風に、既婚男性に別れを告げられたくないと思っている女性が、別れを回避するテクニックについてご紹介します。

・都合のいい女になりたくないという気持ちを捨てる

なんでもかんでも既婚男性のいいなりになると、都合のいい女になってしまうのではないか?という不安から、既婚男性に自分のいう事を聞かせて安心したいと思ってしまう独身女性は、面倒くさいと既婚男性に思われて捨てられやすくなります。

都合のいい女になりたくないと不安になってしまっている時点で実は自分で自分の事を、『私なんてどうせ都合のいい女ぐらいの女』と無意識に思ってしまっているので、このように、不安になってしまいます。

しかも、その不安になっている自分を傷つけられたくないので、ついつい既婚男性に対して強がってしまったようなきつい言い方をしてしまって余計に既婚男性の心が離れていってしまいます。このように“都合のいいおんなになりたくない”という気持ちは既婚男性と付き合う上で、とてもやっかいですし、余計に都合のいい女になりやすくなってしまいます。

また、既婚男性に対してこの気持ちがある限り、素直にいろいろお願いする事ができなかったり、なにかお願いする時は、「○○ぐらいしてくれてもいいじゃない」というように、強い命令口調になってしまったりと、独身女性から、可愛げと素直さなど全てを奪うのがこの“都合のいい女になりたくない”という気持ちになります。

このように、思ってしまっている人は、自分の事を大切にできていないサインでもあるので、もう少し自分が嫌だなと感じるものは取り除いて、自分が心地良いと思うものに囲まれるようにするなど、自分の感性と気持ちを優先した生活を送るという事が大事になってきます。

自分の優先時間を確保して、自分の為になにかしてあげる時間を持つことが結果的に既婚男性からの別れたいという事を回避する方法でもあります。

彼女の別れたいをひきとめる既婚男性

彼女が別れたいといった時になんだかんだといってひきとめる既婚男性がいます。このタイプの男性は、自己中心的なタイプの男性が多いのですが、そのやり方も、普段は「他に好きな人ができたなから仕方ない」とか「他の人ができたらいってね」というように、なんだか一歩ひいたような態度をとるのですが、独身女性が寂しくてつらい時に、分かっていてすごく優しくして、直接ひきとめるのではなく、独身女性が離れられなくしてしまいます。

本当は、独身女性側が、直接ひきとめるのではなく、離れられなくして、この不倫の恋を自分手動ですすめることができれば、不倫を辛いと感じる独身女性が減るのですが、不倫になやんでいる独身女性というのは、ついつい受け身になってしまう事が多いのです。

頑張って、「別れる」といってみても、寂しい辛いと思っている時に優しくされてフラフラとまた戻ってしまうという事を繰り返します。

このタイプの既婚男性は寂しがり屋だったり、自分に自信があるようでないのですが、自分で逃げ道をつくっていて「他に好きな人ができたらいってね」とか「結婚はちゃんとしないとね。応援するから」などとふざけたことを平気でいって、それを了承しても自分のところにきたと自分で自分に勝手に言い訳しています。

このような男にダラダラと付き合って本気にしていて後悔したというタイプの独身女性もいるので、“他に好きな人ができたら僕はいつでも身をひく”などと都合のいい言い訳をどうどうといってのける男には、期待をしない方がよい。どんなにやさしくして、甘い言葉をいったとしても、薄ぺらくて一番大事なのはこのタイプの既婚男性が一番大事なのはいつもいつでも自分なので、自分の立場が悪くなって来たりすると、あっさりと手のひらをかえすような信用できないタイプでもある。

ただ、権力とかそういうものに弱いという一面もあるので、社会的地位や金銭面で強いカードを持っていると、愛人の方にすり寄ってくることもあるが、不倫をする上でもっとも期待しない方がいいのがこのタイプの男性だ。