不倫相手の彼の既読スルーが気にならなくなる方法

id-100445463

付き合いはじめや付き合う前は不倫相手の彼から1日何十件も大量にLINEメッセージが来ていたのに、だんだんと不倫相手の彼からの連絡がこなくなってきて、不安になってしまう。

そんな時にどうやれば不倫相手の彼の既読スルーや未読スルーが気にならなくなるのか?男心研究家の愛花さんに教えて頂きました。

 不倫相手の彼の既読スルーや未読スルーが気にならないテク

【愛花さんのお話】

自己肯定感が低いとその分を彼に埋めてもらいたくなる

不倫相手の彼からの連絡がいつくるのか?気になってしまうという人は自己肯定感が低いという事が問題になると思います。

 自分で自分に価値があるんだと思えないので、その分の心の穴を不倫相手の彼からの連絡で埋めてもらおうとしてしまいます。

自分に自信をつけるという事が、不倫相手の既読スルーや未読スルーが気にならなくなる方法です。

自分に自信をつけるという事が大事なので、例えばオシャレやメイクを研究して自信をつけて外見から中身に自信をつけていくという事がおススメです。

きちんとお手入れをしてあげるとそれだけでも自信につながります。

 連絡が欲しいとか、相手ありきで合わせるのではなく自分がやりたいことをメインでやっていて自分の時間を満喫していれば、そこまで連絡がないないという様にはならないですよね。

 まずは自分を大事にしていると、既婚者の彼が大事にしているものも受け入れられるようになってきます。

 自分が、既婚者の彼の事しか大事にしているものがないような状態ですと、既婚者の彼が自分以外の事に時間を使う事も許せないという様になってしまいます。いつも彼から連絡が来たらとんでいくような人ほど、彼の友達の時間なども奪おうとしてしまいます。

 けれども、自分が友達の時間なども大切にしていれば、「友達の時間も大切だよね」と思えるようになります。

ずっと既婚者の彼からの連絡を待っているような女性というのは、逃げられてしまいます。重すぎて、既婚者の彼は重すぎるものは苦手ですし、逃げたいと思ってしまいます。ディズニーランドってキラキラしているから行きたいと思うのであって、どよーんと暗かったら行きたいって思わないですよね。人って、キラキラ明るいものが好きです。

既婚者の彼に求め続けらる女になるには?

女らしさって器だと思います。その為、気を使えて、女らしい仕草という事が大事だと思います。女らしい仕草だなと思われる為には、ゆっくりとした動作がポイントになります。ゆっくり物を持ったり、ゆっくり物を置くというような事です。

女性って意識していないと、ガンってコップを机に置いてしまうという事があります。そーっと物を扱う習慣をつけるだけでも、上品に見えるようになりますよ。

恋愛が上手くいっていない女性というのは、ちょっとガサツなところがある人が多いと思います。

コップを隅に寄せるというような動作でも、両手を添えてコップをもってゆっくり端に動かすというような事だけでも美しくなります。

男性は細かいところはみていないのですが、全体の雰囲気としてみていて、全体の雰囲気が女性らしいと印象に残ります。

その女性らしさを持ち続けていると、男性にとって女を感じるようになるのでいつまでも求め続けてくるようになります。

動作だけでなく、言葉遣いも大事です。私はぶりっこを推奨しているのですが、なんでも可愛く言った方がいいと思います。

特に「ありがとう」って言葉はかわいく声を高くしていうと、男性が嬉しい気持ちになってまた何かしてあげようかなと思うようになります。

またマッサージも効果的ですが、マッサージをする上で一番気を付ける事は、今日は既婚者の彼がどこがこっていて、どこをマッサージすると喜ぶのか?というように相手の喜ぶポイントをみつけることになります。

例えば、PCの作業をずっとやっていたら目が疲れるので、一番こっているところは首です。営業でずっと歩き回っていたら、腰か足が疲れていると思います。

また、腰が痛い時は、無意識に既婚者の彼も腰を抑えるという事がありますので、どこが既婚者の彼が疲れていて、マッサージをすると喜ばれるのか?見抜くという事が大事です。

「頭疲れていそうだね。マッサージする?気持ちいいよ」と一言声をかけてあげてマッサージをするといいです。テクニックにこだわりすぎると、見返りを求められている感じがするので、気持ちをこめて行うという事が大事です。

単純に既婚者の彼が大好きだから、彼の事をいたわってあげる気持ちを持つという事が大切です。見返りを求めて、疲れている彼に自分都合でもっと動いて『もっと愛して』とばかり要求をしていたら駄目ですよね。自分のモノではなく、彼には彼の人生があるという事をわきまえておかないとだめですよね。

「俺を変えようとしている」という事はハッピーではなく、「俺を変えようとしている敵」だと既婚者の彼に思われてしまいます。

自分を受け入れてくれないのに「あれしろ」「これしろ」って言っているということは既婚者の彼にとって居心地がよい女性ではなく必要がない人になります。

そうなってしまうと、既婚者の彼からの連絡が減ってしまったり、会いに来なくなってしまうという事が起こるのです。

奥さんは、結婚すると自分のモノという様に感じるので、自分の夫にあれこれいってしまいやすかったり、自分の親に好きなように色々と発言する事ができます。

それと同じように家族になると、実家にいるような恰好を平気でしてしまったり、親にいうように、夫に対しても色々といってしまうというところがあります。

その結果、自分の思い通りにならないとむかついて起こってしまうという状態になります。相手の為によかれとおもって言っていたとしても結局は自分都合だという事を忘れない方がいいと思います。。

 外見で女らしさをアピールするには

「外見で女性らしさをアピールするには、くびれをつくるという事になります。ウェストだけでなくあごのラインとか、全て曲がっているところはくびれになるので、男性はとにかく曲線が好きなので、曲線を意識するといいです。

おしりとかのボディーラインがみえるようにするとか、ウェストをベルトでしめるというようにお洋服で調整するという事も良いと思います」

既婚者の彼が触りたくなる肌つくり

「既婚者の彼が触りたいと思うような肌を作るという事も、既婚者の彼からもっと求められる女になる為には大事です。

馬油が導入剤の代わりにもなりすごくおススメなのですが、馬油を塗ってもらって、その後に化粧水、乳液、ボディークリームを塗るという事がおススメです。

お風呂上りに濡れたままでまず馬油を身体全身に塗ります。その上で、化粧水をつけて、乳液をつけて、最後に香りづけだけのボディークリームを塗ってあげるとよいです。とにかく男性は、柔らかくハリがある肌を求めるのでお勧めです。

馬油って実はデリケートゾーンにも使う事ができるとってもおすすめの商品です。」

というのが愛花さんのお話でした。馬油をボディーに塗り込むという事を早速実践してみたところ、カサカサで肌がコンプレックスでも、すぐに肌が柔らかくモチモチになったのでお勧めです。


愛花

14793845_359512981050102_1682591166_n

昼も夜も愛される女になる「男心の専門家」40歳でも、予約の取れない風俗嬢として活躍した、伝説のNo1元ソープ嬢。2万人の経験から、男性の、心も体も知りつくし「男心の専門家」となる。