蠍座の新月でスーパームーン前に不倫ネガをデトックス

id-10082072

蠍座の新月が10月31日2時38分にやってきます。新月のお願いをすると叶うというのは知っていますか?

新月というのは、スタートのエネルギーにあふれる月なので、なりたい自分になれるようにお願いごとをすると叶うといわれています。しかも、今回の蠍座の新月というのは、嫉妬とか束縛といった激しい感情と関係している星座なので、そのようなことに関する願い事が叶いやすいのです。

蠍座新月で、不倫ネガをデトックス

蠍座新月のお願いの仕方

まず、一番願い事が叶いやすいのが、2時.38分から10時38分の間になります。この間に神におねがいごとをかいて、それを机にしまい、書いたことを忘れていると願いがかなうといわれています。ただし、願い事の書き方に注意点があります。新月のお願いの仕方というのは、既にかなったあとのことのように書くという事がポイントになります。

不倫ネガのデトックスが叶った後の書き方にする

例えば、『彼に対して、LINEが来なくてもイライラしませんように』というような書き方でもなく、また、イライラしませんというようにネガティブな言葉を使ってはいけないというルールがあります。この場合の、正しい書き方は、『彼に対してどんな時も心穏やかに接することができます。ありがとうございます』

というように、先にお礼をいってしまって、既に願いがかなった後のような書き方をするというところがポイントです。

不倫ネガのデトックスの主人公は自分

このお願いの書き方は、『彼が奥さんと別れますように』というように、彼が何かをするという書き方はお願いが叶いません。

あくまで、自分が主人公で自分がなりたい自分になるという書き方が新月のお願いの仕方の基本になります。

蠍座の新月にかないやすい願い事。今回の蠍座の新月は、収穫祭であるハロウィンとも日程がかぶっていて、悪霊を取り払うとか、自分の邪念を協力に取り払う力があるといわれています。

不倫をしていると、奥さんや彼と土日を一緒に過ごす家族に対して嫉妬をしてしまったり、どうせ自分なんて屑女だというように、不倫をしている自分を卑下してしまったり、ネガティブな感情にあふれやすくなってしまうのが不倫の恋なんです。

そんな不倫の恋のネガティブな感情を次の新月のお願いのタイミングでとりはらうようにしましょう。蠍座は、強い感情の星といわれているので、『ソウルメイト』『ソウルレイ』に関する願い事が叶いやすいかったり、嫉妬の感情をデトックスしたいというような願い事が叶いやすいといわれています。また『セックス』に関する願い事も叶いやすいといわれているので、今度の蠍座の新月は不倫のネガティブな気持ちをデトックスして、次のスーパームーンに備えるのにはぴったりなんです。

蠍座の新月の不倫デトックスの書き方

蠍座は、深い関係やセックスや嫉妬などの感情に関する願い事が叶いやすい新月になりますので、お願いごとの例は下記のようなものになります。

  • 私は○○と穏やかで良好な関係が築けています
  • 私は○○の事を心から信じることができています
  • 私は、○○の家族への嫉妬心を解き放っています
  • 私は、○○への感情を上手くコントロールできています

というような願い事になります。

11月14日のスーパームーンに彼と仲良くなるためにするべきこと

さらに、来月の11月14日にはスーパームーンと呼ばれる、すごく大きな満月になる日になります。スーパームーンは毎年起こるのですが、今年は、去年よりも地球に接近するので、強いパワーを得ることができるチャンスなんです。

この時に、ネガティブなパワーに支配されていると、そのネガティブなパワーも大きく増長されてしまいます。

満月の時は、感情が荒れやすいというのを聞いたことがないでしょうか?今回はさらに地球に近づくスーパームーンになりますので、心の中にある感情がより大きく膨らみやすいのです。

満月は、自分がもっているエネルギーを大きくする力があるのですが、その時にもともとネガティブな感情をもっているとそのネガティブな感情がおおきくなってしまいます。

その為、事前にデトックスをしておかないと、既婚者の彼に対しての不満やネガティブな感情が爆発してしまいやすいのです。

逆にこの11月14日前にしっかりと新月の時に心のデトックスをしておいて、11月14日はもう楽しいことしかしないと決めておけば、その楽しいという気持ちをスーパームーンのパワーを使って大きくするという事ができます。

もうすぐやってくる月をつかった不倫ネガティブのデトックスをやってみてください。