現役探偵が教える!浮気調査の全て

id-10050304

数々の不倫・浮気の調査を行い調査結果だけでなく,心理学を駆使して、依頼人の望む結末まで導くイケメン探偵として数々のメディアにて話題の今野裕幸さんに浮気や不倫調査について徹底機にお伺いをしてみました。

現役探偵が教える!浮気と不倫の調査について

【今野さんのお話】

現在の不倫と浮気の調査に関しては、男性が女性の浮気に関する調査の依頼をするケースも増えてきています。

現在は女性が男性の浮気を調査してほしいという依頼がだいたい6割、男性が女性の浮気を調査してほしいという依頼が4割程度の割合になります。女性の浮気が昔よりもバレやすくなっているという事が特徴としてあげられます。

妻の浮気調査依頼が急増した理由

その理由は、近年では、スマホやカーナビなど、機械があまり得意ではない女性が機械に管理されて浮気をするようになったため、結果的に妻の浮気がバレやすくなったからです。カーナビの履歴やスマホにパスワードをかけていても、ショルダーハッキングといって横からみえてパスワードがバレて、そこから妻の浮気がバレていきます。

もともと旦那は妻に対する観察の目が研ぎ澄まされていないのですが、子供や旦那の両親が妻の様子が何かおかしいと気づいて、旦那に報告。それから夫も意識して妻の行動を観察するようになって結果的に妻の浮気がバレる事が多いのです。

主婦と働いている既婚女性では、働いている既婚女性の方が浮気の頻度は高く、男性もいるような職場で働いている方の不倫が多いです。

特に、医療機関や介護施設や学校など先生と言われるような人たちがいてストレスが溜まりやすい職場環境の場合、男女で共感できる不満やストレスが沢山あって、その事から不倫に発展する傾向がみられます。配偶者側が浮気や不倫を疑うきっかけになる相手の行動に関して、男女別に紹介します。

妻が旦那の浮気を疑うようになる夫の行動

  • 帰宅時間が遅い
  • 無断外泊が増える
  • 朝帰りが増える
  • スマホをお風呂やトイレに持ち込む
  • 寝ている時もスマホを枕の下に隠す
  • LINEのパスワードをかけるようになる
  • 洗濯たたみ方や食器を洗うスポンジの置き方がいつもと違う ※妻の不在時に女性を連れ込んでいる

旦那が専業主婦の妻の浮気を疑うようになる妻の行動

  • 昼間家に電話しても電話でない
  • 日中どこいっていたの?と聞くと友達とご飯など友達とごまかす
  • スーパーの総菜が食卓に並ぶようになる
  • 急にパートをしたいと言い出す
  • ご飯食べ終わった後にスマホをいじりだす

専業主婦の不倫の一番多いパターン

子供を8時か9時頃に学校や保育園に送り出し、そこからスーパーの駐車場で待ち合わせという不倫が専業主婦の不倫で多いケースです。

そこで、帰りに夕食の総菜をそのまま買っていく人もいます。15時には帰るようにしていても、もうちょっと長くいたかったのか、だんだんと時間が遅くなってしまって夕食を作れなくなってしまって、ピックアップしてもらったスーパーの駐車場でまたおろしてもらうのですが、そこのスーパーでそのまま総菜を買ってくるという事になります。

また今までずっと主婦だったのにもかかわらず、突然パートをはじめたいと言い出す人がいます。デートをするにはデート代を稼ぐことが必要になるからです。

旦那が働いている妻の浮気を疑うようになる行動

  • 帰りが遅くなる
  • 下着が派手になってきた
  • 持ち物にこだわりだすようになる。

上記のような事がきっかけで浮気をうたがうようになり、探偵に浮気調査を依頼されることが多いです。

探偵に浮気調査をする場合の料金体系

SNSやLINEなどで不倫相手がだいたい特定する事が出来ていれば、調査する時間も短くて済みます。

浮気調査の後、どうしたいのか?という事もあります。

例えば、『慰謝料を請求しないから別れて』という交渉を不倫相手とするパターンと慰謝料請求を離婚覚悟でもするというケースがあります。

2回~3回ホテルや相手の女性の家に行っている時の写真とデートをしている写真が用意できるくらいの慰謝料が請求できるレベルの証拠集めで3日稼働をして、30万~50万円位です。女性の部屋に入る瞬間の写真と、その前後食事している写真やキスしていたりというデート写真を撮ります。

他の会社だと、毎日調査して、調査員もたくさん用意して1週間で400万円位必要というようなプランをたてるような会社もあるので、この金額でどこでもできるわけではないですが、弊社の場合は、30万円~50万円で、弁護士がびっくりするような報告書をつくっています。

弁護士もびっくりする不倫写真

ある程度の警戒心とお金を持っている不倫カップルというのは、ラブホテルを使うという事はありません。シティーホテルをちゃんと使います。

ホテルや高級旅館にはデイユースという2時間~3時間だけ部屋を使えるプランがあります。ホテルの場合は、荷物を置いたり、昼寝や打ち合わせに使えるようなプランになっています。

また旅館の場合は0泊2食付きで、昼食と夕食付でお部屋の中に貸し切り風呂があるというプランがあります。このようなプランを不倫カップルが活用しているケースが多くみられます。

そのようなシティーホテルや旅館の場合、もともと、警戒心が強い男女なので、別々に出入りをする事もあります。旅館やシティーホテルの入り口のみバラバラに入っている写真のみですと、やはり浮気の証拠としてはちょっと弱い事が多いのです。

けれども、弊社の場合は、ターゲットである男性や女性と一緒にエレベーターに乗って、どこの部屋を利用しているのか?という事も特定してしまいます。

そして、部屋に二人が出入りしているという不倫写真をとります。普通は、廊下にずっとただ立っていたら相当怪しいです。その為、そのような不倫写真は他の探偵事務所だと撮れないような証拠写真として、弁護士によく驚かれます。

浮気調査を頼む前にやるべき事

浮気調査を依頼する前に、下記の様なチェックをする事をおすすめします。

  1. どういう行動が浮気をしているとおもったのか?リストアップ

【旦那の浮気の例】

ノー残業DAYに先輩に誘われて飲みに行ったと言っていたけれども、帰ってきた時にお酒の匂いがしなかった。

  1. 浮気が思い過ごしじゃないか?という事を確認する作業

【旦那の浮気の例】

また翌週も、ノー残業DAYに先輩に誘われていったといっているが、お酒の匂いがしないで帰ってきた等

3.お財布の中のレシートや領収書をチェックする

【旦那の浮気の例】

ノー残業DAYに20時~22時までダイニングバーで食事している領収書があったけれども、帰宅したのは深夜1時を過ぎていた。

さらには、タクシーの領収書があって、その場所から自宅までの距離ではないりょうきんになっている。

4電話張やSNSで不倫相手を特定

【旦那の浮気の例】

怪しい行動をしているノー残業DAYに同じ店にいった写真をあげている女性などがいないか?という事をチェックしておく

相手の名前や住所までは、調べなくても大丈夫です。相手が同僚なのか?ホステスさんなのか?などのあたりがついているだけで充分調査がしやすくなります。

最終的にご依頼いただく際に、離婚を覚悟でがっつり慰謝料をとりたいのか?離婚はしないが、証拠を相手にみせて別れたいと考えているのか?など自分がどうしたいのか?というゴールをある程度考えておいていただけると、どのような不倫写真が必要なのか?ということも、事前に準備がしやすくなります。

有力な不倫写真を撮るためにはクライアント様のご協力が必須

なるべく金額を安く、そして弁護士もびっくりするような有力な不倫写真を撮るためには、クライアント様のご協力が必須になります。その理由は、夫や妻のスマホを操作してもらわなくては、次のデートの日程とデートの場所が確定させることができないからです。

こちらで、消されたメールやLINEのメッセージを復元させるやり方を教えますので、それを実際にクライアント様にやっていただかなくてはいけません。

寝ている間も、枕の下に携帯をいれているような警戒心の強い人のスマホを上手く奪って操作するのは、それなりの準備と覚悟が必要になります。

美味しいワインを一緒に飲んで、深い眠りに誘ったり、家族旅行にいっていつもと違った環境の中、気を緩ませて、スマホチェックをするクライアントさんもいるとのことです。

一度どんな連絡手段を使っているのか?という事が分かれば、あとは調査をする事が楽になります。

また、連休中は既婚男性も家族旅行などで、愛人の方に連絡ができないので、罪悪感があって、翌週の月曜日とか連休明けの金曜日にデートをする事が多いんです。そのようなデートの日がいつなのか?という事をみつけて頂くためには、クライアントさまのご協力が必要になります

今野裕幸

素材4

“関係修復請負人” 総合探偵社スプラッシュ 代表 ・SPLASH 探偵学校 校長 探偵の調査だけでなく、その調査結果をもって心理学を駆使して、クライアントの望む形にまで関係修復なども行う。テレビやラジオなどにも出演している。

 総合探偵社スプラッシュhttp://www.c-splash.com/ TEL:0120-62-6463 ブログhttp://profile.ameba.jp/uwaki-splash/

不倫で離婚を考える前に→http://keitai-pass.com/index3.html