不倫相手の彼が冷めた!?と不安になったらやるべき事

9月中に略奪愛を叶えたい人注目!!記事を読む前にご確認ください

[9月30日(日)まで】

初めての方は無料で略奪愛鑑定をうけられます

  • 彼の今の本音は?
  • あの人の家庭事情はどうなっているの?
  • あの人の妻は何を考えている?
  • 何をすれば略奪することができるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

略奪愛成功率93%を誇る

特別な鑑定で、あなた専用の略奪プランで最短で略奪愛を叶える方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください

※今月既に56名が略奪愛成就しています

※20歳以上限定

id-100209582

不倫相手の彼からの連絡が減って来たり、なんだか付き合う前よりも不倫相手の彼に飽きられたのではないか?と不安になっている人の為のテクニックです。昼も夜も永遠に愛される男心専門家として活躍中の愛花さんに一人の男性にずっと大切にされ続ける方法について教えて頂きました。

どのような行動をとれば、不倫相手の彼にまた愛されることができるのか?チェックしてみてください。

不倫相手の彼が冷めた?と不安になったらやるべき事 

【愛花さんのお話】

不倫相手の彼がこんな言い訳をしてきたらご用心

恐らく愛人の方に、飽きてきて、ちょっと距離を置きたいなと思っている男性というのは、会わないようにする為に、『仕事が忙しい』など仕事を言い訳にして会わないようにしようとする男性が多いと思います。

飽きられていると感じる時に女性がやるべきことは、まず『私はあなたの味方だよ』という事をアピールして、彼がやっている事に対して応援側にまわるという事がまた愛される秘訣になります。

不倫相手の彼の仕事の言い訳は全部嘘なのか?

仕事の言い訳が、全部嘘なのか?というと実際はそうでもありません。本当に仕事が忙しくなっている男性だっているので、そんな時に『仕事は嘘』というように疑ってしまうと失礼になってしまいます。

たとえ、飽きられているとしても、本当に仕事だったとしても、不倫相手の彼の事が味方でいつも応援しているよという、スタンスをとり続けるという事が、長く愛されるコツです。

男性というのは、一番に仕事を頑張るものなので、一番に頑張っている仕事を応援してあげるという事が、(俺の事を分かってくれているな)と思わせる事にもつながります。逆に、自分の事を分かってくれていると思わないと、心をひらかなくなってしまいます。

こんなLINEテクニックが不倫相手の彼に効く

どうやって効果的に自分が彼の事を応援しているのか?という事を伝えるかというと、LINEでメッセージを送る時に“忙しいと思うから返信はいらないよ。でも魂を飛ばして応援しているからね”なんてメッセージがあると、可愛いなと思われるメッセージになります。

“魂とばして”というのは、ちょっと厳しいな・・・というような女の子はスタンプ1個でもいいと思いますよ。すごくかわいいスタンプで、ファイト!と送るだけでもいいと思います。

その他は、“疲れているだろうから今度美味しいもの食べにいこうね”とか“疲れているだろうからマッサージするね”とかそのような一言が男性にとって心の支えになるという事があります。

不倫相手の彼に忙しいと言われている時に大事な事

不倫相手の彼に「仕事が忙しい」と言われているような状態の時は、メッセージの内容も大事ですが、それよりもメッセージを送る時間について、気をつかってあげる事が大事です。

お仕事でイライラしていて、せっぱつまっている時にスタンプがくるとうっとおしいと思われてしまうので、お昼休みの時間とか通勤時間とか不倫相手の彼がふと仕事からリラックスをしたタイミングにメッセージを送るという事が効果的です。

女性と男性の脳の違い

女性というは、仕事をしていても24時間彼の事が頭から離れないという人って多いので、不倫相手の彼にも自分が好きだったらそれが当然というように押し付けてしまう人がいるのですが、そこは、男性と女性は違うという事を知るべきだと思います。

男性にとって仕事が自分にとって一番の生きるメインの場所だと思っているという事をまずは理解をして気を配ってあげるという事が大事です。奥様にもメッセージがみつからないように、移動中に送るというような心配りをしてあげるという事が愛され続けるコツになります。

LINEに対する不倫相手の彼との考え方の違い

女性は連絡の頻度=愛情の量と考えてしまいがちですが、男性の場合はそうではありません。

最初はマメに連絡をする人もいるかもしれませんが、それは彼女と付き合うという目標があってのことで、実際は連絡=必要最低限の内容が確認されていればよいというような状態が、男性の心理になります。

男性が連絡ばかりをしていて仕事がおろそかになってしまってもいいのでしょうか?という事を考えてみてほしいです。

また自分を大切にできていてなくて、自分に価値がないように感じてしまう人ほど、不倫相手の彼にその心の穴を埋めてほしいと考えてしまうので、連絡がもっと欲しいと思うようになってしまいます。

不倫相手の彼が会いに来てくれているけれど、なんかそっけない

今までは、不倫相手の彼が会いに来てくれない時には、コンタクトがとれるのがLINEくらいしかないので、LINEでのコンタクトの取り方を教えましたが、不倫相手の彼が会いに来てくれているのにもかかわらず、なんかそっけないという事もあると思います。

不倫相手の彼が会いに来てくれているのに、そっけないというような場合は、愛人の方が不倫相手の彼に対して、感謝が足りなくなってしまっているという証拠だと思います。

愛人の方からの感謝が足りなくなってしまうと、不倫相手の彼はそっけなくなってしまいます。まず、会いに来ているという事だけで不倫男性は愛情を表現してくれているのです。けれども態度がそっけないというのであれば、何かが足りていないという証拠になります。

「お疲れ様」「疲れているのに会いに来てくれてありがとう」というような一言があるとないのでは、不倫相手の彼の態度が大きく変わります。不倫相手の彼がきているのに態度がそっけないときは、(わざわざ来てやっているのに)という気持ちがある事が多いのです。

仕事が忙しい中疲れているけれども癒しを求めていくのに癒しになっていないから不倫相手の彼がそっけなくなってしまいます。

不倫相手の彼が与えてくれている愛を受け取らずに『もっと愛して』と要求しているような状態になります。

そうなると、当然不倫相手の彼は疲れてしまって面倒くさいなと思うようになってしまうのです。

その結果『やだな』と考える隙を不倫相手の彼に与えてしまっていることになります。

不倫相手の彼は自分のモノではない

不倫相手の彼やパートナーとなると、自分の思い通りにならないとイライラしてしまうという事があると思います。その結果不倫相手の彼に対して感謝がなくなってしまうようになります。

例えば、お友達が自分の家に来てくれたら、「遠いところわざわざ来てくれてありがとう」と一言いいませんか?

不倫相手の彼には、この一言が言えなくなってしまっているような状態の時に、不倫相手の彼と会っても態度がそっけないというような事が起こってしまいます。

以上が愛花さんのお話でした。まずは彼がやってくれていることに対して感謝をするようにする事を抜けていないか?自分の態度を振り返ってみましょう。


愛花

14793845_359512981050102_1682591166_n

昼も夜も愛される女になる「男心の専門家」40歳でも、予約の取れない風俗嬢として活躍した、伝説のNo1元ソープ嬢。2万人の経験から、男性の、心も体も知りつくし「男心の専門家」となる。