不倫相手の彼が手放せない女になるルール

id-100365789

昼も夜も永遠に愛される男心専門家として活躍中の愛花さんに、不倫相手の彼が手放さない女になるルールについて教えて頂きました。

不倫相手の彼が手放せない女になるルール

愛花さんのお話

不倫相手がずっとセックスしたい女とは?

お互いのよいところをもっと言い合うという事が良いと思います。セックスは二人だけのもので、二人で作り上げるものなので、お互いのいいところを話し合ったり、言ったりして彼のツボをきわめて行くという事がおススメです。

それによって、お互いのいいところを知っているので、飽きるという事がなくなります。「こういうところが良かったから今度はこうしよう」とか相手に何かしてあげる時も、「こういうの気持ちいいの?」と探っていったりすると、二人で冒険をしているようで楽しくなることができます。

向こうが攻めて来た時に、思いっきり興奮するというものをどんどん見せていってそれを楽しむという事が大切です。そうしたら、二人だけのテクニックのツボが磨かれていくので、他の人とセックスしたいと思わなくなります。

テクニックにばかり、皆さん気持ちが行きやすいのですが、そのテクニックが必ず彼のツボにはまると思えないし、お互いが楽しいと感じなかったら、なんとなくで終わってしまって意味がないんです。

「どうするともっと気持ちよくなる?教えて?」という様に不倫相手の彼に確認をいれるという事がおススメです。男心を掴むためには、この「教えて」ってフレーズはどこでも効きますよね

男性は教えたがりな性格が基本です。セックスをしている最中に「教えて」と言えないという事は、日常でも言えていないという事です。

また男性は視覚の生き物なので、彼のモノを触る時というのは、キャットポーズでお尻をぐっとあげて腰を高くあげるとくびれができてお尻が見えるのでいいと思います。

部屋着も考えるという事をおススメします。既婚男性は、視覚の生き物なのに、ユニクロのジャージ上下を着ていたら可愛いと思えなくなります。部屋着も不倫相手の彼が可愛いと思うようなものを着た方がよいです。短パンで足を出すというのもおすすめです。

また毎回家でセックスがマンネリ化してきたなと思ったら、「ラブホ行きたい」といってみるというのもいいと思います。

ラブホ連れて行ってくれるのを待っているというのは、気の遠い話なので、自分からラブホに行きたいと言ってみるというようにしましょう。

不倫相手の彼が疲れている時に、ただ「ラブホ行こうよ」というと疲れているのに面倒くさいと思われると思うのですが、「疲れているみたいだからラブホ行こうよ。ジェットバスに入ったら疲れとれるよ」と相手の事を気遣っていうというのもいいと思います。

相手の事を気遣っていってあげるという事がポイントです。相手を思いやる立場がないと、やはり夜も愛されなくなってしまいます。

また「なんで○○してくれないの!」って怒っている時の顔ってかわいくなく怖いです。そんな顔をしている人に欲情してくださいというのも無理な話だと思います。

また男性は、キュンとする瞬間がたまっていってムラムラになります。普段からキュンとさせておくという事は大事です。

子供っぽさやぶりっ子はやはり何も考えていないような無邪気さの印象を既婚男性に与えます。

その上でギャップで瞬きをゆっくりするというだけでも色っぽいなと感じる事ができるようになります。

飽きられない女になる為には、いろんなギャップを持っているという事がいいと思います。

既婚男性がキスしたい唇つくり

女性は柔らかさを意識するといいと思います。キスする時に唇を尖らせますよね?その時に、ちょっと力を抜いて柔らかさを出すという事がおススメです。

その他、馬油を塗ってお手入れをすると、本当に浸透してプルプルになります。普段のお手入れから大事だと思います。

既婚男性に長く愛される為の秘訣とは?

コミュニケーション不足で上手くいかないというケースはとても多いと思います。「いわないでもわかって当然」と思ってしまっている女性は多いと思います。

エスパーじゃないですし、ましてや、男性と女性は違う生き物なので、きちんと言葉にして伝えないと、伝わりません。

女性は空気を読む力が強いので男性の事を分かったような気になってしまいますが、男性には仕事での空気を読むという力はあったとしても、人間関係において、空気を読む力というものはないので分からないです。

女性は、自分と重ねて考えているので、このような事が原因のすれ違いがよくおきます。女性というのは赤ちゃんを産む生き物なので、赤ちゃんがどういう状況なのか?という事を察するという事が大事になります。けれども男性にはその能力は、ないので、言わないと分からないものになります。 

言わなくても既婚者の彼が察してくれないからといって必ずしも愛されているというわけではないのです。

もともと持っていない能力を無理に引き出しても、ないものはないですのでただの苦痛になってしまいます。

 

既婚男性に愛されない女の特徴

愛されない女性の特徴として、自分とは違うんだという事を理解していなくて、「なんで言わなくても理解してくれないの」というようにエスパーになる事を求めてしまっています。

好きだったら、言わなくても察してもらえるというような状態です。エスパーを求めているようでは愛されません。

既婚男性に愛されない女性というのは、『私はこんなに彼の為に○○をしているのに』というように見返りを求めた愛が多いと思います。

けれども、既婚男性だって、彼なりに一生懸命やってくれているのですが、その彼なりに一生懸命にやっていることを受け止めないで、もっとちょうだいという状態になってしまっていると、上手くいかないと思います。

というのが愛花さんのお話でした。自分と同じように考えてしまうというところは一番気を付けたいところですね。


愛花

14793845_359512981050102_1682591166_n

昼も夜も愛される女になる「男心の専門家」40歳でも、予約の取れない風俗嬢として活躍した、伝説のNo1元ソープ嬢。2万人の経験から、男性の、心も体も知りつくし「男心の専門家」となる。