家庭内別居状態でもなんで男性は離婚しないの?

id-10098453

結婚している妻とは家庭内別居状態で、会話もあまりなければ、当然セックスもないというような状態で、愛人が別のところにいても離婚はしない。実際にそのような状態の男性数名に取材を行い、離婚をしない本音について聞いてきました。

家庭内別居状態でも離婚しない男性の本音

家庭内別居状態でも離婚しない男性の大事なもの

実際に、愛人もいて妻とは家庭内別居状態でも離婚をしない理由の中で、『面倒くさいから』という意見が多かったです。

仕事で毎日大変で疲れているから、それ以上にエネルギーが必要とすることはできるだけしたくないと思っているのが男性の本音のようです。

 基本的に、独身女性と不倫をする男性というのは、一番大事なのは『自分』というタイプの男性が多く、その為、離婚を自分から言い出して、あっちこっちを説得するという面倒な作業をするのも嫌だし、ましてや周囲に責められて自分が悪者になるというのも嫌なんだと言っている男性がほとんどでした。

 では、愛人が他の男性と結婚できるように解放してあげるか?というとそこはいちばん大事なのは『自分』という男性にとって、家庭内別居状態で、寂しいというのと誰かやさしくしてくれる女性が近くにいてほしいので不倫をしている愛人も自分からは、手放せないけれども、相手の女性が徹底的に自分の事を捨てて他の人と結婚するというのであれば、さすがにそれはしょうがないと考えていました。

 仕事と冷めきった家庭だけではつまらない。

これが、家庭内別居状態で、愛人がいても離婚をしない男性の本音になります。結局一番大事なのは彼女でも、妻でも家庭でもなく、「自分」だというのが彼らの本音です。

家庭内別居状態でも離婚しないのは鎹があるから

妻とは家庭内別居状態だったとしても、子供はやはり目の中にいれても痛くないというくらい可愛いと思っている男性は、離婚すると子供が多くの場合母親の方についていってしまうので、子供と会えなくなるから離婚をしないといっています。

また、同じ理由で男性側の親も、親権はほとんどの場合、母親にいくことが多く、離婚をしてしまうと男性側の親はなかなか孫に会えなくなってしまうので、男性が離婚を親に相談したとしても、離婚をとにかくおもいとどまるようにとめるという事が多いのです。

また男性は、なんだかんだいっても母親が孫と会えなくなるから悲しいというと、それを振り切っても離婚しようという勢いをかけるためにはよっぽどの何かがないと踏ん切りがつきません。

このように、離婚をしようとしたときに、家庭内別居状態だったとしても、妻は専業主婦だった場合は、いくら慰謝料をもらっても、今までのように家にいて働きに出なくて子供とずっと一緒にいるという生活できなくなるので、妻が離婚に反対をし、さらには妻側の親と夫側の親と双方及び周辺の親戚が離婚を反対し、友達までも離婚しようとすると基本的には反対しようとします。

夫婦のみで子供がいない場合なら妻と夫が冷めきっていれば離婚がスムーズにいくこともあるが、子供がいるとなるとそう簡単に離婚をすすめることはできなくなってしまいます。。

 逆に女性側の方は、離婚して実家に戻ってくるなんてこともあるので、両親も『そんなにつらいなら・・・』と離婚を許してくれることもあるのですが、男性側の両親が他に孫もいないような場合は、そう簡単に離婚を許さないというのが現実です。

家庭内別居だからこそ離婚しない

「家庭内別居状態で、妻とは会話がない・・・」そんな風に言う男性ほど離婚する必要がありまえん。なぜなら会話がないということは、喧嘩することもないので、“嫌だな”と思う事がなくあまり困らないということが理由なのです。

つまり、寂しいと思うことはあっても、不倫をしていて他の女性に寂しさを癒やしてもらっていますので、家に帰って妻と言い争ったり、妻に文句を言われるというようなこともありませんし、家庭内別居で会話がないからこそ、実は快適なのです。

これは女性と男性の感覚で大きく違うと思います。女性の場合は家庭内別居となると、『何のために結婚しているんだろう、寂しい、でも子供と生活の為に我慢しなくてはならない』というように、“寂しい”という感情があることが多く、たとえ不倫をしていたとしてもこんな寂しい生活になんの意味があるのか?という家庭別居に対する虚無感を持っていることは多いのです。

これは、女性は家庭内別居だったとしても、関係なく子供と自分の為に自宅でご飯を作っていることが多く、外にでて友達と自由に遊んだり自分の趣味を楽しむという事をできる人が少ない事が理由の一つでもあります。

その為、家庭内別居となると寂しいと感じる人が多いのだが(ダブル不倫など自分も不倫をしている人は除く)男性は、仕事もあり友達と夜飲むことも自由なので、ましてや愛人もいる人は、恋人も外にいるので、むしろ家で妻に口うるさくあれこれ言われない状況というのは快適に過ごせてしまいます。家庭内別居が、うるさい事は言われず、掃除と洗濯物はちゃんとやってもらえて一番居心地がよいのです。

そうなると、当然わざわざ離婚なんてしません。

このように男性にとって、愛人の事をどんなに女として愛していたとしても、仕事もしながらさらに離婚をしようとなると大きな労力が必要になり、それに対して、離婚もせずに愛人も側にいてくれる状況が彼にとっては一番良い状態なのです。

この状態から、愛人の人が離婚まで持ってこようと思ったら、一人で静かに過ごせて休日は子供と楽しめる今の環境よりももっと大きなメリットを男性に与えないと離婚までいかないと思ったほうが良いでしょう。