【不倫】既婚者の彼を離婚まで踏み切らせる愛人テクニック

id-10085981

独身女性と既婚男性の不倫関係で一番多いパターンは、既婚男性に離婚してもらって結婚したいと考えている独身女性と離婚をする気はないけれども恋愛は楽しみたいというすれ違いで女性の方がだんだん耐えられなくなって破局してしまうというパターン。

けれども、最初は恋愛を楽しみたいと軽い気持ちで不倫を始めた男性が結果的に本気になって離婚をするという事も実はよくあります。

またどんなに、真面目な男性で本気で不倫の恋にハマってしまったときでも最初から妻と離婚をしようとは思っていません。

真面目な既婚男性が不倫をした場合は、罪悪感で苦しみながら悩むという形ですし、軽い気持ちで不倫をしている既婚男性は、その場その場でやり過ごしながらとにかく恋愛を楽しみたいぐらいにしか考えていないという差があります。

しかし、どちらのパターンにしても不倫相手の彼を離婚まで踏み切らせるという事は、よっぽど妻よりも愛人といた方が人生が上向きになると思わせるような行動をとり続けて既婚者の彼を本気にさせるしかありません。

今回は実際に略奪婚をしてきた女性たちの行動をもとにどのような行動をとると既婚男性が本気になって離婚をするのか?という事をご紹介します。

既婚者の彼に離婚を踏み切らせる愛人の行動について

既婚者の彼の妻に対する不満を把握する

既婚者の彼の妻の話なんて不倫相手の愛人の方からしたら聞きたくない話ですよね。けれども、この既婚者の彼が話す妻の話には、離婚を踏み切らせるために何をポイントにすればいいのか?という既婚者の彼の不満に思っているところがたくさん詰まっています。

 妻に対する不満を自分だったらそんな風にはしないし、現在の妻がやっていることもできるという事をアピールできれば、自然と妻といるよりも上の生活が愛人といた方が歩めるのかな?と既婚者の彼に思わせることができます。

妻に対して不満に思っているポイント例

  • 料理などの家事を全くしない
  • 夫に対して感謝がない
  • 子供のことばかりに夢中

 上記の事を不満に思っていることが多いので、よく既婚者の彼の会話を聞いて、そのような愚痴や不満が出てきた時はすかさずアピール&フォローをしましょう。

この時に、妻の悪口を一緒になっていってしまうというのはいけません。あくまで「私だったら、あなたと暮らせるならそんなこと絶対しない。でも奥さんも疲れているのかもよ」というように、

私は絶対しない+奥さんへの気遣い

この二つをセットでアピールするというところがポイントになります。

ただ、気を付けなくてはいけない点は、あまりにも本来の自分ができないような事をできると言いすぎて、既婚者の彼と同棲まではこぎつけたけれども、一緒に住んでみた結果やはり妻と一緒もしくは、妻の方がよかったと思われて既婚者の彼が家庭に帰ってしまうという事もよくあるのです。

妻の愚痴がなくても離婚を決意させる

妻の愚痴が全くない場合はどうすればいいのか?というと、妻の愚痴がなくてもなにかしらの不満や満たされないものが家庭にあるからこそ、既婚者は不倫をしています。そのみたされないものを愛人が満たし続けるという事がテクニックになります・

 一般的に既婚者が不倫に走る妻の特徴

  • 夫を馬鹿にしていたり、見下している
  • 夫に対して感謝がない
  • 子供にばかり夢中で夫をみていない
  • 家事をきちんとしていない
  • 家の中が散らかっていて汚い
  • 夫に対してダメ出しが多い
  • 夫に対して笑顔が少ない
  • 夫の話をきかない

不倫をしている男性の家庭の80%以上は上記の中のどれかしら傾向をもっているので、上記のポイントを気を付けて行動をし続けるという事が大事。

けれども、このやり続けるという事がとっても難しくて不倫は破局をしてしまう事が多いのだ。

愛人の方も、“連絡が少ない”“もっと会いに来てほしい”“離婚に向けて全く行動をしていない”など、既婚者の彼に対して不満がつのってきてしまいます。

その不満がたまって、感情的になって既婚者の彼に自分の感情をぶちまけたりという事をしてしまって結果的にそれが既婚者の彼に重荷になって破局とか、破局までいかないにしいかないにしても、既婚者の彼が離婚をするほど本気にはならないのです。責められているなら家庭と一緒なので、離婚という多大な労力をつかって妻と別れてまで愛人と一緒になる事にメリットを感じないからです。

自分の寂しさや孤独を自分で埋めるという事ができないと、自分の感情をコントロールして、既婚者の彼を離婚まで誘導するという事ができなくなってしまいます。

その為にも、既婚者の彼が離婚をする事で自分に価値を感じられたり、自分が愛されていると思うようになるのではなく、自分一人でも幸せを感じられるという状態をまず作るという事が大事とよく言われています。

けれども、実際一人でつらい思いをしているという人は、どうやったら一人で幸せを感じられるようになるのだろうか?と一人で幸せを感じられると簡単によく書いてあるかと思うと思いますが、一人の状態でつらいという状態から、一人でも幸せでいられるというところまでたどり着くのは実はとっても大変な事です。

けれどもそれができるようになれさえすれば、今まで辛かった恋愛が嘘のように楽になりますし、無理をしなくて自然と一人で幸せという状態になれるようになります。

 

離婚に向かわせるために自分の感情をコントロールする方法

離婚に向かわせるために自分の感情をコントロールする方法は、毎日自分を褒めてあげるという事です。

お風呂に入った、顔をあらった、遅刻せずに会社にいったそんなことでよいので毎日欠かさずに、スマホの日記アプリに自分を5個ほめるという事を書くと1ヶ月もすると感情をコントロールできるようになりますし、自然と一人でいても寂しいと感じなくなりますし、スマホを握りしてめて彼からの連絡を待たなくてはいけないという事もなくなります。

日記アプリはなんでもよいのですが、一番おすすめなのは、瞬間日記(http://www.utagoe.com/jp/)というアプリです。立ち上げたらすぐその瞬間書き込みができるので、自分を毎日5個ほめたことをスマホに書くという作業にとても向いていますし、無料で使う事ができます。

このように自分を褒めて、自分でまずは自分の心の穴を埋めると、既婚者の彼に自分の心の穴を埋めてもらわなくてもよいので、余裕ができます。

そうすると、既婚者の彼の事に自分が依存をするのではなく、与えるという事ができるようになってくるのです。そこが離婚へ向かわせるためにやることの最初の一歩になります。