浮気する既婚男性の心理と本気化して離婚する時とは!?

id-100115462

離婚するつもりはないけれども、浮気をする既婚男性は浮気相手の女性も幸せではないですし、当然浮気をされた妻だって幸せじゃないです。
それにもかかわらず、なぜ浮気をするのでしょうか?浮気する既婚男性の心理と本気度見分け方から、また本気なって離婚をする時の兆候についてご紹介をします。

浮気する既婚男性の心理と離婚する時とは?

浮気する既婚男性の心理

浮気をする既婚男性はなぜ浮気をするのでしょうか?いくつか浮気をする既婚男性の深層心理があります。
不足原則の心理で浮気をする既婚男性
これは、よく言われることなのですが、妻に足りないものがあるので、他の女性からそれをもらおうとするというものです。

既婚男性特有の大きな浮気をする心理として、結婚して一緒に住み妻が家事をやると、料理、掃除、洗濯など過去、自分のお母さんがやってくれた事と同じことを今度は妻がやってくれるようになります。
そうなってくると妻なのですが、感覚が母親になってしまうという事があり、その結果他に恋人が欲しくなってしまうのです。
そこまでいかない人でも、やはり何年も一緒に過ごしていると妻との距離感が近くなりすぎてしまって兄弟のような近親相姦をするような感覚になりセックスレスが続いてしまって他の人にセックスを求めるという事がある。

略奪結婚したいと思っている愛人の方にとってはちょっと酷な話かもしれないが、結婚して一緒に住みだしてしまうと、男性にとって女性とみられなくなってしまう可能性が大きいのだ。

これは家事の問題だけでなく一緒に暮らしてしまうと、毎日の食事のことやゴミのことやお金の事というような生活にかかわる現実がたくさん待っている。
結婚というのは、生活を共にする以上どうしてもそのような事を二人でいっしょにやっていかなくてはいけない。
けれども男性というのは、恋愛やセックスを日常の中で求めるのではなく非日常の中に求めるという傾向があるので、略奪婚をして愛人が非日常の存在からまた日常の存在である妻になった途端に、他の人にまた恋人を求めるという事を繰り返してしまう事がある。

お母さんが厳しすぎた既婚男性の浮気の心理

親から離れて暮らして何年もたつのに、親の影響なんて・・・と思う人も多いのだが恋愛に関する人間関係というのは一番初めに接する人間とのコミュニケーションの中で構築されるのだ。
つまり、何も気づかずに生活している場合は、恋愛が上手くいかない人のほとんどは親子関係に原因がある事が多い。

浮気をしてしまう既婚男性の心理とひとつとして、母親が父親不在の為自分にべったり依存をしてきたとか、厳しくて、怒られてばかりで自分はいい子でいないと愛されないんだと思わされてしまったパターン。結果的に無意識にお母さんとの関係が苦しいと感じてしまいます。

その結果、今度は結婚して家族となり妻となった瞬間にまた苦しいと感じてしまうんです。これもお母さんとの関係を投影しているような状態なのですが、結果的に一緒に暮らしている妻といると息がつまると思ってしまって浮気に走ってしまうという事があります。

また、最初は可愛いなとおもっていた妻も結婚をして自分の夫となると、“自分の夫”とか“自分の子供の父親”というように夫の事を自分の所有物とか、自分の子供のように感じてしまって、駄目出しばかりをしてしまうようになる。

駄目出しはセックスレスをうみその結果浮気に走るようになる。

その結果夫婦の関係が、男と女ではなくやはり親と子のような関係になってしまって、セックスレスに発展し、他に恋人を求めだしてしまう。

独身男性とも共通の浮気の心理

独身男性とも共通の浮気の心理としては、やはり新鮮味を求めて浮気をする。ずっと一緒にいて何回もセックスをしていると、セックスもパターン化してしまい他の女の子とセックスをしたらどうなるのかな?もっと気持ちよいかもしれないなどと考えて浮気をしてしまう。
その他、妻に足りないところがなにかあるからそれを持っている人と浮気するという心理が基本的なもの。

浮気から離婚を決意する男の態度

初めから奥さんと離婚をしようとおもって浮気をする既婚者はいないのです。かわいいなと思っていた女の子に対してアピールをしたら上手く付き合えるようになったけれども離婚までは考えていないというような気持ちで付き合いはじめます。

けれども、妻といるよりも自分の人生にとってメリットがあるとか彼女の事が本気になってくると、だんだんと家族との時間をとらなくなってきます。
妻だけでなく、子供と一緒に遊びに行くという事もしなくなってきた時というのは、既婚男性が離婚を考え出した証拠でもあります。

また、何日も帰らないとか、家族が寝たあとにそっと帰って来るとかひたすら家族との接触時間が減ってきます。
逆に言えば、家族との接触時間を減らすように持っていくという事が一番離婚しやすくなるといえるでしょう。

人間は接触頻度が高い方が好感度があがりますし、家族との接触する時間が少なくなれば、家族と別れてもいいかなと思えるようになります。
また、愛人の人に対しても慰謝料のことなど具体的なスケジュールや内容を話しだしたときというのは、既婚男性が浮気から離婚を決意した瞬間ともいえます。

以上が既婚男性が浮気をする心理と離婚へ向かっていくときの態度になります。