最初はこんなに好きになると思っていなかったのに不倫にはまる理由

id-100132808

自分が独身女性で、既婚男性と恋愛をしている場合、独身女性は仕事もしていて趣味も充実していて、一回既婚者とセックスしたからって何かが始まるなんて思っていなかったという人が多いのです。

 

このタイプの独身女性で不倫にはまる人というのは、普段から人に甘えることが苦手で、人に頼られることの方が多いという人に多いのが、最初はこんなに好きになると思っていなかったのに、気づいたら不倫にどっぷりはまってしまっていたというタイプの女性になります。

最初はこんなに好きになると思っていなかったのに不倫にはまる理由

自分の感情に気づきにくいタイプ

最初はこんなに好きになると思っていなかったのに、気づいたら不倫にはまってしまったという女性は、普段から自分は我慢をしなくてはいけないという環境に置かれてきた人が多いのです。

例えば長子で下に弟や妹がいるような場合、「お姉ちゃんだから我慢しなさい」と親にずっと言われて育ってくることが多いと思います。そうやって自分は我慢をして妹や弟を優先してあげるという事が当たり前になってくると、それが子供の頃、親にとってはいい子だったとしても、大人になると自分が何がしたいのか?何を求めているのか?という事がわからなくなってしまって、本当は甘えたい自分、誰かによっかかりたい自分に自分で気づけない状態になってしまいます。

 もしくは、甘えたくても、誰かにお願いをしたり、助けてもらったりという事が苦手で、普段から自分で抱え込みすぎてしまっていることが多いのですが、既婚男性で特に社内不倫や取引先など、身近なところで不倫をする男性は、甘え下手な女性を見抜く能力がものすごく高いんです。

そして、甘え下手な女性が自分にだけ依存をするような言葉のかけかたや行動を熟知しています。

その結果、ずっと我慢をし続けていた自分の感情のフタがあいて不倫相手の彼に対してどんどん依存をしてしまって彼の事がとっても好きで離れられないという状態になります。彼の事が好きすぎて苦しいというのは、今までずっと甘えることを我慢していた反動の一種でもあるんです。

ダイエットのリバウンドに似ているのですが、ダイエットでずっとお菓子を食べることを我慢していると、ダイエットをやめた瞬間にどか食いをしてしまうという感じなんです。

毎日苦しいから抜けるには?

このタイプの女性は、本当に毎日何をしていても彼の事を考えてしまうというくらいつらい毎日を送ってしまっている人も多いと思います。そこしか甘えるところがないのに、その甘えられる場所が自分だけのものにならなくて、将来どうなるか?わからないとなれば、当然不安になります。

 そんな毎日苦しいという状態から抜ける為には、少しずつ自分にほかでも甘えることを許してあげてください。

彼の前でだけ甘えるという状態が余計に苦しくさせてしまっているのです。会社でも仕事を一人で抱え込むのではなく、誰かに上手く頼るようにするとか、甘えられる男友達をつくるというのもおススメです。

甘えられる場所を少しずつ増やしていくというのは、自分を楽させていく方法でもあります。