不倫相手の彼が家族と捨てて一緒にいたいと思う女の子

id-100295603

結婚をした不倫相手の彼が今の家族を捨てて一緒にいたいと思うような女の子というのは、どのような女の子でしょうか?

不倫というのは、“女”として、奥さんよりも選ばれる女性になるというのは、簡単なことです。勝手に男性側からアプローチをしてくることが多く、夫婦がセックスレスだったとしても、愛人は毎回“女”として、不倫相手の男性から求められ続けます。

一番難しいのは、愛人の人が自分が感情的になって不倫相手の男性たいして文句を言ってしまったり、なじってしまったりという爆発をせずに、自分の感情を抑えて、不倫相手の彼が一緒にいたいと思うような女の子でい続けるという事です。それができずに、不倫カップルというのはお別れしやすいという事が特徴です。

不倫相手の彼が家族と捨てて一緒にいたいと思う女とは!?

不倫だからと卑屈にならない

これも、簡単そうで、続ける事がなかなか難しいことになるのですが、多くの愛人の人は、不倫だからどうせ無理って心の中で思ってしまっていたり、どうせ奥さんと旅行いくから私は用なしでしょ。というように、どうせ一番大事なのは奥さんなんでしょと卑屈になってしまっている人が多いんです。

 不思議な事に、そうやって卑屈になってしまっていると、どんどん自分が思い込んでいる状態の方へ引っ張られてしまい、本当に奥さんが一番大事で都合のよい女というような扱いを不倫相手の彼にされてしまうようになります。また不倫相手の彼も、卑屈になってしまっている女性と一緒にいても癒されなかったり疲れてしまうので、あまり愛人の人に愛されなくなってしまいます。

 これでは、当然家族とお別れして、この人と一緒になりたいと思うようにはなりません。卑屈にならずに心の奥底から自分は大事にされるべき人間だと思うためには、自分で自分を一番に大事にしてあげるという事が大事なんです。自分で自分を大事にしていないと、このように卑屈になりやすくなるので、1日1個自分を大事にする習慣をつくって毎日を過ごしてみましょう。

見返りを求めた行動をとらない

これも愛人の人に多いのですが、こうやったら愛されるだろうと思って、常に見返りを求めてでしか、不倫相手の彼に対してやさしくすることができないというような状態です。

 こうやって、愛されることを期待しながら他人にやさしくするという事が実はやさしくされた方が口に出されなくてもその事を心を感じてしまっていて、とても居心地が悪いと感じてしまいます。一緒にいても楽しくないし、愛されるという見返りを求められているので気が重いんです。人の気持ちというのは、言葉にするよりも思っている事の方が1000倍強く伝わってしまうものなのです。

愛されるからやさしくするのではなく、自分がやりたいことだけやっている女性の方が男性は一緒にいて居心地が良いと感じることができるのです。愛されるために、不倫相手彼に対してやさしくしていると、実際に自分が望んでいるような行動が返ってこない時にイライラしてしまったり、彼にあたってしまったり、我慢してやさしくしてきた分、爆発してしまったりしやすくなります。

こうやって不倫相手の彼がどんどん遠ざかってしまいやすくなるのです。こういう時は、まず自分が本当にやりたいことすらわからなくなってしまっているので、自分がやっていて楽しいこと、やりたいことを毎日自分で感じながら過ごすという事が大事なんです。

不倫相手の彼からの連絡をひたすら待つだけの日々ではなく、自分の心の声に耳を傾ける時間を作ってあげてみて下さい。

心の底から笑顔でいるようにする

不自然に無理した笑顔ではなく、一緒にいるときにいつも心の底から自然な笑顔でいるという事が、一番不倫相手の彼にとって一緒にいたいと思わせる効果があったり、癒されると感じることになります。いつも不倫相手の彼と一緒にいるときに自然な笑顔でいるという事ってどうせいつか終わるとか、連絡くれなかったとか、不倫相手の彼に対して不満ばかりを抱えているような状態では実はむずかしいです。

不倫相手の彼が会いに来てくれること=自分の事を愛している事なんだ、自分の為に時間をさいてくれているんだというように、まずは不倫相手の彼が自分に対してやってくれることに対して感謝するという事がいつも笑顔でいる秘訣になります。

以上のような3点の事は1年だったらできるかもしれません。けれども1年で必ず不倫相手の彼が離婚をするというようなことはありません。つまり不倫相手の彼と一緒にいる年月が何年たっても変わらずにやり続けるという事が一番難しいのです。

それも、離婚するならばやさしくできるけれども、離婚しないならそこまではできないと考えてしまう見返りを結局は求めてしまうからなんです。

たとえ彼が離婚しなくたって、一緒にいる時間が本当に幸せと思えるようになる人が実は不倫を貫ける体質なのかもしれません。