不倫に時効は存在しているのか?慰謝料請求はいつまで起こる可能性があるのか?

id-100169399

過去不倫をしたことがある人というのは、その後不倫相手の彼と別れて別の人と結婚が決まった時に、結婚した後で、過去の不倫相手である奥さんから慰謝料を請求されるのではないか?と不安になる人もいると思います。

 そこで今回は、不倫をしていて慰謝料請求が有効になるのはいつまでか?という事についてご紹介をしたいと思います。

不倫の時効に関して

不倫の慰謝料請求に時効は存在しているのか?

不倫の慰謝料請求に関する時効に関しては、民法724条にて、『不法行為による損害賠償請求権』という形でまとめて規定がされている。

民法 724条

不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

つまり、愛人が誰か分かった時から3年以内に慰謝料を請求しないのであれば、こちらは時効となります。もしくは、愛人が誰か分からなくて探していたとしてもその間に20年たつと、慰謝料請求権はなくなりますという意味になります。

だいたい旦那の不倫で、探偵を付けて証拠をとろうとする人というのは、写真や音声の証拠を持っているので、その時点で不倫の相手が誰か?という事も分かると思います。

三年以上前の証拠をもとに慰謝料請求をされた場合というのは、逆に三年以上たっているということをきちんと相手に伝えた方がよいでしょう。

この場合、自分で解決をしようとすると精神的負担も大きいですし、相手から言いくるめられたり、不倫を新しい恋人や婚約者にバラすと脅されてしまう事もあります。このような相手の態度にきっぱりと対応する為にも、すみやかに弁護士を雇い、過去の不倫に関して、慰謝料請求をされている事などを伝えて窓口に立ってもらう方が、結果的に自分にプラスになります。

もう時効?過去の不倫をバラすと脅された場合

過去の不倫を現在の恋人にバラすなどと言われたり、実際過去の不倫をばらされてしまった場合は、時効に関係なくすぐに、名誉棄損として逆に告訴ができる事が多いのです。

基本的に不倫など、第三者にばらされたくない事やバラされることによって不利益を被る可能性が高い事を周囲にばらされたというのは、名誉棄損に該当する事が多いのです。

けれども、不倫をしていたと自分で罪悪感を抱えているような人は、自分は悪い事をしてしまったのだから仕方がないと泣き寝入りしてしまう人が多いのです。

そうならない為にも、過去に不倫をしていた、不倫相手の奥さんから連絡がきた時は、速やかに弁護士に相談するようにしましょう。