不倫相手の彼が家に会いに来るテクニック

id-10044246

不倫相手の彼にもっと今よりも家に会いに来てほしいと思った時にはどうすればいいのか?今よりも不倫相手の彼がもっと家にくるテクニックについてご紹介 

不倫相手の彼が家に会いに来るテクニック

常習性をうえつける

不倫相手の彼の好きなお酒やおつまみなど、不倫相手の彼が来た時に口にするもので常習性をつけるというテクニックがあります。

一番よいのは、手作りのおつまみなど、不倫相手の彼がそれをまた口にしたいと思うような完全な彼好みの味のおつまみや料理などが作れると、あなたの家でしか、それは食べれないものなので、それを食べたいというサブ的な欲求として、不倫相手の彼にあなたの家に来たいと思わせることができる。

基本的には、味覚や触覚など体の感覚に訴えるもので常習性を作るのが、よいのだが、一つはセックスが不倫相手の彼に会いたいと思わせる最高のエッセンスになる。

セックスもほかの人とは味わえないような不倫相手の彼が喜ぶセックスを提供できるようになると、男性というのは、定期的に出さないといけないので、そのたびに最高のセックスを思い出し、会いたいと思わせることができる。

そのサブ的要素として、今度有効なのは味覚なのだ。お酒に関してもできれば自分も飲めて不倫相手の彼が一番好きなお酒でちょっと良いブランドのものや、普段彼が飲んでいるものよりもワンランク上のものが、常に家にあるというような感じが喜ばれやすい。

手料理が一番良いのだが、手料理がハードルが高いという人は、美味しいおつまみをお取り寄せして、いつでも食べれるようにしておくという手もある。

外食よりは、お取り寄せの方が安い事が多いのだがそれでもごく普通のサラリーマンの家庭では、お取り寄せはちょっとぜいたく品になり、わざわざ旦那の好物をお取り寄せで準備しているような家庭の場合というのは、不倫男性の家庭では少ない。

それをあえて愛人がやるという事が、不倫男性が家に来たいなと思わせるテクでもある。缶詰でも調べれば、美味しい缶詰があったり、がっつりとご飯を揃えなくても、ちょっと小腹が減った時につまめるように、クロワッサンが好きな彼の為に極上の冷凍クロワッサンをお取り寄せしておいて、不倫相手の彼が来た時に焼いてあげて、とっても喜ばれたというようなケースもある。

不倫男性にとって、家庭にはないものを愛人に求めているので、家庭ではちょっと手がだしにくいものを用意しておいてあげるというのがポイントだ。

けれども、自分の中でも無理をしすぎないで、「わざわざ用意したのに彼が来ない」とイライラしなくて済む範囲のモノがよい。

なかには、極上のレトルトカレーをお取り寄せしておいて、残業の不倫相手の彼が家にきたらすぐに出せるようにしておいたという人もいる。特に男性は、お腹が空いた時にすぐに食べたいという人が多く、カップラーメンでもいいから、お腹が空いたときにすぐに出てくるという事が喜ばれる。

その点極上のレトルトカレーというのは、ニーズにマッチしている。その他、マッサージをわざわざ習いに行って、不倫相手の彼にしてあげられるようにしたという人も、やはり疲れた時には愛人に会いたいと不倫相手の彼が思うようになって、前よりも家にきてくれるようになったという。

このように、自分に会いたい以外の部分でも不倫相手の彼がまた体験したいと思うような常習性をつけると、不倫相手の彼がもっと家に来るようになる。